より良い医療サービス提供を目指す「チーム医療」とは?

従来、主治医ひとりが医療内容を決定し指示を出す治療が行われてきました。近年、その医療体制が変わりつつあります。「チーム医療」と呼ばれ、専門の医療関係者が病状や状況に合わせチームを組み、患者さんの治療やケアをおこなう体制をとるところが増えています。

この「チーム医療」ができた背景には、医療の高度化、治療の多様化や複雑化により、主治医ひとりでは様々な情報を把握して治療をおこなうことが困難になっていることが理由にあげられます。そこで、質の高い、患者さんのニーズに応える医療サービスを提供するための「チーム医療」が登場しました。

ここでは、がん患者さんに関する「チーム医療」を紹介していきましょう。

どんな医療関係者が「チーム医療」のメンバーになるのか?

具体的なチーム構成は、病院、患者さんの病状や治療法により異なります。
まず医師は、最初の診断をした医師ばかりでなく、手術をする場合は外科医と麻酔科医、治療法により、放射線診断医や放射線治療医、抗がん剤治療の専門に腫瘍内科医、細胞や組織などの検査・診断を行う病理医、がんの痛みや心痛を減らす緩和ケア医や精神腫瘍医などが加わります。
さらに、薬の飲み方や副作用などの疑問に答えてくれる薬剤師が病室を訪問する場合もあります。
がん治療後の後遺症にはリハビリの専門職である理学療法士・作業療法・言語聴覚士、抗癌剤治療で食欲不振になったり、退院後の食生活の細かなアドバイスに関しては管理栄養士、在宅して治療を続けて行く場合は、在宅医、在宅訪問看護師、相談員などから情報を得ることができます。その他、精神面のサポートに心理カウンセラー、経済面での医療ソーシャルワーカーなどもチームに加わります。
患者さんひとりひとりにチームが構成され、チームとなった各分野の専門家は、定期的な打ち合わせを持ち、今後の治療についての情報を交換していきます。

「チーム医療」の主役はあくまでも患者さん

このように多くの優秀な医療関係者がチームを組んでも、患者さんが医師に遠慮をして、心配ごとや疑問を話せなければ意味がありません。いつでも、患者さんが感じていることを伝えられる環境を整えていくことが、「チーム医療」を上手く進める鍵になっています。

そのためには、患者さん自身が、自分が主役であることを念頭に、どのようなサポートを受けたいのかなどを明確にしていくことが大切です。

最後に

もうひとつ、「チーム医療」に欠かせない、忘れてはならないメンバーが、患者さんの家族です。複雑な治療内容を理解し、飲んでいる薬について把握するなど、患者さんひとりでは限界があることがあります。そういった際に、家族のサポートは大きな役割をもってきます。患者さんが治療に前向きに取り組んで行くためにも、患者さんの家族はこの「チーム医療」に欠かせない大切なメンバーなのです。

より理想的な医療の実現のために、医療関係者、患者さん、家族が一丸となって治療に取り組む「チーム医療」の形は、がんの治療に対して、今後ますます普及していくことでしょう。