人生最後の医療―「終末期医療」を考える

人は誰しもいつか死を迎えます。いざ、自分が余命を宣告されたら、どんな風に生きるべきなのか、末期がんなどで、死を目前とした家族をどのように介護するのか、など「病気と死」の関わりについてどのようにお考えになりますか?

「終末期医療」とはどのようなものなのか、少しでも知識があれば、いざというとき冷静に対処できるのではと思います。

終末期医療とは

終末期医療は「ターミナル ケア」とも呼ばれ、末期がんなどの患者の介護、看護のことです。主に、延命を目的とした治療ではなく、患者の身体的、精神的苦痛を軽減し、人生の質(Quality of Life: QOL) を向上させることが目的です。そのため、医療的な処置は、「緩和医療」と言って、苦痛を和らげることが中心で、 患者、家族の精神的、社会的な援助をも含めた総合的な措置(医療、ケア)がとられます。

終末期医療と倫理

「終末期医療」を行う上で大切なことは、患者・家族・医療従事者の間で、しっかり患者の状態を理解して、患者の自己決定権を尊重した医療を行うことだと考えられています。

実際のところ、日本の医療現場では、1日でも長く患者を生かすよう、延命治療を尽くすことが主として行われています。また、家族側も「出来るだけのことはしてほしい」と希望し、それに基づいて延命治療が広く行われています。

延命治療には高額な費用がかかります。もちろん、現在の医療保険制度では、高額の医療費がかかっても、家計が破綻することがないような保障もあります。しかし、回復の見込みがなく死を間近に迎えた患者に、本人の意思確認もできないまま、ただ延命治療を続けることに対し、疑問を唱える声もあります。

患者本人としては「自然な形で逝かせてほしい」と望む割合が多いようです。しかし、患者が自身の家族となると、延命治療を望むようです。これは、家族とのつながりを強く意識する、日本人の伝統的な倫理観と、家族を助けたいという思いから、延命治療を選択している傾向にあると考えられます。しかし、患者本人の自己決定権の尊重も大事であると考えます。

がんにおける「延命治療」と「緩和医療」

回復の見込みがなく、治療行為を行わなければ死に至る患者の、生命維持のための治療を「延命治療」といいます。口や鼻の中にチューブを挿入し呼吸させる人工呼吸や、心臓マッサージ、あるいは機械を使った補助循環、点滴や薬を投与する輸液管理、チューブを使った栄養管理なども、回復の見込みがない末期患者に対して行われるものは、延命治療にあたります。

一方、「がん緩和医療」とは、患者にとって苦痛となるがんの痛みのコントロールや、がんが原因で現れる様々な体の症状をやわらげることを目的に施されます。そうすることによって、患者やその家族の身体的、精神的な「生活の質を維持向上させる医療」なのです。人間としての尊厳を保ちつつ、安らかに死を迎えていただくための最後の治療として、昨今注目の大切な治療です。

終末期医療の選択

がんの終末期患者は、自身の病状から、近い将来に死期を迎えることを自覚しています。患者を苦痛から解放する「緩和医療」が充分でない場合、患者自身はもちろん、家族も同様に苦痛を経験することになります。

苦痛から開放され、最後まで人間らしく生きることができる終末期医療によって、尊厳を持って死と向かい合うことができるのではないでしょうか。

自分らしく死を迎えるためにも「終末期にどのような治療を選択するのか」ということに向き合うことは大事なこと。最期の迎え方をひとりひとり、考えてみてはいかがでしょう。