医療用ウィッグのあれこれ、基礎知識について知りたい

抗がん剤治療、放射線治療の副作用により脱毛が起こることがあります。急激な脱毛に驚き、鏡に映る自分の容貌が変わっていくことに大きなショックを受けるでしょう。しかし、現在は医療用のウィッグも充実しており、ウィッグによって治療前と同じような自然なヘアスタイルを手に入れることができるようになってきました。ここでは、明るい気持ちになれる、おしゃれが楽しめるウィッグにまつわるあれこれをご紹介します。

治療前からの準備がおすすめ

医師から抗がん剤治療や頭部放射線治療による副作用の説明で、脱毛の可能性を予告された方は、治療前にウィッグの下調べや実際に試着してみることおすすめします。治療に入ると、体調不良でウィッグの購入の検討が容易ではなくなることがあります。事前に下見や試着をすることにより、似合うウィッグを見つけたり、価格を検討したり、取り扱い方法をチェックするなどの準備が十分にできます。なかには、脱毛前にご購入される方もいらっしゃいます。先に準備しておくことで、不安のひとつを解消し、治療に専念できるのは大きなメリットです。

ウィッグの種類にはどんなものがある?

ウィッグには、医療用ウィッグ、ヘアピース、ポイントウィッグ、オールウィッグがあります。医療用ウィッグは肌に負担をかけず、見た目も自然に見えるように作られているものが多いようです。ヘアピースは一部の髪の薄い部分につけるものです。そのほか、おしゃれ用のポイントウィッグやオールウィッグがあります。

失敗しないウィッグ選びのためのチェックリスト

失敗しないウィッグ選びのために、できるだけ試着することをおすすめします。ウィッグには安価なものから高価なものまでさまざまなものがあります。ウィッグを買ったあとに後悔しないように、下記に挙げた簡単なチェックリストを参考にしてみてください。インターネットで購入するときは、すべてのチェック項目をクリアしていなくても、あなたの生活やウィッグの価格、あなたが必要としている最小限の条件をクリアしているかどうかで選んでみましょう。

  1. ウィッグの内側のネットは、髪の生え際までカバーされていますか?
  2. つむじや髪の分け目が自然に見えますか?
  3. 日光の下で見ても、髪は自然な色合いに見えますか?
  4. ウィッグをつけたとき、頭が不自然に大きく見えませんか?
  5. 頭を動かしたときに、ウィッグが外れそうになりませんか?
  6. ウィッグをつけたときに、チクチク感じるようなところはありませんか?
  7. 長時間つけていられそうですか?
  8. 髪が再生してくるとウィッグのサイズの見直しが必要になることもありますが、再調整は可能ですか?

ウィッグのお手入れ方法も確認しておこう

ウィッグも使用頻度により汗臭くなったり、ウィッグ全体に汚れがついてボリュームがなくなったりすることがあります。ウィッグのお手入れ方法は、ブラシやくしでとかし、汚れたら洗浄が基本です。ウィッグの素材によって洗浄方法が異なりますので、よく確認するようにしましょう。熱に強く手入れが簡単な人工毛髪を使用している場合には、ウィッグをつけたまま入浴が可能なものもあります。

風が強い日のために

そのほか、風が強い日でも安心してつけられるように、ウィッグのストッパーについても、しっかり確認しておきましょう。外れないようにしっかり装着できて、なおかつ快適なものという両方の条件を満たすものを探しましょう。

ウィッグの髪型は変えられる?

ウィッグによっては、自由に髪型をアレンジすることもできます。ドライヤーやホットカーラーが使えるタイプも。療養期間中に白髪が多くなってきた場合や、髪の色を変えたくなった場合に、対応してくれる店もあります。髪型を変えたいという希望がある場合には、ウィッグを検討する際に、それらについて可能なものを探すとよいでしょう。

ウィッグはいくつ必要?

ところで、ウィッグはひとつあればよいのでしょうか? 抗がん剤による脱毛対策としての使用が一年以内と見込まれる際には、ウィッグはひとつあれば十分に間にあうでしょう。療養期間によっては2つ以上購入することもありますが、最初から2つ用意する必要はないと思います。髪の状態によっては、自分の髪の毛を使用してヘアピースを作ることもできますので、それらを利用するという方法もあります。また、ウィッグのレンタルも可能です。

まとめ

ウィッグは、脱毛した悲しみから抜け出して、おしゃれを楽しむことを可能にします。ウィッグについての基礎知識があれば、より適切なウィッグ選びができるでしょう。現在ではさまざまなタイプのものが出ていますので、自分のライフスタイルにぴったり合ったものを探し出すことも可能になってきました。インターネットなども活用して、いろいろ探してみてください。


参考: