がん療養生活における職場復帰のタイミングと条件を考える

がん治療は日々進化しており、治療の選択肢も増えてきていることから、がんと向き合いながら生活を続けるという人も多くなってきています。この状況はとても希望に満ちたことであり、がんと診断された人にとって、がんと向き合い治療に取り組むことへの大きな力となっています。その一方で、治療期間の長期化も見られ、家庭に戻ってからの療養生活を事前に考えておく必要が出てきました。経済的なことも含め、生活を支える基盤となる仕事を、どの程度どのタイミングで再開するかなど、治療と両立する方法を考えなくてはなりません。

今回は、がん療養生活をおくりながら、職場復帰を考えている人にヒントとなるような復帰の条件とタイミングについて考えてみましょう。

専門家に相談する

社会労務士など法的なアドバイスをしてくれる専門家

がんの治療方針についてはもちろんですが、それ以外にも治療をはじめるときから考えておきたいことがいくつかあります。がんと診断された直後はショックと不安で治療以外のことまで考える余裕はないことでしょう。ただ、それらはそうした状況を過ぎた段階でも十分に間に合いますから、少し落ち着きを取り戻したときに取りかかりましょう。
まずは、「職場の労働条件について確認をすること」です。法律で定められた有給休暇以外にも、一定の条件を満たす傷病に対する休暇・療養休暇が認められているかどうか、あるいは福利厚生制度によってさらに手厚いサポートが用意されているかどうか。こうした労働条件は雇用契約書や就業規則などに明記されているので確認しておきましょう。わからなければ職場の人事や福利厚生担当者に聞いておくことが大切です。

労働条件が明記された書類を見ても理解できなければ、社会保険労務士に相談しましょう。社会保険労務士は就労に関する法律的な対応などの相談に乗ってくれる専門家です。

医療的な側面からアドバイスしてくれる専門家

医療的な側面からアドバイスしてくれる専門家は、もちろん主治医です。主治医からは、がん治療に関して医療的なサポートのみならず、治療や療養生活を無理なく継続し、がんに向き合う態勢作りのアドバイスもしてもらえます。がん治療・療養は短期的なものではありません。具体的な治療が終了したのちも、継続的に体の状態や病状を専門家に診てもらうことが必要です。自分自身と担当医、医療スタッフがコミュニケーションをとりながら継続的な治療にあたることになります。そのうえで、安定した質の高い生活を維持するためのアドバイスをもらうことになります。医療関係者には、そこまで含めた対応が医療の果たすべき役割との認識があるのです。ですから、職場復帰などについても担当医がアドバイスを提供してくれます。

がん治療の方針を決定する段階で、いままで自分が勤めてきた仕事内容や職場環境、復帰を考えているのかなどについても主治医に伝えておく必要があります。

具体的に希望する治療、療養生活の見通しを聞いた主治医は、まずはがんを克服するための治療を提示し、療養生活のスケジュールを組み立てます。そして、予後の可能性を伝え、就業が可能であるかどうかについても、専門家としての情報を伝えてくれます。

このようなスケジュールや見通しといった医師からの情報はできるだけ文書でもらい、自分が冷静に判断できるタイミングで、将来のことを考える材料とすることをおすすめします。

職場復帰へのポイント

がん治療が終了し、自宅での療養生活も安定してくると、そろそろ職場復帰の時期を具体的に考えたいと多くの人が思うようです。ところが、職場に復帰する、あるいは何らかの形で仕事を再開することが必要だと思っても、「仕事などを再開して、体に無理はかからないだろうか」という不安感もあって、なかなか復帰を自分から相談できない人も多いようです。

このような不安は誰しもが抱くこと。自分ひとりで考え込まず、主治医とまずは相談して、心身両面から、職場復帰が可能なのかどうか話し合いましょう。

確認しておきたいポイントは次のような点です。

  • 復帰に対する自分の気持ち
  • 抗がん剤などによる副作用の影響
  • 療養に費やす時間と仕事とのバランスは取れるかどうか
  • 集中力や疲労感など体力的、気力的な状態の把握
  • 仕事、作業にともなう病状悪化のリスク

主治医に上記の相談をしたうえで、職場の担当者とも同様に相談しておきましょう。職場においてとくに確認しておきたいのが、療養を続けるうえでの時間的配慮があるのかどうか、体力・気力低下を補える方法があるかどうかなどです。

まとめ

がん治療・療養生活において職場復帰は大きな課題です。がんを治す、あるいはがんと向きあいながら継続的に安定した快適な生活を維持することが最大の目的ですから、体に負担を強いるような働き方はできません。しかし、その一方では、経済的な不安を解消するために、あるいは生きがいや自分自身の社会貢献への期待など精神的な支えのために、仕事の再開や職場復帰を果たすということには大きな意味があります。

職場復帰をスムーズに無理なく行うためには、治療開始段階からの情報収集と段取りが大切であること、そして、その情報収集は、労務面と医療面との両方が必要であることを確認しておきましょう。

それでも不安が残るのが、職場復帰のタイミングと是非の判断です。精神的な不安を解消するためには、経験者の声を聴くことも効果的です。同じ病名で治療・療養生活をおくり、職場復帰を果たした人から状況や当時の様子を聞くことで、自分のスケジュールが具体的に見えてくることもあります。

がん診療連携拠点病院にあるがん相談センターなどで、患者の会、自助グループなどを紹介してくれる場合もありますので、それらを訪ねてみましょう。

 

参考: