がんの治療中や療養中にスポーツや運動しても大丈夫?

がんを患うまで、スポーツや運動を生きがいや趣味として定期的に楽しんでこられた人も多いのではないでしょうか?がんと診断され、治療に専念することを第一に考え、スポーツや運動をあきらめている方も少なくないでしょう。
スポーツや運動を楽しむことは、ストレス発散や気分転換、全身の循環を促すなどいろいろな効果もあります。時には、体に負担となる激しい動きを伴うものや、過度なスポーツや運動は避けたほうが望ましい場合もありますが、がんの治療中でも、主治医と相談し運動量を調整することで、これまで行っていたスポーツを生活に取り入れていくことは可能です。
今回は、趣味や生きがいとしている方も多いスポーツや運動について、がん治療中の考え方や取り入れ方についてのポイントをご紹介します。

がん治療中や療養中のスポーツや運動の効果

これまで、がん治療中や療養中の運動についていろいろな研究行われていますが、乳がんや骨髄移植後の患者さんを対象としたものが多いようです。残念ながら、限られたデータの中では、全てのがん患者さんにその結果を当てはめることは難しいそうですが、がん治療中や療養中の患者さんがスポーツや運動に取り組むことは可能であり、体調の維持やQOL(生活の質)を高めることにつながるとされています。

運動やスポーツが、がんの治療や療養にどのような影響や効果をもたらすのかは、まだ不明な点は多いようですが、ある動物実験によると、運動は抗がん剤の治療を妨げるものではないという結果も出ています。

筋力を高めるトレーニングを行うことは、がんの治療中や療養中に急激に起こる筋肉量や骨量の変化などに伴い、体格が変わるのを防ぐ可能性を示唆しています。また、ベッド上での生活が中心となる場合でも、適切な理学療法による運動に取り組むことで、倦怠感やうつを防ぐことができるようです。

このように、がんの治療中や療養中であっても、適度に適切にスポーツや運動に取り組むことは、心身ともにいろいろな効果が期待できそうです。

がん治療中や療養中のスポーツや運動のポイント

がん治療中や療養中は、患者さんの症状にあわせてさまざまな治療や療法が行われます。治療の影響は、がん細胞だけでなく正常な細胞にも影響を及ぼすことはよく知られています。そのため、スポーツや運動を行う前に理解しておくべきことは、治療や療養、通院や病気自体に対するストレス、生活リズムの変化などによって、治療や療養前に比べると体は疲れやすくなっているという点です。したがって、必要以上に体力を消耗したり、過度な疲労を引き起こしたりしないように、十分に注意することが必要です。「今の自分には何のスポーツができるのだろうか」「どのくらいの運動量が適しているのだろうか」などの疑問があるときには、受診の際に担当医や看護師と話し合うようにしましょう。自分に適した運動量を知ることができると、心配なくスポーツや運動に専念することができます。また、専門的なサポートが必要な場合は、作業療法士や理学療法士などの専門家を紹介してもらえる場合もあります。

高齢な場合や、骨、筋肉の異常、関節炎、末梢神経炎など運動に関しての異常があるときには、転倒などの事故防止のため、安全性を十分に確保して運動を行うことが必要です。したがって、運動に取り組む際には、介護者や専門のトレーナーなどと一緒に行うことをおすすめします。

「健康維持のために、何かスポーツに取り組みたい」と考えていても、がんと診断を受けるまで運動習慣のなかった方が、急に激しい運動をはじめることは体への負担にもなりますので避けましょう。可能な範囲でのストレッチやゆっくりとした歩行などからはじめ、少しずつ運動量を増やしていくようにします。まずは、体を動かすことに慣れるように取り組むとよいでしょう。

まとめ

いろいろな効果が期待できるスポーツや運動を、「がん治療をはじめたら運動やスポーツはもう無理だな」と先入観であきらめてしまうことは、とてももったいないことです。「主治医にスポーツどころではないと怒られないだろうか」と心配する必要も全くありません。遠慮なく相談しましょう。

大切なことは、がん治療中や療養中であっても、気分転換をしながら、いかに自分らしい生活を楽しんでいけるかということです。受診の際は、治療方針や療養、検査結果などについての話し合いなどで終わってしまいがちですが、生活や趣味など自分の希望、挑戦してみたいことも忘れずに主治医に相談することを心がけましょう。医療スタッフは、想像以上に患者サポートのためのさまざまな連携先を持っていますので、積極的に相談しながら、運動やスポーツを楽しむことも含めて、自分らしい生き方を目指していきましょう。

参考: