がんを退治する細胞を人工的に作り出す!iPS細胞の可能性

2012年、京都大学の山中教授が「iPS細胞」の研究でノーベル賞を受賞したことは、多くの方にとって、まだ記憶に新しいのではないでしょうか?

このiPS細胞については、今さまざまな病気の治療に向けての研究が行われていて、がん治療への応用も期待されるようになりました。
最近では、「人工的にがんを退治する細胞を、iPS細胞を使って作り出すことは可能か?」という課題に取り組んだ研究の成果も発表されています。

「iPS細胞」とは、一体どのような細胞で、今どのようにがん治療に活かされようとしているのでしょうか?

ほかの種類の細胞に成長できる「iPS細胞」

「iPS細胞」とは、「人工多能製肝性幹細胞」のことです。ひとことで表現すると、「どんな細胞にでもなれる細胞」。つまり、ほかの種類の細胞になれる力を持った細胞ということです、
これは、それまでの「生命の常識」からは考えられなかったことで、山中教授の研究は「大発見」だったということになるでしょう。

この研究の前までは、人間の細胞の中で「ほかの細胞」になることができるのは、「受精卵」のみと考えられていました。ところが山中教授は、いろいろな細胞になれる性質を持つ「iPS細胞」を作り出すことに成功したのです。

iPS細胞のこのような特性が注目され、病気の治療への応用が研究されるようになりました。たとえば、病が原因で体の臓器がうまく機能しなくなったときに、その臓器をiPS細胞から作り出すという方法が考えられるようになったのです。

がんの免疫療法に革新をもたらす可能性

「ほかの細胞になれる」というiPS細胞の性質は、がんの治療においても力を発揮するのではないかと期待されるようになり、がんの免疫療法に関する研究成果も発表されています。

昨年発表された、免疫・アレルギー科学総合研究センターの研究グループのレポートによると、同グループは、がん抗原を認識できるT細胞という細胞からiPS細胞をつくり、さらにこのiPS細胞からがんを退治する能力を持つ大量のT細胞を取り作り出すことに成功しました。
つまり、人工的にがんを退治する細胞を作り出すことができたということです。

この研究成果は、がんの免疫療法に大きな革新をもたらす可能性があります。研究の中身をもう少し詳しく見てみましょう。

iPS細胞から、若く元気なT細胞をつくる

がん患者の体内には、がんを退治する能力を持つT細胞という細胞が存在します。しかし、このT細胞のうち、多くはがん細胞によって力を失っていて、がんを退治する能力を持つT細胞はわずかしかありません。

がんの「免疫細胞療法」では、T細胞を活性化して治療に用いるのですが、このように力が弱まったT細胞の寿命は1~2週間程度と短く効果が長続きしません。

研究グループは、こうした問題をクリアするため、T細胞からiPS細胞をつくり、そのiPS細胞から若くて元気なT細胞を大量につくることに成功したのです。

このことは、がんの免疫細胞療法の大きな障壁となっているT細胞の数の少なさや、寿命の短さという問題点を解決できる可能性を示したということになります。これは、今後の免疫細胞療法を考える上で、注目すべき研究結果であると言えるでしょう。

今後の研究にも注目

「がんを退治する」という本来の力を発揮する、元気なT細胞を人工的に作ることができたとことは、がんの治療において画期的な出来事です。今後、この研究成果ががんの免疫細胞療法においてどのように活かされていくのか、大いに注目していきたいですね。