セカンドオピニオンを上手に受けるには?

がんの診断を受けたとき、多くの患者さんが「頭が真っ白でどんな説明であったかよく分からない」と言います。そのような精神的に動揺している中でも「もしかしたら他の治療方法があるかもしれない」「他の施設ならもっと自分に適した治療法で完治できるのではないか」とセカンドオピニオンへの希望を抱く方も多いようです。しかし、何の準備もなくただ焦ってセカンドオピニオンを受けても、その後の治療にうまくいかせない場合もあります。今回は、セカンドオピニオンを上手に受けるためのポイントをご紹介します。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンは、患者の権利の一つとしてさまざまなメディアで取り上げられることが多くなりました。改めて内容について確認してみましょう。

セカンドオピニオンとは、がんの治療方針など重大な決定を行う際に、主治医(初めにかかった医師:ファーストドクター)と異なる別の医師に病状や治療方針などについて「第二の意見」を求めることを言います。主治医の説明や意見に不安を感じるときだけでなく、自分の病状や治療方法の理解を深め、納得したうえで治療方針を自ら選択するためにも行われます。

セカンドオピニオンを求めることは、「主治医に失礼ではないか」と思われるかもしれません。しかし病状の診断や治療方針の考え方が異なる医師の意見を知ることは、患者さん自身も十分に納得したうえで治療に向き合うことができるため、現在は主治医から勧められる場合も増えてきているようです。また、セカンドオピニオンにおいて主治医と同様の診断や方針を受けたとしても、他の専門医の説明を受けることで、専門家の協力のもと、正しい判断に基づいて自分自身が病気に向き合うきっかけになります。あれこれと心配を募らせるよりも、自分が治療についてどう取り組んでいきたいのかを一番に考え、自信をもって治療方法を選択するための方法の一つとしてセカンドオピニオンを考えましょう。

セカンドオピニオンを受ける流れ

セカンドオピニオンを受ける時期は、がんの診断を受けてから治療をはじめるまでの間が望ましいようですが、決まった時期や期限というものはありません。セカンドオピニオンを受けるためのおおまかなステップは以下のようになります。

1.主治医のファーストオピニオンを受ける

まず主治医のファーストオピニオンを受けることと、その内容をきちんと理解することからはじまります。診断を受けて間もない時期ですので精神的な動揺もあり、落ち着いて内容を理解するのが難しい状況かもしれません。帰宅後、家族との話し合いを持つためにも、できるだけ家族や信頼のおける知人などに同席してもらい、一緒に説明を聞くようにしましょう。

2.主治医からの説明を振り返る

主治医によっては、ファーストオピニオンの説明を受けた際に、主治医からセカンドオピニオンの紹介をされる場合もあります。ただし、診断されたばかりで自分の病状や治療方針をきちんと理解できていない時期に、セカンドオピニオンを受けてもその意義をいかせないかもしれません。そのため、もし主治医からセカンドオピニオンの説明があった際には、「セカンドオピニオンの前にもう一度外来を訪れたい」という旨をお願いして時間をとってもらうとよいでしょう。その間に、主治医からのファーストオピニオンをきちんと振り返り、どこまで理解できたのか、どの説明が分かりにくかったかを整理し、再度確認したい内容は何かなど質問内容をメモして準備しておきましょう。これは、後のセカンドオピニオンを受けるうえでもとても大切な作業になります。

外来を再度受診する際には事前に準備しておいた質問内容をきちんと確認しましょう。そして、自分の病状と勧められている治療方法、治る確率、副作用の可能性と予想される症状、また転移についてなど、しっかり理解できるまで聞くようにしましょう。

3.セカンドオピニオンを受ける病院を選択する

がん拠点病院などの専門病院には、セカンドオピニオンについての相談窓口を設けている場合があります。その場合には、そちらで相談を行い、自分の希望する病院を選択しましょう。

病院を選択する際には、希望する病院の治療症例数、5年生存率などの治療実績を確認しましょう。そして、実績の良し悪しだけを判断するのではなく、治療についてのフォローアップ(予後管理)がきちんとなされているかにも着目して情報収集しましょう。

4.主治医にセカンドオピニオンを受けたい旨を相談する

セカンドオピニオンを受ける病院では、再検査は行いませんので最初に受診した病院の診療情報提供書とCT、MRIなどの画像診断のデータが必要になります。そのため、必ず主治医に相談しましょう。また、ファーストオピニオンを受けた直後に、ただ「セカンドオピニオンを受けたい」とだけ希望を伝えると、診断に不信感があるのかと、医師側に感じさせてしまうかもしれません。「家族もいろいろと考えがあるようですので、一度他の医師の意見もうかがってから、先生のもとで自信をもって治療に取り組んでいきたいと考えています」などと、きちんと主治医にセカンドオピニオンを希望する理由を伝えるようにしましょう。

5.セカンドオピニオンを受けたい病院に連絡し、受診予約。セカンドオピニオンを受ける

セカンドオピニオンの受診は、保険適用外となりますので全額自己負担となります。病院ごとに料金も異なりますので情報収集や予約の際にきちんと料金を確認するようにしましょう。

セカンドオピニオンを受ける際にも、医師に確認したい内容をきちんとリストアップしてメモしておきましょう。ファーストオピニオンと同様にできるだけ、家族などに同席してもらうようにしましょう。

6.主治医にセカンドオピニオンの結果を報告し、納得いく治療方針などについて選択を行う

まとめ

治療に取り組むならば、病状や治療について迷いをなくすことが効果的な治療への第一歩になります。後悔することなく自信をもって治療にのぞむための一つの方法であるセカンドオピニオン。みなさんも迷いがあるのならば、セカンドオピニオンを受けることを考慮してみてはいかがですか?

参考:

(A)画像番号  200470373-001