がんの療養生活、在宅緩和ケアについて

療養生活の中で、何かあればすぐに看護師や医師に来てもらえる病院は安心な場所であるといえますが、自宅での療養生活にも大きなメリットがあります。ゆっくりくつろげるのは、自宅ならではでしょう。大切なペットがいる方は、ペットと一緒にいられるのが何よりもうれしいことでしょう。療養生活を支える緩和ケアは、自宅でも病院と同じように受けることができます。今回は、患者さんが自分らしく充実した療養生活を送るために検討したい、在宅での緩和ケアについてご紹介します。

緩和ケアはがんと診断されたときから

緩和ケアとは、厚生労働省緩和ケア推進検討会によれば「病気に伴う心と体の痛みを和らげること」であり、患者や家族のつらさをやわらげ、より豊かな人生を送れるように支えていくことを目的としています。したがって、緩和ケアは決して病気が進行してからのものではありません。がんと診断されたときから緩和ケアも始まります。現在は、在宅でも緩和ケアが受けられる体制が整いつつあります。抗がん剤による副作用、だるさや食欲不振などのつらさはもちろん、治療前の痛みや手術後の痛みなども緩和ケアの対象になります。つらさはがまんせずに、緩和ケアによるサポートを受けましょう。

治療中の緩和ケア

入院中だけでなく、通院治療時も緩和ケアチームによる緩和ケアを受けることができます。からだの痛みなどに対応してくれる医師や、こころのつらさに対応してくれる医師、臨床心理士、日常生活を維持するためにサポートしてくれる理学療法士、経済的な問題や社会生活などについて相談に乗ってくれるソーシャルワーカーなど、患者さん一人ひとりに適切なサポートができる専門家で構成されています。

緩和ケアチームによる診療は健康保険の対象になっています。負担額が大きい場合には、高額療養費制度の利用を検討するとよいでしょう。

在宅緩和ケア

緩和ケアは、患者さんが自分らしく生きるためのサポートといえます。つらさや苦しさの原因になるような痛み、不安を軽減してくれます。そして、多くの方には、住み慣れた自宅は自分らしく生きるためのかけがえのない環境です。在宅緩和ケアは、その在宅での療養を支えてくれる大きな力となります。ゆっくり落ち着いて自分のペースで過ごす療養生活は、心身ともに良い効果が期待できます。

近年では、がんの治療も通院治療が多くなり、放射線などの通院治療を受けたあとに在宅緩和ケアのサポートを受ける方が増えてきているとのことです。

外来に通院していても、サポートを受けられます

外来に通院中でも、自宅でさまざまな医療支援を受けることが可能です。次の外来予約まで不安がある場合には訪問看護も受けられます。病院に通っていても、必要な際には在宅緩和ケアの利用を考慮しましょう。

在宅緩和ケアは自宅でなくとも受けられます

一般に、在宅緩和ケアは自宅での療養生活を想像しますが、実際には在宅緩和ケアは自宅に限りません。介護施設、グループホームなども含みます。

在宅緩和ケア利用のポイント

安心して自宅で療養生活を送るためには、患者さんと家族の両者が在宅ケアを希望していることがもっとも大切な点です。そのほか、居住環境が在宅ケアに適切かどうか確認しておきましょう。さらに、家族等によるサポート体制も具体的に検討することが大切です。どのようなサポートが必要なのかについても明確にしておきます。そして、訪問診療をしてくれる在宅療養支援診療所が自宅の近くにあるかどうか、またどういう施設があるのかについてなど、情報を収集しましょう。緊急時の対応についても確認しておくことを忘れないようにしましょう。

在宅緩和ケアについての情報収集

在宅での緩和ケアを受けようかと検討を始めたら、下記のような施設でも相談にのってくれますので、ぜひ利用しましょう。

がん相談支援センター

全国にがん診療連携拠点病院409施設には「がん相談支援センター」(名称が異なる場合もあります)があります。緩和ケアを受けたいときに相談することができます。国立がん研究センターがん情報サービスサポートセンターでは、電話でお近くのがん診療連携拠点病院を探す手助けをしてくれます。電話番号:0570-02-3410(通話料はかかりますが、相談は無料)

受付時間:平日10時から15時

自治体の緩和ケア支援センター

多くの自治体では緩和ケア支援センターを設置していますので、お住まいの自治体に問い合わせることをおすすめします。電話相談を受けつけたり、緩和ケアに関する情報をホームページや講演会で提供している場合もあります。

まとめ

在宅での緩和ケアへの体制が整ってきている現在は、自宅でゆっくり落ち着いて療養生活を送ることが可能となりました。つらいことや苦しいことはがまんせず、サポートの力を借りて、自分らしく充実した療養生活を送りましょう。


参考: