がん治療中の自分との向き合い方

がんの治療がはじまると、今までとは異なった体調の変化やこころの浮き沈みなどを経験し、自分でも戸惑う状態になることがあります。生活に支障が出るほどの変化を感じなくても、今まで通りの生活や体のケアでよいのだろうかと、不安に襲われることもあるでしょう。心配なことはひとりで悩まずに、担当医や看護師に相談するようにしましょう。

日常生活のなかで、自分の体やこころと向き合いながらがん治療を続けるために、日常的な食事の注意点や、口腔ケアについて、また体調の管理やこころの管理などを心がけると負担が軽減されることがあります。ここでは、それらの項目について紹介します。

体調管理は無理をしないが原則

自然なリズムを維持する工夫が大切

がんの治療中にかぎったことではありませんが、体調管理の基本は規則正しい生活をおくることです。そして、決して無理はしないこと。私たちの体は、「概日リズム」といわれる一定の自然なリズムを刻んでいます。そのリズムに合わせて、血圧、脈拍、尿の量やホルモンの分泌なども規則性を保っています。睡眠の時間や、食事の時間、太陽の陽射しを浴びる時間など、概日リズムを保つ要素は生活の中にたくさんありますので、上手に利用しましょう。

逆に、夜更かしをしたり規則正しく食事を摂らないでいたりすると、概日リズムを崩す原因となり、体に負担をかけることになります。

また、がんの治療を開始すると、とくに放射線治療では体が疲れやすくなることがあります。無理をしないで休憩をとることを意識しておくことも必要です。

適度な運動で体力維持や疲労回復

がん治療の段階にもよりますが、担当医と相談をしたうえで、適度な運動を心がけましょう。あくまでも無理のない範囲で体を動かすと、気分転換にもなりますし、体力維持にもつながります。また、ある程度体を動かすことで新陳代謝が促され、疲労回復も期待できます。リハビリテーションや機能回復のための体操など、担当医と相談しながら、段階的に、継続的に行うことが大切です。

また、運動や外出などができるようになると、生活をするうえでの大きな自信にもなります。前向きな気持ちは治療効果にも良い影響がでるようです。

食事は楽しくおいしくが基本

少量を頻回で摂取する

がんの治療中、多くの方が気になるのが食事に関することです。食事は体力を維持するために、また免疫力を高めるために、栄養素のバランスは大切です。でも一方で神経質になるよりは、おいしく、楽しく食べられることのほうが大切です。副作用や不安、生活環境の変化で、食事が喉を通らないということも多々あります。そのようなときは、無理に食べようとはせず、食べられるものを、食べられると思うときに、少しずつ食べることです。

カロリーや味付け、温度を工夫する

調理方法、味付けなどを工夫し、刺激の少ないもので、無理なく飲み込める状態のものから、ゆっくりと食事のペースをつくっていきましょう。

体重の減少が気になるときは、エネルギーの高い食品のメニューを工夫したり、複数回に分けて、少しずつ食べるようにしましょう。

水分摂取はこまめに行いましょう。また、アイスクリームや、水分の多い果物、のどごしの良いゼリー、シャーベットなどを利用するのもよいでしょう。

味を感じにくくなったり、甘味に敏感になったりすることもあります。そのようなときは、酢や酸味を利用して食事にメリハリをつけたほうがよいかもしれません。食事の温度を人肌程度にすると食べやすくなることもあります

どうしても食べられないときは、無理をせず、早めに担当医に相談しましょう。

さまざまな口のトラブルの対処について

抗がん剤の投与を始めると、口の粘膜が赤くなり、痛みが出ることがあります。口内炎を発症したり、味覚障害が起きたりすることもあります。また、放射線治療では、口の周囲に放射線が当たることによって口内炎や、口が乾くといった症状が現れたりすることもあります。口やのどの手術の後は、傷口が痛むこともあります。

これら口腔のトラブルは水分補給や食事にも影響が出やすく、気分が落ち込む原因のひとつにもなっています。

対処として第一に考えたいのが痛みを和らげることです。痛みの緩和には次のような方法があります。

  • 局所麻酔薬の入ったうがい薬や痛み止めを使用する
  • 医療用麻薬を使って痛みを緩和する

痛みを感じるまで我慢するのではなく、口に違和感を感じる、舌などにピリピリ感を感じる場合は、速やかに相談しましょう。

また、虫歯などは事前に治療をしておくとよいでしょう。

がんと上手に向き合うための、こころの管理

がん治療が始まって順調に進んでいるときでも、つねに不安を感じているという人は多いようです。人に相談せず自分のこころに溜め込むことは、もっともつらい状態をまねきます。

さまざまな副作用は、症状が重くなる前に、専門家に相談し治療を開始する方がよい場合もあります。また、がん患者同士、家族を交えた交流会などの、悩みや不安を口に出して話せる環境を積極的に利用するのもおすすめです。

大切なことは、悩みや不安を一人で抱え込まないことです。些細なことでも担当医や看護師、専門家に相談しましょう。落ち込んだり、悩んだりしている自分を情けない、恥ずかしいと思わないことです。自分の現状をしっかり見つめ、がんとうまく向き合っていきましょう。

 

参考: