知っておきたい、細胞ががん化する仕組み

私たち人間の体は「細胞」からできています。正常な細胞は、体や環境の状態に応じて増えたり、増えるのを止めたりします。そうすることによって、私たちの健康が保たれる仕組みになっているのです。

ところが、そのような「正常な細胞」から「がん細胞」が発生することがあります。
がん細胞は正常な細胞と異なり、細胞が増えるのをコントロールすることができません。必要がないときにも増え続けてしまうことがあり、そのため、増えた細胞が周りの組織の働きを邪魔して、体に悪影響を及ぼすのです。

では、なぜ正常だったはずの細胞が、「がん化」していくのでしょうか。そのメカニズムを見てみましょう。

がん遺伝子やがん抑制遺伝子に傷がつき、「がん」の元となる

人間の細胞の1つひとつには約3万個の遺伝子が存在しています。この中で、がんの発生と深い関係があると言われているのが、「がん遺伝子」と「がん抑制遺伝子」です。これらの遺伝子は正常な細胞の中にひそんでいると考えられています。

それぞれ、次のような性質を持っています。

・がん遺伝子
その遺伝子自体の働きが過剰、あるいは異常になると細胞をがん化させる遺伝子

・がん抑制遺伝子
細胞のがん化を抑制する作用を持つ遺伝子

何らか原因によりこれらの遺伝子に傷がつくと、それが「がん」の元となると考えられています。これらの遺伝子に傷がついたときに、がん遺伝子が活性化されたり、がん抑制遺伝子の働きが失われてしまったりしますが、そのことにより正常だった細胞が「がん化」していくのです。

正常な細胞がだんだんと「がん」になっていく

通常、1つの「がん遺伝子」あるいは「がん抑制遺伝子」に傷がつくとすぐに「がん」が発生するわけではなく、長い時間をかけて、複数の「がん遺伝子」や「がん抑制遺伝子」に傷がつくことによってだんだんと「がん」になっていきます。

これらの遺伝子の傷により、「がん化」の元となる異常が起こると、その細胞は異常なまま増殖します。そして、さらに複数の「がん遺伝子」や「がん抑制遺伝子」に傷がつくことによって複数の異常を持った細胞ができ上がり、それらがまた異常なまま増殖していきます。

こうして最終的に「複数の異常を持つ悪性度の高い細胞」ができ、さらに増殖しながら周囲へ広がっていくのです。これが、「がん細胞」です。

なぜ、遺伝子に傷がつくのか

「がん遺伝子」や「がん抑制遺伝子」に傷がつくことによりだんだんと「がん細胞」ができていくことが分かりましたが、では、なぜ傷がつくのでしょうか。主に、次のような原因があると考えられています。

• 発がん物質(アスベスト、食品添加物、カビ、タバコの煙など)
• ホルモン(エストロゲンなど)
• 放射線、紫外線
• ウィルス(C型肝炎ウィルスなど)
• 食習慣(脂肪や塩分の多い食事など)

これらの原因については、メディアからときおり最新の研究結果などが発表されたりしていますね。タバコの煙や紫外線など、「がんの原因」として広く知られるようになったものも含まれています。

これからも注目していきたい「がんの研究」

このように、がん発生の原因やメカニズムが徐々に分かってきていますが、まだ解明されていないこともあります。今後発表される新しい情報も、収集していきたいものです。

また、「がん遺伝子」や「がん抑制遺伝子」に傷がつくことにより発生する「異常」は、正常細胞とがん細胞を見分けるための決定的な証拠になります。そのため、現在、遺伝子異常を応用して、がんの診断等ができないかという研究が進んでいます。その動向にも注目していきたいですね。

Photo:photo credit: Bob Richmond via photopin cc