しょっぱいもの好きは要注意!塩分のとり過ぎは、胃がんを招く

塩分は、生き物にとって体内のミネラルバランスを保つために欠かせないものです。しかし、 塩分を取りすぎると胃がんになりやすいとの驚きの報告があります。残念ながら、私たち日本人の好む食事は塩分含有量が多く、1日あたりの塩分摂取量が多くなってしまいがちです。では、どのような点に気をつけたらいいのでしょうか。

胃がんと日本人の食生活

胃がんは世界的にみると減少傾向にありますが、それでも日本人の中では最も発生率の高いがんで、毎年約10万人が、新たに胃がんになっています。世界保健機構(WHO)の研究報告でも「食塩、塩蔵食品は、胃がんの原因の可能性が高い」とされています。日本人は、塩分濃度の高い食品を好む傾向があり、その影響が日本人に胃がんが多い原因になっているようです。日本の食文化と深い関わりのある塩分濃度の高い食事を控えることは、胃がんのリスクを減らすために、重要です。

ヘルシーと言われる日本食の落とし穴

日本食は日本だけでなく海外でもヘルシーと言われますが、意外に塩を使う料理が多いのです。日本食の中で、塩分濃度の高い食品には、みそ汁、つけもの、たらこ、塩鮭などがあります。これらの食品をとる回数が多くなるほど、胃がんのリスクが上がっているという報告があります。どうしてなのでしょうか。
動物実験などから、胃の中で食塩の濃度が高まると粘膜が損傷を受け、胃炎を生じることがわかっています。そのため胃の粘膜が炎症を起こすことによって、発がん物質の影響を受けやすくなっているものと考えられています。また、胃がんのリスクを高めると言われているヘリコバクターピロリという細菌に感染しやすくなる傾向もあるようです。

塩分は胃がんだけでなく、高血圧とも密接に関連し、その結果、脳卒中や心筋梗塞のリスクも高まります、ですから、薄味に慣れるよう努力し、塩蔵品を食べる回数を減らす工夫は健康のためにも大切です。

減塩のポイント6か条

では、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか? 次の6つを参考にしてみてください。

1.味覚は慣れますので、少しずつ段階的に食塩量を減らしましょう。
2.醤油やソースは、料理に直接かけると量が多くなります。小皿にとって少しずつつけると良いでしょう。
3.少量の油を使うことで、口の中に塩味の感覚が長くとどまります。結果的に塩の使用量を減らせます。
4.唐辛子や、胡椒などの香辛料は味覚を敏感にするので減塩に役立ちます。
5.食べ過ぎると塩分摂取量も増えます。腹8分目を心がけましょう。
6.外食やコンビニ弁当は味を強くするために、たくさんの塩分を含んでいます。外食を控え自分で工夫しながら料理することは、減塩にとても有効です。

世界基準の塩分摂取目標量で、健康維持

厚生労働省は、5年ごとに食事摂取基準を見直していますが、日本食での塩分の摂り過ぎを考慮し、2010年に塩分摂取目標量を変更しました。現在の日本人の食塩摂取状況を踏まえて、男性10g未満だったものが9g未満、女性8g未満だったものが、7.5g未満になりました。 それでも、 世界がん研究基金の推奨する食塩の限度(1日6g以下)に比べると多いようです。

少しずつ段階を踏んで、減塩や薄味に親しむようにしていきたいですね。

photo:brandsvig via photopin cc