がんのつらい症状「食欲不振」への対策

がん患者さんが経験されるつらい症状の1つとして、「食欲不振」があります。食べ物が飲み込みにくくなったり、味の感じ方が変わったりするため、「食事を楽しめない……」と感じることもあるでしょう。

このような症状に対し、現在さまざまな対策がとられるようになりました。患者さんが病気の治療中も必要な栄養を摂れるよう、食事のメニューや盛り付け方に多くの工夫がなされています。それはどのようなものなのか、見てみましょう。

食欲不振の原因

そもそも、なぜ、がんにかかると食欲不振になることがあるのでしょうか? 食欲不振時のメニューを考えるには、それを知っておく必要があります。食欲が湧かなくなる原因に対応できる献立にするためです。

治療の後遺症

治療の後遺症はがん患者さんの食欲不振の原因の1つになりえます。消化器系のがんの手術を行った後などは、手術箇所によっては、食べ物が飲み込みにくくなったり、食道を通過しにくくなったり、消化不良を起こしたりするからです。

がんの性質

り患したがんの性質による食欲不振もあります。がん細胞から分泌される物質は、体内に代謝の異常や慢性の炎症などを引き起こすとされています。つまり、この分泌物質は、体が正常に活動しようとする機能を低下させ、このとき、「栄養摂取」という機能も衰えさせるのです。また、がんに伴う「痛み」も食欲を失う一因となっています。

副作用

抗がん剤や放射線治療の副作用が、食欲不振の原因になる場合もあります。治療中、口の中が乾燥したり、味の感じ方が変わったりする患者さんもいるためです。また、吐き気やおう吐、口内炎などの副作用が現れたり、消化器機能の低下が見られたりすることもあります。

これらのほか、がんの症状や治療の副作用からもたらされる精神的なダメージも、食欲が落ちる原因となっているようです。

それでは、一体どのような献立なら食欲不振に悩む患者さんでも食べやすいのでしょうか?

食欲不振時の献立にはひと工夫を

患者さんが食欲不振を感じているときは、その症状によって、調理方法や献立について次のような工夫をするとよいでしょう。ただし、必ず事前に担当医師に相談してください。

たとえば、治療の後遺症のため、食べ物を噛みにくい、あるいは飲み込みにくいという場合には、材料を細かく切ったり、汁にとろみをつけたりするとよいでしょう。また、消化しやすい食品を摂ることも大切です。脂肪の多い肉を避け、大豆製品や繊維の少ない野菜を摂るとよいでしょう。

治療中の副作用により吐き気を感じる場合は、そうめん、お茶漬けなどさっぱりしていてにおいの少ないメニューにします。口内炎があるときは、香辛料のように刺激のあるものは避け、おかゆ、ゼリーなどやわらかいものがよいでしょう。患者さんに味覚変化があるときは、味付けを後からできるような方法で調理するなどの配慮が必要です。

食事の盛り付け方にも気を配って

食事の盛り付け方も、患者さんに食欲を高めてもらうための大切なポイントです。

患者さんの好みの器を使ったり、色のきれいな野菜や果物を出したりして、気分を盛り立てる工夫をしましょう。また、食事を盛り付ける量にも気を配ります。あまり多めに盛り付けると、患者さんはその量に圧倒され、食べきれないことを不安に感じてしまうこともあるので、気を付けましょう。

がん患者さんの食欲不振の原因を知り、それに対応できるよう味付けや盛り付けに工夫を凝らし、「食べやすい」と感じられる食事作りを目指してくださいね。

photo credit: sleepyneko via photopin cc