がん細胞の遺伝子を解析して治療に活かすプレシジョン・メディシン(精密医療)

全国200以上の医療機関と10数社の製薬会社によって、「SCRUM-Japan(スクラム・ジャパン)」という「プレシジョン・メディシン(精密医療)」のプロジェクトが始まっています。これは、患者さんから採取したがん細胞に存在する遺伝子変異を解析して、その結果から治療効果が期待できる薬を選択するという試みです。従来のがん治療とは異なるアプローチによって、再発を繰り返してきたがんにも効果がみられたという事例が報告されています。

部位ごとの治療法を考えてきた従来のがん治療

がんの治療薬は日々開発が進み、効果的な新薬が次々に登場しています。しかし、従来の抗がん剤の多くは、特定の部位に生じたがんをターゲットにしたものです。そのため、甲状腺がん向けの抗がん剤を肺がん治療に用いるようなことは、基本的にありませんでした。

がん細胞の遺伝子変異に注目したプレシジョン・メディシン

がんが増殖し続けるのは、どこかの遺伝子が変異し、異常なタンパク質を作り続けるからだということがわかっています。プレシジョン・メディシンでは、がんの増殖をより効果的に抑制するために、変異している遺伝子を特定し作り出される異常なタンパク質を突き止めます。そして、その異常なタンパク質に結合して増殖を阻害するのに最適な分子標的薬を選ぶのです。

このプレシジョン・メディシンを中心に据えたプロジェクトが、SCRUM-Japanです。研究機関や臨床現場、産業界が一体となり、日本のがん患者さんの遺伝子異常に適した治療薬や診断薬の開発を目指しています。

がん患者さんの病変部組織の遺伝子を解析した結果、これまでに「ドライバー遺伝子」というがんの増殖や進展に関わる特定の遺伝子異常がいくつか見つかっています。

従来のがん治療で用いられる薬剤は、がんが生じた部位を対象に開発されたものに限られていました。しかし、遺伝子解析を活用することで、がんの部位にとらわれることなく、遺伝子変異の特徴に合わせて薬剤を選べるようになるといえます。

ただし、遺伝子解析をしたからといって、効果が期待できる薬が必ず見つかるとは限りません。

肺がんでのケース

ある進行性肺がんの患者さんの事例では、RETというドライバー遺伝子が見つかりました。ところがRETに対して効果が期待できる薬は、肺がんの抗がん剤としては認可されていなかったのです。

一方、RET遺伝子の変異が起こることがわかっている甲状腺がんに対しては、認可されている分子標的薬がありました。そこで、その治療薬を投与したところ、半数の患者さんでがん細胞の縮小が認められました。

つまりこのケースでは、肺がんで遺伝子変異を起こしていたRETに対し、甲状腺がんのRETに対する分子標的薬が効果を発揮したのです。

大腸がんでのケース

皮膚がんのメラノーマでは、BRAFというドライバー遺伝子が確認されており、BRAF阻害薬のベムラフェニブが大きな効果を発揮します。

BRAF変異は、大腸がんでもみられます。ところがが、ベムラフェニブを投与してもほとんど効果がないことがわかってきているそうです。

このように、共通するドライバー遺伝子をターゲットにした薬剤でも、がん種が違うと同じような効果が得られるとは限りません。

遺伝子解析をして適応薬がなかった場合

プレシジョン・メディシンは、肺がん、乳がん、大腸がんにおいて導入が進んでいます。また、がんの遺伝子を解析して治療に活かすという考え方は、標準的なものになりつつあります。しかし、実際に遺伝子解析をして適応する薬がないことが判明したときに、「自分のがんを治療する方法がない」と大きなショックを受ける患者さんが少なくないようです。

たとえこのようなケースでも、遺伝子変異が特定されたことで新たな薬が開発される可能性が高まるので、あきらめる必要はありません。昨今では新薬開発から認可されるまでの時間はかなり短くなっており、治療中に新薬が開発され、効果的な治療が受けられたというケースも出てきているのです。

今後の可能性とプロジェクトが目指すもの

プレシジョン・メディシンによる治療を受けるためにSCRUM-Japanのプロジェクトに参加したいと考えていても、2017年12月現在では対象となるのがII期以上の肺がんや、手術が不可能もしくは再発している大腸がん・胃がん・食道がん・胆道がんなどの消化器がんに限られています。ほかにも条件が設定されているため、希望する患者さんが全員参加できるわけではありません。また、タイミングによっては、募集をしていないこともあります。なお、遺伝子解析の結果、対象となる治験が見つかる患者さんは1割程度で、遺伝子解析だけで終わる可能性が高いそうです。

プレシジョン・メディシンが広く機能するためには、がんの遺伝子解析のデータ蓄積が必須であるとともに、医療環境を整えることも必要でしょう。多くの患者さんが利用できるように、経済的にも施設的にもサポートが充実していくことが望まれます。

 

参考: