リンパ浮腫を理解するために!リンパ系の基礎知識

がんの手術の際に、病巣とともに周辺のリンパ節を切除することがあります。今回は、術後に生じる可能性があるリンパ浮腫への理解を深めるために、リンパ系の基礎知識について解説します。

リンパ系とは

心臓と血管からなる循環器系は、心臓から送り出された血液が全身を巡り、再び心臓に戻ってくるという閉鎖回路となっています。閉鎖回路とはいっても、血液には酸素と栄養素を体全体の組織へ届けるという役割があるため、動脈側の毛細血管から血液の液体成分が流出して細胞外液となり、静脈側で回収されます。しかし、すべての細胞外液が血管に戻るわけではありません。約10%はリンパ管に回収されて静脈に戻されます。この循環をリンパ系といいます。

リンパ系は開放系になっており、先が閉じた毛細リンパ管が組織内に張り巡らされています。毛細リンパ管は、内皮細胞がゆるく重なり合って弁のような構造になっています。そして、組織内の圧力が高まると、細胞外液が重なり合った内皮細胞の隙間から毛細リンパ管内へと入ります。

リンパ管は、毛細リンパ管が合流して太くなったものです。リンパ管にはところどころにそら豆のようなリンパ節(リンパ腺)があり、リンパ液はリンパ節を経て最終的に左右の鎖骨の下にある静脈角(内頚静脈と鎖骨下静脈が合流する部位)へと合流します。

リンパ節の働き

リンパ節にはリンパ球やマクロファージが集中しており、リンパ液に混じった病原体などの異物や老廃物、蛋白成分などを除去するフィルターとしての役割を果たしています。リンパ液は血液に戻るまでの間に、いくつものリンパ節を通過するため、感染などが全身に広がらないようになっているのです。

がんとリンパ節

がんは、最初に発生した場所から別の臓器や器官に転移する場合があります。そのメカニズムは、がん細胞が血管やリンパ管に入り込み、血液やリンパ液の流れに乗って移動してそこで増殖するというものです。転移は肝臓や肺、骨、脳といった血液の流れが多い場所や、リンパの流れが集まるリンパ節でよく見られます。

リンパ節に流れ込んだがん細胞の多くは死滅しますが、生き残ったがん細胞が増殖するとリンパ節転移が生じます。そして、リンパ節で増えたがん細胞は、またリンパ液の流れに乗って次のリンパ節へと移動します。つまり、ある程度進行したがんは、近接するリンパ節にがん細胞が侵入している可能性が高いのです。そこで、がん治療ではリンパ節を除去する「リンパ節郭清」が行われるケースがあります。

リンパ浮腫とは

リンパ管の切断や機能低下によって蛋白の処理が滞り、皮下組織に水分が溜まった状態をリンパ浮腫といいます。原因が明らかではない一次性浮腫と、乳がんや婦人科がんなどの術後に見られる二次性浮腫に分類され、一般的には二次性が圧倒的に多いそうです。

リンパ浮腫には、以下のような特徴があります。

  • どちらか一方の腕や脚に生じることがほとんどで、初期や軽度の場合以外は必ず症状に左右差がある。
  • むくみはゆっくりと進行し、基本的に皮膚の色に変化はみられない。
  • 疼痛はほとんどないが、皮膚が突っ張るような痛みを感じる場合がある。
  • 術後のむくみは、出現と解消を繰り返すことがある。

リンパ浮腫は初期治療が大切

リンパ節を切除するとその周囲にリンパ管のバイパスができるので、必ずむくみが生じるわけではありません。

しかし、リンパ浮腫が起きるといずれ皮下組織が蛋白によって挫滅し、元に戻らなくなってしまいます。そうなる前の段階で対処しなければなりません。術後リンパ浮腫の可能性がある場合は、むくみの早期発見を心がけ、症状に気がついたらすぐに担当医に連絡しましょう。

 

参考: