自分に適した胃がんの治療法を選ぶためのポイント

胃がんは、日本人にとって身近ながんのひとつです。万が一、胃がんを発症したら、どのような治療を選ぶことができるのでしょうか。さまざまな選択肢があるなかで、自分にとって最適な治療法を見極めるポイントを考えてみましょう。

胃がん治療の基本は外科的治療(手術)

胃がんは抗がん剤や放射線では治療の効果が得られにくいとされているため、手術によるがん組織の切除が標準的な治療法となります。

胃がん手術を大きく分けると、開腹手術と腹腔鏡手術の2つがあります。

開腹手術とは

腹部を大きく切り開いて行う手術で、胃のすべて、あるいは3分の2程度を摘出します。

胃がんはリンパ節に転移している可能性があります。そこで、手術の際は再発や転移を防ぐために、がん組織周辺のリンパ節を含めた広い範囲を切除することになります。

胃の入り口付近にがんが発生している場合は、進行度合いにかかわらず全摘出になることが多いようです。

腹腔鏡手術とは

早期の胃がんの場合は、腹部に小さな穴を開け、そこから器具を入れてがん組織を取り除く腹腔鏡手術を行うことがあります。腹腔鏡手術は傷口が小さいために患者さんの体への負担が少なく、手術後の回復も早いというメリットがあります。その一方で、開腹手術に比べると難易度が高く、手術時間も長くなるというデメリットもあります。

手術以外の選択肢

現状では、抗がん剤だけで胃がんを完全に取り除くのは難しいとされていますが、手術の補助的に用いられる場合があります。そのひとつが、手術前に抗がん剤を投与してがん組織を小さくし、手術で取り除きやすくする術前補助化学療法です。ほかに、手術後の再発予防のために抗がん剤を投与することもあります。

放射線治療は胃がんの治療効果が低く、胃の周辺の臓器が放射線に弱いため、治療にはあまり用いられません。ただし、病状が進んでおり手術での治癒が難しいケースでは、延命や症状の軽減のために抗がん剤治療や放射線治療が用いられることがあります。

治療の選択基準は自分がどう生きたいかを考えること

胃がんのみならず、多くのがんで新たな治療法や薬剤が開発されています。つまり、がん治療の選択肢は多様化してきているといえるでしょう。

患者さんにとっては、がんの治療後にどのように生きていくか、あるいは、がんの治療を続けながらどのように生活していくかということも、大きな選択基準となります。それを理解したうえで、納得できる治療法をわかりやすく提案してくれる医師を見つけることが、非常に重要です。

一般的な治療法だからという理由で決めてしまうと、治療が思うように進まなかったときや、つらいときなどに後悔する可能性があります。自分の生き方を大切にして、最適な治療法を選ぶようにしましょう。

 

参考: