がんに関連する疲労感の原因と対処法

がんの治療中に疲労感に襲われる人が少なくありません。患者さんによっては、吐き気などの副作用よりもつらいと感じることがあるといいます。そこで今回は、がんに関連する疲労の症状やその原因、自分でできる対処法についてご紹介します。

がんに関連する疲労の特徴

「疲労」は活力に欠けて苦痛を感じたり機能低下を起こしたりする状態で、体だけでなく情緒面にも影響が及びます。多少の疲労感であれば、健康な人も日常生活のなかで経験するでしょう。しかし、がんに関連する疲労は睡眠などの休息をとっても回復せず、疲労状態が長く続きます。人によっては、食事やトイレに行くことすら億劫になるほど疲労感が強いケースもあるようです。また、疲労感はQOL(生活の質)に大きく影響するにも関わらず、状態を具体的に表現するのが難しく、第三者に理解してもらいにくいといえます。

以下のような症状がある場合は、がんに関連する疲労である可能性があります。

  • 疲れがいつまでも取れない、あるいはどんどんひどくなっていく。
  • 何かをしたときの疲れが、いつもより大きい。
  • 身だしなみを整える元気がない。
  • ふだんやっていたことが、疲れすぎていてできない。
  • 手足が重く、動かすのが億劫。
  • 体力がない、あるいは体が弱っているように感じる。
  • よく眠れない、あるいは長時間眠るようになり、ベッドにいる時間が長くなる。
  • 集中して考えることができない。

該当するものがある場合は、担当医や看護師に相談してください。その際は、「体が重い」「元気が出ない」「力が出ない」「だるい」「ちょっとしたことでへとへとになる」といったように、症状を感じるままに伝えましょう。

がんに関連する疲労の原因

がんに関連する疲労にはさまざまな要因があると考えられていますが、完全には解明されていません。原因として考えられるものをいくつかご紹介します。

  • がんやがん治療によって、炎症に関わるたんぱく質やホルモンレベルが変化し、疲労を生じさせたり疲労を悪化させたりする。
  • がん治療によって死滅したがん細胞や正常細胞が蓄積すると、ダメージを受けた組織の修復に多くのエネルギーを要し、疲労が生じる。
  • がんが毒性物質を産生することによって、間接的に疲労を引き起こす。

ほかにも、貧血や痛み、精神的な要因なども疲労の原因となります。また、心臓や肺、肝臓、腎臓など、がん以外の問題が原因である場合もあるので、つらい疲労感がある場合には担当医に相談するようにしましょう。

疲労対策として患者さん自身でできることは?

疲労感がある場合には、担当医や看護師に伝え、必要な治療を受けることが大切です。しかし、患者さん自身でできる対策には、どのようなものがあるのでしょうか。

  • 適度な運動と十分な睡眠を心がける
    休息をとることは重要ですが、夜に7~8時間の睡眠をとるために昼寝は30分以内にとどめます。そして、できる限り活動的に生活してください。
    ウォーキングのような適度な運動は、疲労感の軽減とともに良質な睡眠にもつながります。体力づくりのために負荷が高めの運動をしたい場合は、担当医や理学療法士に相談して病状に合わせたメニューを組んでもらいましょう。
    ただし、骨転移が起きているとき、白血球や血小板が減少しているとき、発熱があるとき、感染症や貧血のときは、運動に関して慎重な判断が必要です。事前に必ず担当医に相談してください。
  • 活動の優先順位とペース配分を考える
    毎日のやるべきこと、やりたいことに優先順位をつけ、重要なものから行います。急激に体力を消耗しないように、ペース配分を考えましょう。そして、活動の合間に短時間の休憩をとることも大切です。
  • 体力の消耗を防ぐ工夫をする
    重要な活動に体力を使うために、できるだけ温存する工夫をしましょう。
    例えば、立ちっぱなしで長時間シャワーを浴びると、体力を消耗してしまいます。そこで、浴室用のイスを使うといいでしょう。同様に洗面所での歯みがきやヘアセットの際も、イスに座ることで体力を温存できます。
  • バランスのとれた栄養と水分を十分に補給する
    野菜や果物、良質なたんぱく質などバランスのとれた栄養、そして水分をしっかりと補給することは、体力の維持、向上に重要です。
    治療の副作用で食欲がない場合や、吐き気や口内炎などであまり食べられない場合は、担当医や栄養士に相談しましょう。

こんなときには医療機関へ

以下のような症状が見られる場合には、なるべく早く担当医に連絡するようにしましょう。

  • 疲労感が強く、ベッドから起き上がれない状態が24時間以上続いた場合
  • 意識が混乱したり、きちんと考えられなくなったりした場合
  • 転倒しやすい場合
  • 眠れない場合
  • 疲労感がどんどん強くなる場合
  • ちょっとした作業でも動機や息切れがある場合

身近な人の力を借りよう

疲労状態のときは、自分の体力以上のことをがんばりすぎないことが大切です。家族や友人といった身近な人の力を借りましょう。買い物や食事の用意、掃除などに少しの手助けがあれば、気持ちが楽になるはずです。つらいときには、思い切って相談してみてください。

 

参考: