がんの補完代替医療の種類と内容

近年のがん治療では、先進医療の研究開発が進む一方で、昔ながらの民間医療などをうまく併用して、QOL(生活の質)を維持しながら治療効果を高めるという考え方が再認識されています。今回は、通常医療を補うために、もしくは、その代わりとして行われる補完代替医療についてご紹介します。

補完代替医療とは

日本補完代替医療学会では、補完代替医療を「現代西洋医学領域において、科学的未検証および臨床未応用の医学・医療体系の総称」と定義しています。その範囲は非常に広く、民間療法をはじめ「免疫療法」「遺伝子治療」「再生医療」「ナノテクノロジーを用いた医療」なども含まれます。

がん治療の際は、副作用をできるだけ抑えつつ良好な結果を得るために、手術や放射線治療、抗がん剤治療といった複数の標準治療を組み合わせるのが一般的です。そうした背景から、近年では標準治療と補完代替医療(東洋医学を用いた治療や免疫を活性化させるための治療など)を組み合わせるケースが多くなりました。このように、通常医療と補完代替医療を組み合わせて、患者さんの心や体、精神を総合的に考えて行う治療を「統合医療」といいます。

補完代替治療の具体的な内容は?

補完代替医療にはどのようなものがあるのか、具体的にみていきましょう。

中国医学:中薬療法、気功療法など

  • 中薬療法
    抗がん剤は、がん細胞を攻撃して劇的な効果を発揮します。それに対し中薬療法で用いられる生薬は、免疫力を高めてがんを抑える働きを取り戻すように作用することが期待されています。
    (日本では漢方薬は保険診療として認められており、通常医療として扱われています。)
  • 気功療法
    郭林気功法で、末期がんの患者さんががんを克服したという症例が話題となりました。
    気功がどのようにがんに作用するのかは、まだよくわかっていません。しかし、気功によって肺活量が多くなったことで血中酸素濃度が向上し、がん細胞の増加成長を抑えることができたのではないかと考えられています。また、リラックス効果による免疫力の改善も期待されています。

インド医学:アーユルベーダ医療

アーユルベーダはインドの伝統的な医学です。医学だけでなく生活の知恵や生命科学、哲学の概念も含み、病気になってからの治療よりも病気になりにくい心身を作ることに重きをおいています。

がん治療の補完代替医療としては、薬草療法、食事療法、生活習慣の見直しによるQOLの向上やがんの進行の抑制があります。また、気持ちの平安を保つことによる緩和ケアとして利用されることもあるようです。

先進医療:免疫療法、再生医療、遺伝子治療など

体の免疫力を高めてがん細胞の死滅を目指す免疫療法、さまざまな臓器に分化できる幹細胞を用いる再生医療、がん細胞の遺伝子に働きかけて自滅させる遺伝子知慮など、いろいろな先進医療が開発されています。

その他

健康補助食品やサプリメント、鍼灸、マッサージ、アロマテラピー、温泉療法なども、補完代替医療に含まれます。

補完代替医療を取り入れる際の注意点

補完代替医療を取り入れるかどうかは、患者さん自身の意志決定による部分が大きいとされています。利用することで体調がよくなる、気持ちが安定するといった心理的なメリットがある一方で、保険が適用されないために費用が高額になるというデメリットもあります。そのバランスについては、十分な検討が必要です。

また、がん治療の中心となるのは手術や放射線治療、抗がん剤治療といった標準治療で、補完代替医療はあくまでもサポート役です。補完代替医療の利用を考えている場合は、標準治療の妨げとならないように、事前に担当医と相談してください。

 

参考: