眼に現れる抗がん剤の副作用の症状と対処法

吐き気や嘔吐、脱毛、免疫力の低下などの症状は、抗がん剤の副作用としてよく知られるところです。しかし、なかには眼や耳といった感覚器に生じる副作用もあり、回復のためには早めの対処が必要とされています。今回は抗がん剤によって眼に生じる副作用に着目し、症状や観察のポイント、適切な対処法や治療方法についてご紹介します。

眼に生じる副作用の症状と原因

抗がん剤治療で眼に生じる副作用のメカニズムや対処方法については、まだ解明されていない部分があります。そのため、予防的なコントロールは難しいのが現状です。また、同じ薬剤を使ったケースでも、症状の有無や発現期間に個人差がみられます。

眼に生じる副作用をいくつかピックアップして、症状と原因を確認してみましょう。

涙が止まらない(流涙、涙道障害)

フルオロウラシル(5-FU)や、テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(ティーエスワン(TS-1))との関連が指摘されています。薬剤が涙の中に排出され、涙の通り道である涙道が狭くなる、またはふさがることが原因で起こります。

視力低下・変視症・小視症

タモキシフェン(ノルバデックス)によって網膜の血管に炎症が起きると、視力低下を招きます。また、網膜の中心部に異常が生じ、物が歪んで見える変視症になることもあります。

ドセタキセル(ワンタキソテール、タキソテール)やパクリタキセル(タキソール)においても、変視症や物が小さく見える小視症が起こる場合があります。

羞明(しゅうめい)

フルオロウラシル(5-FU)、テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(ティーエスワン(TS-1))、クリゾチニブ(ザーコリカプセル)では、角膜の炎症や潰瘍、びらん(ただれ)などが生じ、異常にまぶしく感じる羞明の症状がみられる場合があります。

まつげの異常(長くなる、向きや長さが不揃いな状態になるなど)

エルロチニブ(タルセバ)、ゲフィチニブ(イレッサ)、セツキシマブ(アービタックス)との関連が指摘されていますが、詳しいメカニズムや原因は不明です。まつ毛が眼球の方向に向いて生えることで角膜が刺激され、異物感や痛みがあったり、炎症が起きたりします。

眼の異変に早く気づくためのチェックポイント

眼に生じる副作用への対処が遅れると、機能回復が難しくなる場合があります。しかし、眼の副作用は個人差が大きいため、早期治療を受けるには患者さん自身で症状に気づくことが重要です。

自分の眼の異変に早く気づくために必要なチェックポイントをご紹介します。

見え方

何か対象物を決めて、近くのもの、遠くのものに焦点を合わせます。視力検査のように一方の目を軽く覆って左右片方ずつ、さらに両目でも同じことを繰り返し、左右で見え方に差はないか、違和感がないか確認します。焦点が合わない、物が二重に見える、なんとなく歪んで見えるというときは、担当医に連絡するようにしてください。

白目や黒目の状態

鏡を使い、白目の表面が白く、涙で潤ってなめらかか、充血や赤みなどがないか、凹凸はないか確認します。黒目についても、異変がないか、上下左右に動かせるか、円を描くように動かせるかをチェックしましょう。

まつげの状態

まつ毛の長さや生える向きなどを鏡でチェックします。

眼の副作用の対処法

眼の副作用について、あらかじめ主治医から対処法に関する指示がある場合は、それに従ってください。処方された薬は、きちんと服用しましょう。

自己判断で手持ちの市販薬を使うのは、絶対にやめてください。適切な治療を妨げたり、副作用を悪化させたりする危険性があります。

それでは、抗がん剤治療で生じた眼の副作用の対処法を確認してみましょう。

涙が止まらない(流涙、涙道障害)場合

症状が軽い場合は、点眼薬で抗がん剤を洗い流します。ただし、水道水を使ってはいけません。症状が進んでいる場合は、涙の通り道を確保するために、シリコンやポリウレタンでできた涙管チューブを一時的に挿入します。

視力低下・変視症・小視症の場合

有効な治療法が確立されていないため、休薬措置がとられることがあります。早めに主治医と相談してください。

まつげの異常の場合

まつ毛を短く切りそろえます。毛先が眼球のほうを向いている場合は抜きましょう。

早めの受診と相談でスムーズな治療を

視力の低下に気づいたときは、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。ほかの症状も、時間が経つごとに悪化する場合や日常生活に支障をきたす場合、処方薬の効果が感じられない場合は、定期検診を待たずに受診することをおすすめします。また、最寄りの眼科で治療を受けたい場合は、担当医に相談するといいでしょう。その眼科と連携し、よりスムーズな治療をサポートしてもらえるはずです。

 

参考: