抗がん剤による下痢の副作用について

抗がん剤治療にはさまざまな副作用がつきまといます。副作用の症状が出現すると苦痛を感じるだけでなく、QOL(生活の質)の低下を招きかねません。さらには、治療の継続が難しくなるケースもあります。今回は副作用のなかでも下痢をピックアップし、症状が出現する可能性が高い抗がん剤や症状の出現時期、対処法についてご紹介します。

下痢の原因は抗がん剤の副作用以外にもある

下痢は、便に含まれる水分が増えて固形状ではなく、泥状あるいは液状になった状態を指します。

がんの患者さんに生じる下痢の原因は、抗がん剤治療によるもののほか、腹部への放射線治療、がん性腹膜炎や開腹手術後に起きる腸の癒着、腸の不完全な閉塞、悪液質、不適切な経管栄養などが挙げられます。

抗がん剤治療によって下痢が生じる理由

抗がん剤の副作用で生じる下痢の原因としては、次の2つが考えられています。

ひとつは、腸の動きを制御する交感神経と副交感神経が抗がん剤の影響を受け、腸管運動の亢進や水分吸収の阻害を引き起こしたものです。抗がん剤の投与から24時間以内に下痢が生じ、一過性であることが多いようです。

もうひとつは、抗がん剤によって腸の粘膜に障害が起きて生じる下痢です。細胞分裂が活発な消化管細胞は抗がん剤の影響を受けやすく、投与から数日経ってから症状が現れます。

下痢の副作用が起きやすい抗がん剤

下痢の副作用が発生しやすい抗がん剤には、以下のようなものがあります。ただし、ほかの抗がん剤でも、白血球数が低下している時期には腸管感染による下痢が生じやすくなります。

  • イリノテカン
  • エトポシド
  • フルオロウラシル
  • メトトレキサート
  • シタラビン
  • ドキソルビシン
  • アクチノマイシンD

下痢の症状が出やすい時期は、薬剤によって異なります。イリノテカンは治療開始後24時間以内に出現する下痢と24時間以降~2週間に出現する下痢があり、前者は一過性ですが後者は長期化することがあります。また、フルオロウラシルやメトトレキサートは治療後数日~10日目以降に、エトポシドやシタラビンは白血球のなかの好中球数が減少している時期に出現します。

なお、下痢の発生頻度は、消化器がん治療時のイリノテカンとフルオロウラシルで特に高いようです。

下痢の症状が出たときに医師へ伝えるべきこと

下痢の副作用が現れた際に適切な処置を受けるには、担当医や看護師に情報をきちんと伝えることが重要です。伝えるべき内容を、以下で確認してみましょう。

  • いつから症状が出たか
    薬の服用〇日後から、点滴の〇時間後など
  • 具体的な症状
    便の状態、下痢の回数、痛みの有無、お腹の様子(グルグルいっているなど)、体重の変化など
  • 食事の内容や水分の摂取状況
    食事のメニューや量、水分の摂取量など

上記のポイントをメモしておくと、担当医や看護師に短時間で正確に伝えることができます。また、メモに残すことで下痢になりやすいタイミングを把握できたり、下痢になりやすい食事メニューに気がついたりと、自分でも副作用対策がしやすくなるのでおすすめです。

セルフケアのポイント

下痢の副作用が生じた際は、担当医による対策だけでなくセルフケアも大切です。以下のようなポイントを意識してみましょう。

衣類

お腹を圧迫しないようにゆったりした衣類を選び、きついベルトは避けてください。また、お腹を保温すると、内蔵の循環血液量が増えて消化吸収の助けになります。お腹を冷やさないように気を配り、必要に応じてカイロなどを用いるといいでしょう。

食事

食事は、低脂肪で高たんぱく質な食品を含んだ消化のよいメニューを考えましょう。食材としては、豆腐、卵、鶏肉、白身魚などがおすすめです。

揚げ物のような油っこい料理や糖分の多いお菓子などは腸に負担をかけやすいので控えましょう。また、生野菜のような食物繊維が豊富な食品は、下痢や腹痛を悪化させるおそれがあります。塩分の多い食品、香辛料、アルコール、カフェインなどの刺激物も避けてください。

また、下痢が続くと脱水症状が懸念されます。口の渇きや尿量の減少、皮膚の乾燥、強い疲労感などに注意しましょう。下痢は水分だけでなくカリウムも失います。そのため、電解質(ミネラル)を含むスポーツ飲料で水分をとるのがおすすめです。なお、スポーツ飲料は水で倍に薄めたほうが体への吸収がよくなります。ただし、飲みものの温度には注意が必要です。熱すぎたり冷たすぎたりすると腸への刺激となるので、常温に近いものを少しずつ飲むようにしてください。なお、牛乳や柑橘系のジュースは下痢や嘔吐を誘発しやすいので、控えたほうが無難です。炭酸飲料も腸管へ刺激となるので避けましょう。

清潔

炎症や感染症を防ぐため、温水洗浄便座などで肛門の周囲を清潔に保ちましょう。汚れた下着はすぐに替えてください。

休息

倦怠感、脱力感があるときは、無理をしないで十分な休息をとりましょう。

強い下痢症状があるときはすぐに相談を

下痢の症状はとてもつらいものです。特に、1日に4~6回以上の強い下痢や、3~4日以上続く下痢症状がある場合は、すぐに担当医や看護師に相談してください。

 

参考: