若年層でも油断は禁物!女性特有のがん

高齢になると、男女ともにがんを発症する可能性が高まります。しかし、女性特有のがんは若年化の傾向があり、子育て世代や働き盛りといえる30代から発症率が急増。その後、40代後半から50代でピークとなるようです。そこで今回は、女性特有のがんの発症状況と最先端の治療法をご紹介します。

女性特有のがんは20~40代に増加傾向

がんの罹患率は、60歳以上の男性が非常に高い数値となっています。女性も高齢になるほどがんの罹患率が高くなりますが、乳がんや子宮がんといった女性特有のがんに関しては20~40代という若い世代の発症率が高くなっています。そして、若年化の傾向が強くなっているようです。

40歳を過ぎたら、定期的に乳がんや子宮がんの検査を受けることが推奨されています。しかし、30代での発症が増えていることもあり、早期発見のためには若いころからの検診が必要であると見直され始めています。

女性特有のがんの若年化が進む理由

乳がんや子宮がんといった女性特有のがんの若年化が進んでいる理由として考えられるのが、ライフスタイルの変化です。

食生活の欧米化や栄養面の向上によって体の成長が早くなり、初潮を迎える年齢が低年齢化しています。また、多くの女性が社会に出て働くようになり、晩婚化や出産年齢の高齢化が進んでいます。さらに、結婚しても子どもを産まないという選択をするケースも増えているでしょう。

女性の乳がんや子宮がんの発症には、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが深く関与しています。エストロゲンは月経期間に多く作られるため、初潮が早い人や妊娠・出産をしない人はエストロゲンの影響を長期間受けることとなり、乳がんや子宮がんのリスクが高まるのです。

また、生活リズムや食生活の乱れによって、女性の肥満が増加していることも指摘されています。皮下脂肪はエストロゲンなどの女性ホルモンを蓄えるため、肥満により脂肪が増えると過剰な女性ホルモンの蓄積を招き、ひいては乳がんや子宮がんの発症リスクにつながります。

育児中の女性の味方になるか?最先端の治療法に注目

女性特有のがんの若年化により、妊娠や出産、育児に関わる年齢でがんを発症するリスクが高まっています。そのため、治療法を選ぶ際はライフステージを十分に考慮しなければなりません。

例えば育児中の女性の場合、がんを取り除く治療を受けたあとの療養生活で自分の時間を十分に確保するのが難しいといえます。そのため、副作用の少ない治療法を選ぶ必要があるでしょう。そのようなケースで注目されているのが、免疫細胞治療などの最先端治療です。

免疫細胞治療は、患者さんの血液から取り出した免疫細胞を培養して増殖および活性化させたのちに、再び患者さんの体内に戻すことでがん細胞を攻撃します。体への負担や副作用が少ないとされているため、子育てなどに追われる患者さんも選びやすい治療法だといえるでしょう。

ただし、がん治療においては複数の治療法を組み合わせるのが一般的です。最先端の治療法のメリットばかりに目を向けるのではなく、トータルでどのような副作用の可能性があるのかについても、事前にきちんと確認しなければなりません。

早期発見を意識して定期的に検診を受けよう

女性特有のがんは、日ごろから早期発見を意識することが大切です。少なくとも年に1回の検診を欠かさないようにしましょう。若年化が進んでいるため、早いうちから受診することが望まれます。

また、体調の変化や小さな異変を見逃さないようにしてください。特に乳がんはセルフチェックができるので、少しでも違和感があるときは、すぐに受診するようにしましょう。

 

参考: