がん、医療従事者との付き合いを考える

がんや病気について医師や看護士に聞きたいことがあっても、「お医者様は忙しいから」とか「質問したら怒られるかも」と相談しにくいと考える方もいると思います。しかし、自分の体のことは、自分が一番知っておかないといけません。
今回は、医療従事者とのコミュニケーションはどう取れば良いか、をご説明します。

主治医との対話の重要性

がんの治療は長期間に及びます。治療を受ける患者は、医師とコミュニケーションを取り、自身で納得をして治療方針を決めることが重要です。

一般人には分からない病気や治療法を知っているので、威張った態度を取る医療従事者がいるかもしれません。しかし最近の医療従事者も、患者とその家族と十分話し合わなければならないと強く思っています。

コミュニケーションを取るには、まず医師と患者の間での信頼関係を作ることが大切です。患者が医師に対して不信感をあらわにしていると、医師とのコミュニケーションは取りにくくなります。挨拶など基本的なことからも、お互いを尊重しあう気持ちは持てます。病気の情報は、書籍、インターネットで役立つ情報を収集することも出来ますが、やはり、医師とのコミュニケーションは不可欠です。

自分の意思を伝える

大切な自分の体が病に侵されているのですから、医療従事者に対して必要以上に遠慮することはありません。自分が聞きたいと思っていることを聞かなければ、相手に気持ちは伝わりません。

がんの段階によって、生じる疑問や不安は異なってくると思います。現在の状況や、そこから生じる不安や疑問を率直に伝えていくことが大切です。例えば、今後の検査や今までの生活が送れるかどうかなどを聞くことは大切です。

また、治療方法について、今の段階で受けられるものや、医師が勧める治療方法の理由を聞いても構いません。質問することで、納得したり、より疑問が生まれたりと様々ことが起こるでしょう。しかし、このようなプロセスを経ないとコミュニケーションは取れないのです。

忙しい医師とのコミュニケーションの取り方

そうは言っても、忙しい医師との会話は、難しく感じてしまいます。ポイントとなるのが、質問のタイミングや聞き方です。

病院によっては一人の医師がたくさんの患者を抱えている場合があります。その場合、医師は時間がなくて、患者とゆっくり話をする時間を割けないこともあります。そういうときには、相談する時間を事前に予約しておくことをお勧めします。忙しい医師でも時間を調整してもらえるはずです。

また、限られた時間で、聞きたいこと、相談したいことを簡潔に話すことも必要です。医師を目の前にすると、緊張して戸惑うこともあるでしょう。
そんな時は、質問や相談したい点を、あらかじめ紙にまとめて書いておくと良いです。紙を見ながらでもメモを取りながらでも、簡潔に話せば医師もちゃんと説明してくれるはずです。

納得して治療できるように

「最初はわかったつもりでいても、後で考えたら理解できなかった」あるいは「病名や治療方針を突然伝えられてショックで何も理解できなかった」「医師が専門用語をつかっていたが、遠慮して詳しく聞かなかった」など、後になって、もっと話を聞きたいと思うこともあるでしょう。

がんの治療は、長期戦となることが多いので、医療従事者としっかりとコミュニケーションを取ることが欠かせません。患者への誤解がないようすること、また患者に一番いい選択が出来るようにと考える医療従事者は多数います。

患者サイドも、自らが納得できるまで話合うことが大切です。まずは、今回ご紹介した内容を実践してみてください。

photo credit: Alex E. Proimos via photopin cc