自分に合ったがん治療ができる病院や担当医の選び方

がんと診断されたら、そのまま検査を受けた病院で治療を始めるのがいいのか、それとも、ほかの病院を探したほうがいいのか判断に迷うところです。担当医を選ぶ基準も、正直わからないかもしれません。そこで今回は、自分の望む治療を受けるためにも重要な、病院や担当医の選び方について考えてみましょう。

病院と医師の専門性を重視する

がん患者さんにとって、治療を受ける病院を選ぶのは非常に重要なことです。しかし、検査や診断を受けた病院で治療を始めるという方が多いといいます。果たして、それは患者さんにとってベストな選択だといえるのでしょうか。

現実的には、がんと診断されたことの重大さを受け止めることに精一杯で、自分がどのような治療を望み、どのような形でがんと向き合うのが理想なのかというところまで考える余裕がないケースが多いようです。まずは、自分がかかったがんに対する専門性を持ち合わせた病院や医師を探すことを考えてみましょう。

がん診療連携拠点病院を探す

ひとくちにがん治療といっても、病院や医師によって見識や治療法が異なるケースがあります。そのため、より自分に合った病院を探したいものです。そこで、日本全国どこに住んでいても質の高いがん医療を受けられように、厚生労働大臣が指定した病院を「がん診療連携拠点病院」といい、2017年4月現在で400カ所が指定されています。また、がん診療連携拠点病院のない地域では「地域がん診療病院」を指定しており、2017年4月現在で34カ所あります。

より専門的な治療や相談を希望する場合は、がん診療連携拠点病院を探してみましょう。厚生労働省のサイトや「がん情報サービス」のサイトで調べられるほか、地域に開設されているがん相談支援センターで案内を受けることもできます。

がん治療認定医を探す

がん治療の専門的な知識や技術を持つとして、日本がん治療認定医機構が認定する医師を「がん治療認定医」といいます。その資格認定には、セミナーの受講と試験の合格が必要です。さらに、5年ごとに更新があるため、認定医はがん医療における最新の知識を備えているといえるでしょう。

がん治療認定医に担当医になってもらうのも、選択肢のひとつです。がん治療認定医は、日本がん治療認定医機構のサイトで探すことができます。

病院や医師の専門性以外にも注目したいポイント

病院や担当医を選ぶ際は、専門性以外にも注目したいポイントがあります。それを以下でご紹介しましょう。

症例数と治療の実績

取り扱ったがんの症例数や治療の実績は、確認しておきたいポイントです。症例数が多い病院や医師は、同じ種類のがんでも多くの患者さんの治療を経験しており、より自分に近い症例を扱っている可能性が高くなります。自分の理想とする治療方法を選ぶためにも、どのぐらいの症例を扱っているのか、どの程度の入院日数で対応しているのかといった、具体的なところまで調べるのが重要です。

そのような情報は、「病院情報局」のサイトで確認できるほか、「がん情報サービスサポートセンター」に電話で問い合わせることができます。

がん以外の病気への対応

がん診療連携拠点病院は、がん治療に関する高い技術や専門的な知識を持っています。しかし、糖尿病や腎臓病といったがん以外の病気については、十分な対応ができない可能性があります。特に持病のある人は、その病気にも対応できる病院なのか、あるいはほかの病院との連携が確立されているのか、事前の確認が必要です。

病院や医師との相性も重視しよう

もうひとつ重視したいのが、病院や医師との相性です。

がん治療は、入院期間だけで完結するものではありません。退院して自宅に戻ったあとも、定期的に体調や病気の状態を診てもらう必要があります。また、退院後にはちょっとした体調の変化も不安に感じるものです。そのようなときには、担当医にアドバイスを求めたくなるでしょう。

ところが、相性が悪いと感じる医師が相手では、気軽に相談することができません。退院後の定期検査にも、消極的になるでしょう。どんなに評判がいい病院だったとしても、それではデメリットのほうが大きくなってしまいます。患者さん自身が心から信頼し、安心できるということは、病院や医師を選ぶうえで非常に大切な要素です。

 

参考: