より適切な治療計画を立てられる「病理診断」とは?

「病理診断」とは、患者さんの治療方針を立てるときに、最終的な判断を行うために実施されているものです。「病理診断」は、専門の知識を持った医師によって行われ、これにより患者さんは適切な治療を受けることができます。今回はこの病理診断について、解説します。

病理診断の種類は3種類

病理診断を行うには、まず患者さんの体から採取された病変の組織や細胞から、顕微鏡のガラス標本を作ります。そして、この標本を顕微鏡で観察して診断を行います。病理診断には、いくつかの種類がありますが、その中で代表的なもの3つについてご紹介します。

1.細胞診断

肺がんや膀胱がんになっている場合は、痰や尿の中にがん細胞が混じることがあるので、分泌物を顕微鏡で調べて、がんの有無、転移などを調べる方法です。また、子宮がんでは子宮頚部から細胞をとって調べます。のどや、乳がんのしこりなどは、細い針を刺し、取れた組織を調べて、がんの有無を判断します。

2.生検組織診断

治療方針を決めるために、胃や大腸などを内視鏡で検査を行う際に、病変の一部を切り取り、その一部を組織標本とします。これを「生検」と呼びます。生検が、がんなのか他のものなのか判断し治療方法を欠点する、というわけです。

3.手術中の迅速判断

緊急の手術が必要であり、細胞診断や生検組織診断を行う時間がない場合に、手術中に病変を切り取り、10分程度で病理診断を行います。診断結果が、執刀医に迅速に伝えられて、手術方針が決定されます。どの範囲まで手術をするかなど判断をするために非常に重要な役割を果たします。

病理診断のメリットは大きく4つ!

体の組織の一部を取って病気の状態を判断する「病理診断」には、大きく分けて4つの利点があります。

1.がんが良性か悪性かの判断

たとえば、胃の検査で、ポリープや粘膜が荒れているような症状が見つかった場合、病理診断では、胃潰瘍であるか、胃がんであるかを、実際の組織を見て判断を行うことができます。そのため、良性のものを間違って手術するなどということを、防ぐことができると考えられます。

2.がんの転移があるか、原発はどこかの判断

がんは転移した場合でも、もとの組織のたんぱく質をそのまま引き継いでいます。たとえば、胃の組織を検査している際に肺のたんぱく質が発見された場合、それは肺からの転移であると判断がされます。

3.治療計画が立てやすい

病変を切り取って詳しく調べるため、どの抗がん剤が一番有効であるかなど、適切な治療計画を選択することができると、考えられます。前出の転移の有無、原発がんの箇所の発見などは有効な情報として利用されます。

4.病理診断の医師と臨床医の連携

病理診断は、専門のトレーニングを受けた医師により行われます。一方、生検組織診断の際の組織の切り出しや、実際の外科手術は臨床医により行われます。病理診断では、病理診断医と臨床医が連携して、組織や細胞からの判断だけでなく、前後の経過も含めて、最適な治療方法を行うことができるのです。

誤診の悲劇を防ぐためにも

患者さんにとって、最も心配なのは、誤った治療が行われること。症状の悪化や間違った手術が行われてしまうと、取り返しがつきません。特に、乳がんの誤診により、乳房の摘出などが行われてしまうなどの悲劇も考えられます。

病理診断は、がんの治療法を決定する最終的な判断方法として大きな役割を担っています。臨床医と病理診断医が連携プレーをして、患者さんに適切な情報を伝えることが不可欠です。

photo by http://pixabay.com