がん患者さんの支えとなる医療コーディネーター

近年、医療コーディネーターが認知されてきています。医療の専門知識を持ち、24時間365日体制で医療機関との橋渡しや療養生活のサポートなどさまざまな相談ができる、がん患者さんにとって非常に心強い存在です。

医療コーディネーターとは

医療コーディネーターは、患者さんと医療者の間を取り持ち、豊富な医療知識をもとに患者さんの希望する治療や療養が受けられるようにサポートしてくれます。あくまでも第三者として中立的な立場をとり、特定の病院や治療法などをすすめることはありません。

また、国家資格ではなく、一般社団法人やNPO法人などが独自の基準で資格を認定しています。

医療コーディネーターのサポート内容

がんの治療・療養の患者さんには、さまざまな不安や悩みがつきまとうものです。しかし、忙しい主治医にこまごまと相談するのは気がひけるという人が多いかもしれません。特定の看護師にずっと相談にのってもらうことも難しい場合が多いでしょう。また、病院内のサポートは規定の時間内にしか対応してもらえません。それが医療コーディネーターであれば、いつでもどこでも、さまざまな相談に応じてもらえるのです。希望すれば、ずっと同じコーディネーターにサポートしてもらうこともできます。

なお、医療コーディネーターへの相談内容は、主に以下のようなものが挙げられます。

医師との橋渡し

がんと診断を受けた直後は動揺が大きく、医師の説明が頭に入りにくいというケースが多くあります。ご家族が同席したとしても、説明の内容を理解するのが難しいことがあるでしょう。また、聞きたいことがあるのに、うまく話せないという人も少なくありません。そのようなときには、医療コーディネーターが病院に同行し、診察や医師の説明、話し合いに同席してくれます。そして、自宅などのリラックスできる環境でゆっくりとわかりやすく説明してくれるのです。また、患者さんの不安なことや知りたいことなど気持ちを整理する手助け、医師への質問の仕方のアドバイスを受けることもできます。

ほかにも、主治医の変更や転院を希望する場合には、間に入ってさまざまな調整を引き受けてくれます。

治療法を決定するための手助け

がん治療では、患者さん自身が納得できる治療法を選ぶことが大切です。医療コーディネーターはその手助けとなるように、主治医の説明をわかりやすく解説してくれるほか、治療法のメリットとデメリット、別の選択肢として考えられる治療法についても幅広い情報を提供してくれます。また、主治医の話にはなかった情報を提供してくれることも少なくありません。患者さんの仕事や家庭の事情についても考慮し、最良と思われる治療法をともに探してくれるでしょう。

仕事やご家族に関するサポート

がんを患うと、仕事上の悩みも出てきます。会社への事情説明に困っているときは、医療コーディネーターに話し合いへの同席を依頼すれば、仕事と治療のバランスなどを考えながら最良の選択ができるようにサポートしてもらえます。

また、ご家族に小さなお子さんや介護が必要な方がいる場合も、事情に合わせた対応策を考えてくれます。

療養生活のサポート

両親や子どもが住む場所に近い病院へ移りたい、自宅で療養生活を送りたいといった希望についても、実現に向けて相談にのってくれます。

また、術後のリハビリ、後遺症の予防や対処法、病状に応じた食事をはじめ、療養生活のなかで生じた心配ごとや悩みに関しても、的確なアドバイスを受けられるでしょう。

医療コーディネーターの依頼に必要な料金は

医療コーディネーターへの依頼にあたっては、日本医療コーディネーター協会の場合、原則として依頼後48時間以内の応対を目指しているとのことです。契約は協会とではなく、コーディネーターと個別に結ぶことになり、料金は実働に応じて1時間までは10,800円、その後は30分ごとに5,400円(税込、2017年3月現在)が協会基準となっています。なお、遠隔地の場合には移動日当、交通費、宿泊費などが別途かかることがあります。

日本医療コーディネーター協会では電話やメールだけでの相談は受けていませんが、ほかにも医療コーディネートサービスを提供する会社があるので、サポート内容をよく検討し、ニーズに合うところを探してみましょう。また、料金については、事前に十分確認してください。

なお、医療コーディネーターに関する費用は医療費控除の対象外なのでご注意ください。

いざというときは医療コーディネーターを頼りにしよう

がん患者さんには、一人ひとり違った悩みや心配ごとがあるものです。それにきめ細やかな対応してくれる医療コーディネーターは、患者さんの大きな支えとなります。いざというときには、依頼を検討してみましょう。

 

参考: