抗がん剤治療が引き起こす皮膚障害

抗がん剤治療は、がん細胞だけでなく正常細胞にも影響が及ぶケースが多く、副作用の出現は珍しいことではありません。抗がん剤の副作用は吐き気や脱毛のイメージが強いですが、肌が荒れたり黒ずんだりといった皮膚障害を引き起こすこともあります。そこで今回は、抗がん剤治療による皮膚障害についてご紹介します。

抗がん剤によるさまざまな皮膚障害

抗がん剤治療によって生じる皮膚障害は、さまざまなものがあります。以下で確認してみましょう。

殺細胞性抗がん剤による皮膚障害

がん細胞の細胞分裂を阻害する殺細胞性抗がん剤に多くみられる皮膚症状です。

  • 発疹・発赤
    赤いぶつぶつや赤い斑点ができたり、ざらざらしたりするほか、ほてりや熱感があるケースもあります。
  • 燥性皮膚炎(掻痒性皮膚炎)
    皮膚が乾燥して、粉をふいたようになり、かゆみを伴います。ひび割れや出血をおこすこともあります。
  • 色素沈着
    しみや黒い斑点ができたり、顔、爪、手足が黒ずんだりします。
  • 手足症候群
    手のひらや足の裏の皮膚が硬くなり、腫れが生じます。皮膚がつっぱったりむずむずしたりするほか、痛みを伴うことが多く、進行すると水ぶくれができる場合もあります。
  • 爪の変形
    爪が変形する、欠ける、はがれるといった症状です。爪の周囲に炎症が起きたり、出血したりすることもあります。

分子標的型抗がん剤による皮膚障害

分子標的型抗がん剤は、皮膚に関連した副作用が高確率で発現することが知られています。症状は薬剤によって異なるといわれています。

  • ざ瘡様皮疹(ざそうようひしん)
    頭、顔、胸、上背部、下腹部、腕、足などに、にきびのようなできものが現れます。
  • 爪囲炎(そういえん)
    爪のまわりに炎症が起き、腫れや痛みがでます。さらには爪に亀裂が生じ、肉芽が形成されることもあります。
  • 手足症候群
    手のひらや足の裏の皮膚が硬くなって腫れが生じ、皮膚がつっぱったり、むずむずしたりします。痛みを伴うケースが多く、症状が進むと水ぶくれができることもあります。

皮膚障害が起きる理由

皮膚の組織のなかで最も細胞分裂が盛んな表皮の基底層の細胞は、抗がん剤による影響を受けやすいといえます。その基底細胞がダメージを受けると、表皮の再生能力が低下します。また、皮脂腺や汗腺が抗がん剤の影響を受けると皮膚が乾燥しやすくなり、外部の刺激から皮膚を守るバリア機能も弱まります。そうなると、乾燥性皮膚炎をはじめとした炎症を引き起こしやすくなってしまうのです。

また、爪をつくりだす爪母細胞が抗がん剤の影響を受けると、爪の変形や変色などを招くことがあります。

皮膚障害の症状を軽減するには?

日常のスキンケアに気をつけることで、皮膚障害の症状を軽くできる可能性があります。以下の注意点を確認してみましょう。

  • 清潔を保つ
    皮膚の乾燥を抑えるために、入浴やシャワーのお湯の温度はぬるめにします。石けんは低刺激性・弱酸性のものを使い、泡立てた泡で優しくなでるように洗ってください。そして、石けんの成分が皮膚に残らないように、よく洗い流しましょう。タオルで体についた水気をふくときは、ごしごしとこするのではなく、皮膚を優しく押さえるようにしてください。
  • 十分に保湿する
    入浴やシャワーのあとは、5~10分以内に保湿剤をたっぷりと塗りましょう。特に就寝前には多めに塗り、手袋や靴下を着用するといいでしょう。水仕事や手を洗ったあとも、その都度保湿剤を塗ってください。
  • 皮膚への刺激を避ける
    締め付けるタイプの衣類は避け、長時間の歩行や立ち仕事は控えてください。また、日焼けの予防を心がけ、外出時には帽子や日傘、日焼け止めクリームを使いましょう。ただし、日焼けクリームは種類によっては肌への刺激が強い場合があります。日焼け止め効果を優先するのではなく、アルコールや添加物の少ないものを選びましょう。効果が弱いクリームでも、こまめに塗り直すことで補うことができます。

予防的スキンケアと早めの対処を

抗がん剤による治療が始まったら、「清潔を保つ」「十分に保湿する」「皮膚への刺激を避ける」といった、予防的スキンケアを心がけます。そして、皮膚障害の症状が出現したら、必要に応じてステロイド剤や抗生剤などで早めに治療してください。皮膚障害の症状はゆっくりと出現するため、見過ごしやすいといわれます。入浴時などに全身をよく観察するといいでしょう。

皮膚障害がつらい場合は、がまんをしないで担当医に相談してください。早めの対処をして、効率的に治療を続けられるようにしましょう。

 

参考: