がんの療養生活のなかで「自分らしく生きる」こととは?

がん治療を受けるにあたって、自分らしく生きるために治療法を選ぶという話をよく耳にします。これは、どのようなことを意味しているのでしょうか。今回は、がん治療に大切だといわれる「自分らしく生きる」ことについて考えてみましょう。

「自分らしく生きる」ことの意味

「自分らしく生きる」といわれても、何が自分らしいのかわからないという人は多いかもしれません。しかし、「仕事を続けたまま通院治療をしたい」「すぐに手術したい」「生まれ故郷の病院で治療を受けたい」といった、療養生活に関する希望はあるのではないでしょうか。「自分らしく生きる」ということとは、自分がどのように生きたいのかという希望を明らかにする作業なのです。

病状や治療法についてどこまで知りたいのかを明確にする

自分らしく生きるには、自分の生き方にふさわしい治療法を選択することが大切だといわれます。その判断をくだすために必要なのは、自分のがんの状態、治療法の選択肢などを把握することです。

自分のがんに関するすべての情報を把握し、治療法の決定に加わりたい、自分の思いの丈を伝えたいと考える人は、少なからずいらっしゃると思います。しかし、なかには基本的なところさえ把握できれば十分で、治療法の決定は医師に任せたいと考える人もいるでしょう。

自分が望んでもいないのに、がんや治療法に詳しくなる必要はありません。病気についてどこまで知りたいのかを明確にするのも、自分らしく生きるということなのです。

時間が限られるケースも想定する

療養中やその後の生活において、自分が何を望んでいるのかを考えるときは、治療が難しい状況になるケースも想定しておきましょう。患者さん本人の希望と周囲の人の意識に、食い違いが生じるのは珍しいことではありません。限られた時間をどのように過ごしたいのか、ご家族や友人と共有しておくことが大切です。

専門家に相談する

療養生活のなかで心配ごとや悩みごとが出てくると、自分らしく生きることがあと回しになる場合があります。そのようなときは家族で悩むのではなく、専門家に相談することをおすすめします。

がんの療養生活を支える専門家は、担当医や看護師だけではありません。管理栄養士、薬剤師、ソーシャルワーカー、心理士、リハビリテーション医、緩和ケア医、精神腫瘍医など、さまざまな分野の専門家がいます。

例えば、ソーシャルワーカーは、安定した療養生活を続けられるようにサポートしてくれます。仕事の悩みや治療費の相談、転院や在宅治療への移行など、幅広い相談ができるでしょう。

全国のがん診療連携拠点病院にある「がん相談支援センター」では、がんに関する質問や相談を受け付けています。自分のがんについてはもちろん、治療法や療養生活全般、心の悩み、家族の心配まで、あらゆる相談ができます。なお、国立がん研究センターがん情報サービスサポートセンターでは、全国のがん相談支援センターを案内しているので、相談したいことがあるときは問い合わせてみてください。

  • がん情報サービスサポートセンター
    電話:0570-02-3410(ナビダイヤル)
    受付時間:平日10~15時

近い将来の目標や夢を持って療養生活を過ごそう

がんと闘うことは、心身ともに大きな負荷がかかります。がんになったという事実が頭から離れず、以前はどのように暮らしていたのか思い出せないという人がいるかもしれません。そこで、希望どおりの療養生活を送るためにも、自分に合ったストレスへの対処法を見つけることをおすすめします。ヨガや深呼吸、ストレッチ、水泳など、心身の緊張を取り除く方法を探してみましょう。

また、療養生活ではさまざまな感情がわいてくるものです。決して自分のなかにため込まず、家族や友人、カウンセラーなどに話すようにしましょう。日記に書くのも、いい方法です。

自分らしく生きるために、近い将来の目標や夢を設定し、希望を持って療養に取り組みましょう。