胃がんの術後の食事、どうしたらいい?

胃がんにおける胃の摘出手術後に心配になるのは、やはり「食べること」についてですよね。そこで、術後の食事について知っておきたい基本的なポイント、食べやすい食品や消化しやすい調理法をご紹介しましょう。

術後の食事のポイント

退院直後、食事量を少しずつ増やせるようになってきたら、体の状態を見ながら食事も柔軟に対応していくことが大切です。最初は、食べられるもの、食べたいと思うものから少しずつ食べ始めるとよいでしょう。

  1. 食事時間はできれば規則的に

    退院後、3カ月くらいまでは、朝昼晩の3食に加えて、2~3回の間食を目安に食べるとよいとされています。できれば、食事は規則的にとるようにしましょう。食事をとる時間が規則的なほうが体も食事することに適応しやすく、便通も安定しやすくなります。ただし、食事をとるのがつらいときは、無理して食べる必要はありません。

  2. 1回の食事量は少なめに

    体調がよくとも、手術で消化する働きは低下していますので、食べ過ぎることがないように気をつけましょう。

  3. よくかんで、ゆっくり食べる

    胃腸の負担を和らげますので、よくかんで、ゆっくり楽しく食べることを心がけましょう。

  4. 食材や量は少しずつ増やす

    食事内容は、繊維質の多いもの、油っこいものは、少量から始めましょう。食事量も段階的に増やしてください。術後3~4カ月経つと、1回の食事量が増えてきて間食を減らしていくことになりますが、個人差がありますので、体に合った食べ方を心がけてください。

  5. がんばらずに、気楽に

    術後1年くらい経つと、食事がある程度普通にできるようになるので、今は思うように食べられなくてもあまり気にせず、気楽にかまえていましょう。食べることがストレスになっては本末転倒です。

おすすめのメニューは?

食べ物は、消化しやすいものならば何でもよいと言えます。鶏肉は皮を避け、牛肉や豚肉ならば、脂肪分の少ない部位を選ぶようにしましょう。魚は、あじ、かれい、すずき、さけ、たら、ひらめなどがおすすめです。飲み物も、番茶や麦茶などがよいでしょう。紅茶やコーヒーを飲む場合には、薄めのものにしましょう。

消化しやすい料理は?

  • 主食

おかゆ、おじや、煮込みうどん、マカロニグラタン、柔らかいパンなど

  • たまご

温泉たまご、たまご豆腐、茶わん蒸し、スクランブルエッグ、オムレツなど

そぼろ煮やつくねなどのひき肉を用いた料理、肉団子の甘酢あんかけやミートボールスパゲティなど肉団子を用いた料理、シチューなどの煮込み料理など

味噌煮、あんかけ、照り焼き、塩焼きなど

  • 豆腐

湯豆腐、冷奴、炒り豆腐、白和え、納豆など

  

その他、コンソメやポタージュなどのスープも利用するとよいでしょう。便秘を防ぐためにもこまめな水分補給が大切です。

間食は栄養確保を意識して

術後しばらくの間は、胃の負担を軽くするために1回の食事量は少なめになりますので、間食は栄養確保のためにも重要になってきます。

間食としておすすめなのは、バナナや桃、洋ナシ、りんごなどのくだものやカステラ、ホットケーキ、たまごボーロ、ビスケット、ババロア、ゼリー、カスタードプリンなどです。くだものは、缶詰も利用するとよいでしょう。アイスクリーム、ヨーグルトや乳酸飲料などもとりやすい食品です。

食欲がないときには?

水気が多いもの、冷たくあっさりしたものは口にしやすいので、スイカやみかんなどの果物、シャーベットやゼリー、カスタードプリンやたまご豆腐などを試してみてはいかがでしょうか。

いわし、ぶり、さんまなどの脂分が多めの魚は、ぱさつかずしっとりとして意外に食べやすいとのことです。梅酢やレモンなどの酸味を加えて、さらに食べやすくした形で食卓にのせるのもよいでしょう。ただし、脂分の多い食材は、むかつきなどを引き起こすこともありますので、自分に合った量を食べることが大切です。

主食の中では、のどごしのよい麺類や、酸味のあるちらし寿司などが食べやすいようです。

少量でエネルギーが補えるクリームチーズやピーナツバター、マヨネーズなどを利用するのもよいでしょう。

心配や不安も食欲低下の要因のひとつですので、何か気がかりなこと、心の負担になっていることがある場合には、看護師や医師に相談しましょう。

術後すぐには、控えめにしたほうがよい食べ物

手術後すぐには、脂肪分の多いバラ肉やベーコン、てんぷらやとんかつなどの油っこい料理は控えたほうがよいでしょう。魚介類についても、いか、たこ、佃煮、塩辛などは避けたほうがよいと考えられています。主食も玄米は避け、繊維の多い野菜や果物、例えば、さつまいもやごぼう、たけのこ、ねぎ、れんこん、ぜんまい、こんにゃく、パイナップル、ドライフルーツなどは控えめにしましょう。わさびやからしなどの香辛料も控えめに。

もちろん、これらの食品はずっと避けなければいけないというわけではありません。体の状態にあわせて、少しずつ食べはじめるとよいでしょう。

その他、気をつけたいこと

胃を切除すると、カルシウムの吸収が減少するとのことですので、牛乳やチーズ、大豆食品、緑黄色野菜などのカルシウムを豊富に含む食品をとるよう心がけましょう。カルシウムの吸収にはビタミンDが重要な役割を果たしますので、干ししいたけやたまごなどのビタミンDを多く含む食品をとり、適度に日光に当たるとよいでしょう。

また、胃を切除することによって胃酸の分泌が減少するので、鉄分の吸収も悪くなります。鉄分の補給には、牛肉やまぐろなど鉄分が豊富な食品をとり入れ、鉄分の吸収を助けるビタミンCの摂取も忘れないようにしましょう。

さらに、胃を全摘した場合には、ビタミンB12欠乏症による貧血が起こる可能性があります。ビタミンB12の補給については担当医師の指示にしたがうようにしてください。

参考:

あきらめないがん治療 輝鳳会がんのクリニック 詳しくはこちら