ご家族ががんになったときにすべきこと

がん治療を受ける患者さんにとっては、ご家族のサポートが大きな力となります。しかし、実際にご家族ががんと診断されたとなると、どうすればいいのかと悩んでしまう人が多いでしょう。そこで今回は、がんになったご家族を支えるためのポイントをご紹介します。

がんを患ったご家族の気持ちに寄り添う

がんと診断されて治療に取り組むことは、精神的に大きな負担となります。動揺や不安をはじめ、さまざまな感情に見舞われるでしょう。そういった気持ちを理解することは、がんになったご家族の心の大きな支えとなります。

気持ちを理解するということは、患者さんと同じ気持ちになるという意味ではありません。話に耳を傾け、共感することが大切なのです。とはいえ、がんになったご家族がいつでも自分の胸の内を話してくれるとは限りません。そういったときは、一緒に沈黙の時間を過ごしたり、体にそっと手を添えたりすることで、寄り添う気持ちが伝わることもあります。

また、がんと診断された人は、その事実を受け入れる過程で、周囲につらくあたったり、子ども返りをしたり、病気であることを忘れたかのようにふるまったりと、理解しにくい行動をとることがあります。そのようなときは、大きなストレスに向き合っているのだと考え、静かに見守るようにしましょう。

注意したいのは、「がんばって」という励ましの言葉です。がんの患者さんはすでに十分にがんばっているということを頭に置いて、励ましすぎないようにしましょう。また、患者さんの口から弱音がこぼれたときは、「そんなことを言わないで」とたしなめるのではなく、「つらいんだね」といった共感の言葉をかけるようにしましょう。

認識しておきたい「家族の役割」の変化

がんになったご家族に気を使いすぎると、孤独感を深めてしまうことがあります。過剰な特別扱いは避け、できるだけそれまでと同じように接しましょう。

ただし、ご家族ががんになることによって、家族の「役割」が変わることがあります。例えば、一家の大黒柱として家族を守る立場だったのが、がんの診断を境に支えが必要になることがあります。また、今までは守られる立場だったのが、先頭に立ってがんに罹患したご家族をサポートすることになるケースもあるでしょう。そのような家族の役割の変化を受け入れるのはとても大変なことで、時間がかかるものです。

家族間の役割の変化が生じると、気持ちが混乱したりストレスを感じたりするのは珍しいことではありません。それを知っているだけで、変化を受け止めやすくなるでしょう。しかし、あまりにも精神的な負担が大きい場合には、心のケアを受けることを考慮したほうがいいかもしれません。

自分自身のことをおろそかにしない

ご家族ががんになると、ケアに一生懸命になって自分自身のことがおろそかになりがちです。しかし、自分が倒れてしまっては、がんになったご家族を支えることができなくなります。自分自身の心と体をよい状態に保つために、以下のポイントを参考にしてみてください。

  • リラックスする時間を持つ
    1日に少なくとも15~30分は、趣味に費やしたりテレビを観たりしてリラックスする時間にあてましょう
  • 軽いエクササイズをする
    ちょっとした時間を見つけて、ストレッチのような軽いエクササイズをするのがおすすめです。深呼吸をするだけでも試してみましょう。
  • 今までと同じ活動をする
    犬の散歩やジム通い、習いごとのような習慣や活動は、できるだけ続けることをおすすめします。まったく同じようにとはいかなくても、そうすることでストレスの感じ方が変わってきます。

精神的な負担は、患者さんご本人だけでなく、そのご家族にとっても大きなものです。ときには、日常生活に支障をきたすほどの不安や不眠、食欲不振などが生じることもあります。そのような状態が2週間以上続くときは、専門家に相談してください。

心配ごとを抱え込まず専門家の手助けを受けよう

がんの治療・療養中には、さまざまな心配ごとがあるはずです。つらいことや困ったことがあるときは、自分だけで解決しようとするのではなく、ぜひ専門家の手助けを受けてください。がん相談支援センターでは、検査や治療、副作用に関することだけでなく、医療者とのコミュニケーションや支援制度、家族や社会との関わりなど、あらゆる相談ができます。近くのがん相談支援センターの連絡先を調べておくといいでしょう。

参考: