がん細胞を兵糧攻めに!「動脈塞栓術(そくせんじゅつ)」に注目

2人に1人ががんになるといわれている昨今、がん治療に関するさまざまな研究が進められています。そして、がんは治らない病気ではなくなりました。しかし、なかには標準治療では効果が期待できない症例もあります。今回は、そうしたがんに対する効果的な治療法として注目されている「動脈塞栓術(そくせんじゅつ)」についてご紹介します。

動脈塞栓術の治療内容

動脈塞栓術は、がん細胞へと繋がる血管に詰め物をして栄養や酸素の供給を遮断し、がん細胞を死滅させる治療法で、もともと肝細胞がんや動静脈奇形、子宮筋腫などの血流を止めることで治療効果が認められる疾患に用いられていました。それをさまざまながんに適用できるのではないか、抗がん剤との組み合わせでより効果的な治療ができるのではないかとの発想から、日本で研究・開発が進められてきました。

動脈塞栓術のメリット

動脈塞栓術には、患者さんへの負担が少ないというメリットがあります。以下で具体的に確認してみましょう。

  • 全身麻酔の必要がありません。
  • 開腹手術ではないため、短期の入院で済みます。
  • 保険が適用され、患者さんの経済的負担が少ない治療法です。
  • 動脈塞栓術では、血管内に入れたカテーテルから注入する詰め物(塞栓物質)に抗がん剤を染みこませて、がん細胞を直接攻撃します。通常より抗がん剤の投与量を抑えることができ、全身に影響をおよぼすことが少ないため、副作用も軽くなるといわれています。
  • がん細胞が大きくなりすぎて手術ができない場合や、奥深い場所にある切除が難しいがん細胞などにも有効です。動脈塞栓術でがん細胞を小さくしてから、手術で切除する方法を用いることもあります。
  • 転移して複数の部位にがん細胞が広がっている場合も治療可能で、もっとも急を要する患部から動脈塞栓術を施します。

医療機関での現状

動脈塞栓術は、肝細胞がんに対しては比較的多く行われています。しかし、現状ではそれ以外のがん治療へ積極的に取り入れている医療施設は少ないようです。その理由は、ふたつあるといわれています。

ひとつは、動脈塞栓術に必要な医療機器を揃えなければならないことです。画像診断で使われる血管造影CT検査機器は非常に高額で、メンテナンスにも費用がかかるため、医療施設の大きな負担となるでしょう。

もうひとつは医療技術の問題です。動脈塞栓術はがん細胞へ栄養や酸素を送っている血管を特定することが肝心です。しかし、その診断技術を習得するのはたやすいことではないといいます。また、カテーテルを血管内へ安全に、そして正確に送り込む技術も必要です。

普及が待たれる動脈塞栓術

動脈塞栓術は、標準治療では効果が得られないと診断されたケースでも治療効果が期待でき、患者さんの身体的な負担が少ない治療法です。医療機器の準備や医療技術の習得など、さまざまな課題はあるようですが、さらなる研究が進み、多くの医療施設で受けられる治療になることが待たれています。

生活の質を維持しながらがん治療をする場合、治療法の選択肢は非常に大切です。動脈塞栓術をそのひとつとして、担当医の説明を受けてみてはいかがでしょうか。

 

参考: