対話でがんの不安や悩みを和らげる「がん哲学外来」

一般的ながん相談窓口やセカンドオピニオン相談とは異なる「がん哲学外来」が各地に広がりつつあり、患者さんやそのご家族が相談に訪れています。このがん哲学外来とは、どのようなものなのでしょうか。その取り組みをご紹介します。

患者さんと医療スタッフのギャップを解消すべく生まれたがん哲学外来

がん哲学外来は、2008年に順天堂大学医学部附属順天堂医院が、がんについて患者と語り合い相談にのるために開設した、無料の対話型外来から始まりました。がん哲学外来が一般的ながん相談やセカンドオピニオン相談と違うところは、患者さんやそのご家族の安心につながる対話の場であるという点です。

近年、がんは完治できる病気になり、適切な治療を受けて順調に回復すれば日常生活に復帰できるようになりました。しかし、自分自身や身近な人ががんと診断されるのはショッキングなことで、精神的な苦痛を抱える人が多くいます。その一方で、医療スタッフは病状や治療方針を説明することで患者さんに「安心」を伝えていると認識しがちなところがあります。このような、両者の意識に存在するギャップを解消するために生まれたのが、がん哲学外来なのです。

がん哲学外来の活動内容

がん哲学外来の目的は、「がんであっても尊厳を持って人生を生きることのできる社会」の実現と、がん患者さんがさまざまな人との対話を通して、「病気であっても病人ではない」安心した人生を送れるように寄り添うことであるとしています。

がん哲学外来はあくまでも「対話の場」であり、医療スタッフが一方的に医学的なアドバイスをする場ではありません。患者さんが自身の不安や悩みを打ち明けることで、医療スタッフの学びの場にもなるのです。そのため、患者さんと医療スタッフが対等に話をしやすい雰囲気づくりをする工夫がなされています。施設によっては、お茶を飲みながらゆったりと対話ができる、「メディカル・カフェ」という形態をとっているところもあります。

なお、一般社団法人がん哲学外来では、次のような活動を展開しています。

  • がん哲学外来とメディカル・カフェの開設
  • がん哲学外来の活動を広く周知する広報・啓蒙活動
  • がん患者さんや一般市民を対象にしたシンポジウム・セミナーの開催
  • ほかの医療施設との連携活動
  • 研究活動
  • ニュースレターや機関紙の発行
  • 市民学会の開催
  • がん哲学外来コーディネーターの養成

がん哲学外来を訪問したいときは?

がん哲学外来は、日本全国各地に100カ所(2016年9月現在)あまりが開設されています。運営するのは医療関係者や患者、ボランティアなどで、施設によって異なります。

一般社団法人がん哲学外来のホームページ(http://www.gantetsugaku.org/clinic.php)に各地のがん哲学外来の連絡先が掲載されているので、最寄りの施設に問い合わせてみるといいでしょう。また、治療を受けている病院に紹介してもらう方法もあります。

自分らしく生きることを大切にしよう

がんを治療して健康を取り戻すことは、とても重要で大きな目標となります。しかし、どんなに治療が順調に進んでいても、患者さんは不安や悩みからなかなか解放されないものです。そのようなときに、多くの人との対話を通じて自分らしく生きることについて考えるのは、とても大切なことです。生きることの意味を考えたいときには、がん哲学外来を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

参考: