抗がん剤の副作用と治療効果のバランスについて

がん治療を受ける人にとって、大きな不安要素となるのは副作用です。その症状や出現タイミング、出現期間などは、非常に気がかりなところでしょう。また、副作用で体力を消耗して病状が悪化するケースや、あまりにも副作用が強すぎて治療が継続できなくなるケースもあるといいます。

現在では、がん治療におけるほとんどの副作用の詳細が明らかになっており、適切な対処ができるようになっています。しかし、副作用対策を医療スタッフ任せにするのではなく、可能な範囲で自分でも積極的に取り組むことが大切です。今回は副作用の種類と症状、治療効果とのバランスについて考えましょう。

がん治療における抗がん剤の役割

抗がん剤の開発が進むにつれ、化学療法はがん治療において重要な役割を果たすようになってきました。

例えば、手術でがんを摘出する場合には、事前に病巣を小さくするために抗がん剤を服用することがあります。また、再発の可能性を低減する目的で抗がん剤が用いられることもあります。さらに、再発や転移したがんの治療においては、抗がん剤でがん細胞の増殖を抑え症状を緩和することで、QOL(quality of life)の維持を目指す場合があります。

抗がん剤と副作用の関係

抗がん剤はがん細胞に対する効果だけでなく、正常な細胞にも影響をおよぼします。その結果、現れるさまざまな症状が副作用です。

副作用の強さや現れ方は、抗がん剤の種類や服用する量、患者さんの体調などによって変わってきます。一般的に現れやすい副作用を、以下で確認してみましょう。

  • 吐き気や嘔吐
    食後・空腹時にかかわらず吐き気を感じる状態になり、実際に嘔吐することもあります。多くの抗がん剤で見られる副作用で、シスプラチンやイリノテカンなどでは高確率で発現します。また、ドセタキセルやパクリタキセルといった抗がん剤でも、中程度の確率で症状が現れることが確認されています。
  • 手足のしびれ
    手足の指先の感覚が鈍くなったり、しびれたような感覚が続いたりします。パクリタキセル、ドセタキセル、ビンブラスチンといった植物アルカロイド系の抗がん剤や、シスプラチン、オキサリプラチンといった白金製剤などで発現するケースが多いとされています。
  • 便秘
    薬の作用によって胃や腸の運動を調整する自律神経やホルモンが影響を受けたり、小腸などの働きが抑制されたりすることで、排便が困難になる場合があります。特に、ビンクリスチンやパクリタキセルといった植物アルカロイド系の抗がん剤は、便秘を引き起こしやすいといわれています。
  • 下痢
    小腸や大腸の粘膜の吸収機能が低下し、下痢になることがあります。特にイリノテカンは下痢を引き起こしたのちに便秘になり、腸閉塞を起こすことがあるので注意が必要です。また、分子標的治療薬の副作用としても頻繁にみられます。
  • 味覚障害
    味覚を感じる味蕾(みらい)や神経が薬の影響を受けると、味がわからなくなったり、違う味に感じたりする場合があります。フルオロウラシルは亜鉛の吸収を悪くすることがあり、味覚障害を生じやすいといわれています。
  • 口内炎
    口の中に潰瘍ができ、ピリピリと痛みを感じる症状です。口腔粘膜は細胞分裂が活発な部位なので、抗がん剤の影響が現れやすいといわれています。特にフルオロウラシル、メトトレキサート、ドキソルビシンなどが口内炎を起こしやすい抗がん剤として挙げられます。

体調変化を見逃さず副作用と上手につきあおう

継続的な抗がん剤治療でがんを死滅させるには、患者さんが体力を維持できることが大前提です。そのため、抗がん剤の使用にあたっては、副作用の状況と治療効果のバランスを重視して判断がなされます。たとえどんなに効果のある抗がん剤だとしても、食事がまったくとれなくなるような副作用が続いている状況では、投与の中断や薬剤の変更を検討する必要があるのです。

現状の抗がん剤治療では副作用が避けられないため、副作用の発症時期や現れ方をある程度管理することで対応します。しかし、副作用の強さや頻度には個人差があります。担当医は患者さんの体調と治療効果のバランスを逐一確認していますが、患者さん自身も日常の変化を細かくチェックすることが大切です。

例えば、「十分な睡眠をとれているか」「食欲はあるか」「食事をおいしく食べられているか」「だるさやしびれを感じていないか」「気持ちが沈みがちになっていないか」といったことをノートに書き留めておき、少しでも変化があった場合は早めに担当医と相談するようにしましょう。副作用とうまくつきあい、よりよい治療を続けるためには、体調の変化を見逃さないことがポイントです。

 

参考: