ヒートショックプロテイン(HSP70)の効果で免疫力を高めよう!

がんの治療・療養中に免疫力を高めるには、低体温を避けて体を温めることが大切なのは、以前からいわれるところです。近年、その理由のひとつとして、ヒートショックプロテイン(HSP70)と体温の関係が示唆されています。今回は、免疫力の向上に深く関わると考えられているヒートショックプロテインについてご紹介します。

ヒートショックプロテインとは

はじめに、ヒートショックプロテインについてご説明しましょう。

1962年にイタリアの遺伝子学者リトッサは、ハエに熱ストレスを与えると新しい遺伝子が現れることを発見しました。この新しい遺伝子から合成されるたんぱく質が、ヒートショックプロテインです。ヒートショックプロテインは熱だけでなく、化学物質、加圧ストレス、運動負荷、飢餓、精神的ストレスなど、さまざまなストレスによって誘導されることから「ストレスたんぱく質」とも呼ばれ、大腸菌から人間までほとんどすべての生物に存在するといわれています。

  • ヒートショックプロテインの種類
    ヒートショックプロテインは1種類だけでなく、ストレスによって作用や分子量の異なる複数のたんぱく質が同時に誘導されます。今回の記事では、ストレス応答により最もよく誘導され、多くの研究が進められている分子量70kDaのHSP70というヒートショックプロテインについて取り上げます。
  • ヒートショックプロテインの働き
    さまざまなストレスによりたんぱく質が傷つき、異常なたんぱく質が細胞に蓄積すると、細胞は病的な状態になります。ヒートショックプロテインは、ストレスによって傷ついたたんぱく質を修復したり、修復不可能なたんぱく質の分解を促進したりすることで、細胞が病的な状態にならないようにします。このような、ストレスから身を守るための生体防御作用、NK細胞活性化による免疫増強作用などが、ヒートショックプロテインの働きとして知られています。

入浴でヒートショックプロテインの作用を高める方法

細胞は43℃以上になると死滅しますが、40~42℃のマイルドな加温ではヒートショックプロテインを増加させて熱ストレスから身を守ろうとします。この温度はお風呂のお湯と同じであるため、入浴方法を工夫することでヒートショックプロテインの作用を高められると考えられているのです。

ヒートショックプロテインを増加させる入浴方法の研究では、全身浴の1日後と2日後においてヒートショックプロテインの増加が認められました。しかし、シャワー浴では、ヒートショックプロテインの量的変化はみられなかったそうです。これは、全身浴が体の芯までしっかりと温め、深部体温を十分に上昇させるためだと推察されます。また、全身浴を毎日継続することで体温が効率よく上昇し、ヒートショックプロテインの増加につながるとも考えられています。

具体的な入浴方法としては、全身入浴の場合は湯温42℃で10分間、湯温41℃で15分間、湯温40℃で20分間、入浴剤を使い湯温40℃で15分間が有効だそうです。また、湯温40℃で10分間の全身浴を5日間継続したのちに、40℃で15分間の入浴を行う方法もあるので、体調や体力に合わせて選ぶといいでしょう。おこなう方法も有効だそうです。半身浴の場合は、湯温40℃で25分間が効果的だとされています。

温熱療法を取り入れる際には注意が必要

がん細胞も正常細胞も、42.5~43℃程度で死滅し始めます。しかし、正常細胞は血管の拡張などによって熱を逃がすことができるため、がん細胞のほうが先に死に至ります。この性質を利用し、熱でがん細胞だけを死滅させようとするのが温熱療法です。温熱療法はまだ研究段階のため、標準治療と捉えられてはいませんが、放射線療法や化学療法と併用することでそれぞれの治療効果を高めたり、患者さん自身の免疫力を高めたりする効果があるといわれています。

しかし、ヒートショックプロテインが増加している状態では、がん細胞に対しても熱から守る作用があるため、温熱療法の妨げとなりかねません。温熱療法を受けているときや、取り入れる予定がある場合は、ヒートショックプロテインを増やさないようにしましょう。

日常の入浴で免疫力アップ

日本では、古くから健康を維持・増進する方法として湯船につかる入浴や温泉が親しまれてきました。これは、ヒートショックプロテインの性質や作用にかなった習慣だといえます。療養中も、体調の許す範囲で入浴するといいでしょう。家族や友人と銭湯や温泉に出かけ、心身ともにリフレッシュするのもおすすめです。

ただし、前述したように温熱治療中、もしくはその予定がある場合は、控えるようにしてください。

 

参考: