がん治療中だからこそ取り入れたいメイクの工夫

がん治療で入院しているときは美容のことを考える余裕がなかったけれど、社会復帰がみえてくると治療でできた皮膚の変色や脱毛が気になってしまう方が多いといいます。自分らしく自信をもって生きるためには、おしゃれは大切な要素です。そこで、今回はがん治療中、特に抗がん剤治療中だからこそ取り入れたいメイクの工夫についてご紹介します。

自分らしい容姿を取り戻すことは前向きに生きるための第一歩

健康なときは、ノーメイクでもあまり気にしないという人は少なくありません。それは、自分らしさに不安がないからだといえるでしょう。

がんと診断された人の多くは、自分らしい生活や社会との繋がりを諦めなければならないかもしれないと、不安を覚えるといいます。そして、治療によって脱毛や皮膚の変色といった美容に関するトラブルが生じると、自分らしさが奪われように感じられ、前向きに生きる気力が失われる可能性もあるのです。

しかし、ケアによって自分らしい外見を取り戻す、あるいは、見た目の変化を隠すのではなく新しい自分の魅力を作り出すことができると、がん治療に前向きに取り組む気持ちが生まれ、生き生きとした生活を送れるようになるようです。

失われた自信を取り戻すためのメイク術

抗がん剤治療の影響によって、肌の色がくすんだり肌のハリがなくなったりする場合があります。そうなると、いかにも不健康そうな見た目になってしまい、自信を失いかねません。しかし、メイクの工夫をすることで、失われた自信を取り戻すことができます。

肌の保湿

多くの場合、抗がん剤は肌の代謝リズムを乱す原因となります。そのため、肌が乾燥しやすくなり、色がくすんでしまうこともあるのです。そこで、刺激の少ない基礎化粧品やクリームを使って、日常的に全身の保湿を心がけましょう。特に、メイク前に美容液や乳液を多めに使って保湿をしておくと、生き生きとしたナチュラルメイクがしやすくなります。

ファンデーションは全体に肌色をなじませるように使う

ファンデーションでくすんだ肌の色を整え、ツヤ感を演出します。ファンデーションはパウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプなどがありますが、肌の状態や感触の好み、季節などによって使い分けましょう。

また、気になるシミやクマ、くすみは、部分用ファンデーションでカバーします。強いくすみには、オレンジ系やイエロー系がおすすめです。

肌全体をナチュラルな印象に仕上げるためには、顔の中心にしっかりとファンデーションを塗り、外側に向かって薄く伸ばしましょう。また、ファンデーションを使う順番も工夫してみてください。例えば、リキッドやクリームを使う場合は、部分用ファンデーションはあとから重ねます。そして、最後に粉おしろいを使います。パウダータイプの場合は、先に部分用ファンデーションをなじませておき、そのあとに全体に重ねるように使うといいでしょう。

眉やアイラインを描く

顔の印象を左右する眉やまつ毛が薄くなったり抜けてしまったりした場合は、アイブローやアイライナーなどで描き加えます。アイブローやアイライナーにはさまざまなタイプがありますが、ペンシルタイプとパウダータイプを組み合わせると、自然に仕上がります。

眉毛が抜けてしまうと、本来の眉の位置がわからなくなってしまいます。印象を変えたくない場合は、自分の写真を参考にしながら眉を描くとよいでしょう。

アイラインは、目尻から目頭に向かって描いていきます。まつ毛の抜けた部分は、アイシャドーチップや綿棒でぼかすように仕上げてください。

肌のツヤ感を上げるチークと口紅

ファンデーションで肌の色を整えたら、チークで生き生きとしたツヤのある肌に仕上げます。ファンデーションは使いたくないけれど、顔色を明るく見せたいというときにも、チークは効果的です。笑ったときに頬で一番高くなる部分を中心に、楕円形にふんわりとぼかしましょう。

口紅は、縦に色を伸ばす要領で塗ります。唇が乾燥しているときは、事前にリップクリームを塗って潤いを与えましょう。

メイクをして治療に前向きに取り組もう

がんと診断されても社会復帰をして、日常生活のなかで自分らしく生活しながら前向きに治療を続ける人が増えています。それには、自分の容姿に自信を持てることが大切です。治療が進んで、体への負担なくメイクができるようになったら、美容的な工夫を積極的に取り入れてみましょう。

 

参考: