がんの局所治療とは?

がんの治療法には、大きく分けて「局所治療」と「全身治療」があります。しかし、それぞれの特徴は知らないという人が多いのではないでしょうか。そこで今回は、がんの局所治療に注目し、そのメリットやデメリットついてみていきます。

「局所治療」と「全身治療」の違い

まず、「局所治療」と「全身治療」の定義を確認しましょう。

局部治療は病巣を直接治療する方法で、がんが特定の部位にのみ留まり、転移などが確認されていない場合に選択されます。具体的には以下のような治療法です。

  • 病巣を直接切除する外科療法(手術)
  • 放射線をがん細胞めがけて照射する放射線療法
  • レーザーなどを用いてがん細胞を攻撃する光線力学療法

患者さんに手術や放射線照射に耐えられる体力が維持されていること、あるいは、手術時の麻酔に耐えられることが条件となります。

全身治療は、がん細胞が体の複数箇所で確認される場合や、全身におよんでいる場合に選択されます。具体的には、以下のような治療法です。

  • 抗がん剤による化学療法
  • 免疫細胞を活性化してがんの撃退を目指す免疫細胞療法

化学療法は副作用がコントロールできることを条件に用いられ、副作用が強い場合には治療を中断することがあります。

局所治療のメリット

外科療法による局所治療は、がん細胞とその周辺の細胞を切除します。また、放射線療法による局所治療は、がんの病巣に放射線を照射することでがん細胞を死滅させます。つまり、局所に留まっているがん細胞を直接取り除くので、がんが転移していない場合は根治できる可能性が高いのです。

さらに、抗がん剤治療でみられるような、正常な細胞への影響による副作用が少ないので、体への負担がある程度軽減されます。

局所治療のデメリット

外科療法による局所治療では、再発予防の観点からがんの病巣だけでなく、周囲の正常な細胞を含めた大きな範囲を切除するのが一般的です。そのため、がん細胞を完全に取り除ける一方で、細胞組織や臓器の機能低下が生じる場合があります。

また、放射線療法による局所治療では、正常な細胞にも影響がおよぶ場合があります。体の奥深くに発現したがん細胞に放射線を照射した場合、病巣の手前にある正常な細胞までもが放射線によるダメージを受けてしまうのです。抗がん剤治療に比べれば正常な細胞へのダメージは少ないといえますが、部位によっては完全にがん細胞だけを狙っての照射が難しいことがあります。

単独の局所治療で根治できるケースは限られる

がんの標準的な治療法には外科療法、放射線療法、化学療法があり、病巣の状態や体調に合わせて最適なものが選択されます。このうち局所治療にあたるのは、外科療法と放射線療法です。

局所治療が単独で行われる場面としては、放射線治療によってがんの根治が見込めるケースが挙げられます。体への負担が少ないため、通常どおりの社会生活を送りながら治療を受けられる場合があります。

また、外科療法が単独で行われるのは、病変の範囲が小さい初期のがんや、がん化する可能性が高い腫瘍が見つかったケースで、転移がなく再発の可能性も低い場合に限られます。

上記以外の多くの場合は、単独の局所治療だけでがんの根治を目指すのは難しいため、局所治療と全身治療、もしくは複数の局所治療を併用します。具体的には、外科療法でがん細胞を切除したあとに化学療法で再発を予防するケースや、放射線療法で病巣を縮小させてから外科療法で切除するケースなどがあります。また、標準療法(外科療法、放射線療法、化学療法)と免疫療法を併用して、再発防止を図ることもあります。

がんの根治とQOLの維持を目指して

局所治療だけを用いたがん治療は、条件が限られています。多くのケースで複数の治療法を併用するのは、体への負担を軽減し、QOL(生活の質)を維持しながら治療を継続できるという理由があります。体調と病状をつぶさに観察し、そのときどきで最適な治療法を選ぶことが大切なのです。

それぞれの治療法のメリットとデメリットを理解したうえで、どのような治療を望んでいるのか、どのように生活を維持していきたいのかを担当医と密に話し合い、自分の意志を反映した治療法を選びましょう。

 

参考: