ホントにがんは遺伝する?

「がんは遺伝する。」よく聞く言葉ではありますが、本当なのでしょうか?また、遺伝する確率はどのくらいなのでしょうか?
がんにかかる人が多いからこそ、この言葉の意味するものを、しっかりとご紹介したいと思います。

遺伝が占めるがん発症の割合

ある特定のがんが、ある特定の家族内で発症する事が知られています。しかし、がん発症には、さまざまな要因があります。タバコを吸う、あるいは肥満体質であるなど、がん発症を高める危険因子を家族が共通していると、遺伝に関係なくがんになることもあります。

一方で、世代間で受け継がれてきた異常な遺伝子が、原因となる事もあります。しかし、親から受け継いだ遺伝子の変異や欠損が原因となる遺伝性のがんは、がん全体の5〜10%くらいを占めます。つまり、遺伝するがんは、そうでないがんに比べて多くないのです。

DNAと遺伝子—そして病気の関係

遺伝子は親から子へ伝わる因子であり、遺伝情報をもった生物の設計図全体の事です。その設計図の情報が実際に書き込まれたものが、DNAです。DNAに通常とは違う情報が書き込まれていると、生物全体の設計図が間違った物となります。それが、人間個体の病気、がんにつながるのです。

遺伝するがんの代表的な3種類

1. 乳がん

多くの女性は、家族のメンバーに乳がんの方がいるととても心配します。確かに、姉や母など一等親内に乳がんの家族がいる方は、ない方に比べてがんになる確率が2倍になると言われます。しかし、遺伝の人は一部であり、遺伝とは関係のない乳がんが多いのが事実です。
遺伝性の乳がんとしてはBRCA1,BRCA2 という遺伝子の異常が知られています。最近ではハリウッド女優がこの遺伝子の異常を心配して乳房切断手術を受けましたが、遺伝子に異常があると必ず乳がんになる訳ではなく、乳がんになる確率が高くなるのです。

2.大腸がん

家族性大腸ポリポーシスは、遺伝するがんとして有名です。APCという遺伝子の異常が原因となります。この病気は若いときに大腸にたくさんのポリープができ、そのポリープががんになってしまうのです。遺伝子の検査で異常が発見されると大腸をとってしまい、大腸がんになるのを予防する事もあります。壊れたDNAを修復する遺伝子の異常が原因となる遺伝性非ポリポーシス大腸がんというのもあります。この家系の方は、大腸がん検診を若いうちからうける事が勧められています。

3.網膜芽細胞腫

異常な細胞をコントロールして成長を止めるRbという遺伝子の異常から、子供のときにかかるがんです。

遺伝性のがんになる人たち

それでは、どういうときにがんの遺伝を心配しなくてはならないのでしょうか?最初にお話したように、ごく一部を除くとがんは、遺伝病ではありません。しかし、下記のような場合は、親から受け継いだ遺伝子の異常ががんの原因となる事があります。

1.滅多にない稀ながんになった (腎臓がんなど)
2.普通より若い年代でがんになった(20代で大腸がんなど)
3.一人で複数の異なったがんが発症した場合(乳がんと卵巣がんの併発)
4.複数ある同じ臓器にがんが発症した(両方の目、腎臓、乳腺に発症したがん)
5.子供のときに兄弟間で同じがんにかかった(肉腫など)

しかし、これも遺伝子の影響か、それとも、タバコを吸う習慣などのがんの危険因子を家族が抱えているかを見極める事ことが大切です。冷静に判断してください。

遺伝があってもなくても検査は大切!

ご紹介したように「遺伝するがん」はありますが、その数はそうでない物に比べ、少ないのが事実です。家族と同じがんにかかるかはわかりません。しかし一方で、家族にがん患者がいないから安心だということもありません。

まずは、がん検査をする事が大切です。不安のある方は、毎年の検診をお勧めします。

あきらめないがん治療 輝鳳会がんのクリニック 詳しくはこちら