疼痛治療に用いられるモルヒネとは?

モルヒネは、がん治療の一環として行われる疼痛ケアの中心的な薬です。しかし、医療用麻薬に分類されていることもあってか、日本ではモルヒネに対する誤解や偏見が根強く、使用することに恐怖心を抱く人が多いようです。

モルヒネは、その有用性が広く確認されており、がんの痛みを抑えるだけでなく、がんの進行による激しい咳や息苦しさを緩和する効果も認められています。

今回はモルヒネに関する知識を得て、その理解を深めてみましょう。

疼痛治療の必要性

そもそも痛みという感覚は、体が危険な状態であることを知らせる警報の役目をしています。ですから、人が痛みに慣れることはありません。それどころか、痛みが続くことで恐怖心を強め、病状への不安が増大してしまうのです。やがて、恐怖や不安はストレスとなって気力を衰えさせ、免疫力や体力を奪うことにもなりかねません。そうなると、治療効果が期待できない状態に陥る可能性があります。したがって、痛みは早急に解消する必要があるのです。

がんによる痛みを解消するには、痛みの原因となるがんを取り除くことが一番です。具体的には、手術によってがん細胞を取り除く、あるいは抗がん剤や放射線治療によってがん細胞の増殖を抑えたり、消滅させたりすることが該当します。

しかし、こうした治療でも痛みが取り除けない場合は、鎮痛剤を投与することになります。

鎮痛剤に使われる薬

鎮痛剤には、痛みの発生原因となる炎症を抑えて痛みを解消するものと、痛みを感じる神経伝達経路を遮断するものがあります。

世界保健機構(WHO)が発表しているガイドラインによると、がんの痛みに対する薬物治療には非ステロイド性消炎鎮痛剤とオピオイドの使用が推奨され、オピオイドのなかでもモルヒネはその中心的な薬剤とされています。さらに、これらの薬と組み合わせて使用する薬剤として、ステロイド剤や抗痙攣剤なども挙げられています。

なお、鎮痛剤の使用にあたっては、以下の基準が設けられています。

  • 簡便な経路で投与すること
  • 規則正しく、定時投与をすること
  • 痛みを除くために必要十分な量を投与すること
  • 鎮痛薬の副作用を確実に予防する対策をとること

炎症を抑える非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

痛みはがん細胞そのものが原因となるだけでなく、がん細胞が出す化学的物質(炎症物質)で周りの細胞が炎症を起こすことでも発症します。後者の痛みを緩和するには、がん細胞に化学的物質を作らせないようにする非ステロイド性消炎鎮痛剤や副腎皮質ステロイドが用いられます。

痛みの信号を止めるオピオイド

患部で発生する痛みが神経線維を通じて脳に信号が達することで、私たちは「痛み」という感覚を認識します。オピオイドは、この痛みの信号をブロックすることで鎮痛効果を得る薬です。鎮痛効果の強さによって用いられる薬剤が異なり、リン酸コデインをはじめとした効果の弱いものは弱オピオイド、モルヒネをはじめとした効果の強いものは強オピオイドに分類されます。

モルヒネは危険な薬?

モルヒネは多くの場合、強い痛みに対応する薬として使われます。モルヒネに代表される強オピオイドの投与によって、80〜90%の痛みが緩和できるという報告があります。

1986年にWHOの疼痛治療指針が発表されて以来、日本での疼痛ケアには標準的にモルヒネが用いられています。その理由としては、モルヒネは、粉末、錠剤、内服液、貼付剤、坐薬、注射剤など多くの剤形がそろっており、必要に応じて投与方法が選択しやすいことが挙げられます。

優れた鎮痛作用が確認され、使用しやすいというメリットがあるにも関わらず、モルヒネにはネガティブなイメージがあります。おそらく、モルヒネの依存性と副作用が、危険な薬だというイメージに結びつけているのではないかと考えられます。

モルヒネの依存性と副作用

モルヒネには耐性や依存性がありますが、これはモルヒネに限らず多くの薬にも認められるところです。

同じ薬を長期間使い続けると、体内に薬の成分が存在していることに慣れてしまいます。そしてその薬の効果が切れたときに禁断症状が現れるのが依存です。しかし、これは医師の指示のもとで適量を正しく使用していれば心配はないとされています。また、痛みのあるときに使用する限りでは、依存性は起こりにくいことがわかっています。

副作用としては便秘があり、モルヒネを使用したケースのほぼすべてで起きるといわれています。それ以外には、吐き気や嘔吐が確認されています。

正しい知識を得て安心できる疼痛治療を

痛みは数値で表すことができず、人それぞれに感じ方が異なるため、効果的な疼痛治療のためには医師との密なコミュニケーションが必要です。モルヒネを使うことに不安を感じるのであれば、遠慮せずに医師に伝え、納得がいくまで説明をしてもらいましょう。

モルヒネは、正しく使用することで安全かつ効果的に痛みを取り除くことのできる有用な薬です。イメージだけで怖がるのではなく、正しい知識を得たうえで適切な治療法や薬剤を選択しましょう。

 

参考: