がん治療・療養中の排便障害について

がん治療による影響で、患者さんを悩ませる症状が発生することがあります。そのひとつが排便障害です。がん治療・療養中に排便障害が起きる原因はどこにあるのでしょうか。また、治る可能性はあるのでしょうか。今回は、排便障害のメカニズムや対処法についてご紹介します。

排便障害のメカニズム

がんの治療・療養中に起きる排便障害には、便秘や下痢、排便回数の増加、便失禁などがあり、治療内容によってそれぞれ原因が異なります。ここでは、排便障害のメカニズムを治療内容ごとに解説します。

手術の場合

  • 通過障害と癒着
    手術で縫合した部位が狭くなって便の通過障害が起きたり、腸同士や腸と腹壁が癒着して腸の動きが悪くなったりして排便障害を引き起こします。
  • 排便反射の欠如
    健康な状態では、腸内の便がある程度の量に達すると、排便反射によって便意を感じます。手術で直腸を切除していると、この排便反射が正常に機能しにくくなります。
  • 肛門括約筋の障害
    手術によって、肛門を締める働きを持つ内肛門括約筋の一部、またはすべてを切除することがあります。それが原因で肛門の締りが緩くなり、便が漏れやすくなります。
  • 神経の障害や損傷
    がんとともに排便に関わる神経を切除した場合、便を送り出す動きが弱くなって排便障害を引き起こすことがあります。また、排便機能を司る神経の損傷が原因で、便がたまっているにも関わらず便意を感じなかったり、排便が難しくなったりします。

薬物療法の場合

副作用による食欲不振、吐き気、嘔吐などが原因で、食事量の減少とともに便の量が減ってしまいます。また、胃や腸の働きを調整するホルモンや神経が薬剤の影響を受け、腸蠕動がにぶくなることで排便障害となるケースもあります。

放射線療法の場合

放射線の影響で腸管粘膜が炎症を起こし、水分を吸収できなくなることで下痢になる場合があります。

排便障害の治療法や対処法

排便障害には、どのような治療法や対処法があるのでしょうか。それぞれの症状ごとにみていきましょう。

便秘

水分をとることができる状態であれば、1日1.5~2リットルの水分摂取を心がけましょう。また、便を軟らかくする薬や腸の動きを促す薬が処方されるので、排便サイクルや苦痛の程度に合わせて排便コントロールができるように、医師の指示に従って服用する薬を調整します。食事内容や運動習慣に配慮することも大切です。

下痢

薬物療法や食事療法が行われます。また、安静を保ち保温することも大切です。栄養価が高く、食物繊維の少ない消化のよい食事をとるようにしましょう。

便失禁

手術後3カ月程度経つと少しずつ改善し、半年~1年の間で多くの症状が落ち着きます。そして、2年以内には約8割の患者さんの症状が改善するといわれています。

また、以下のような対処法もあります。

  • 骨盤底筋体操
    尿道・肛門・膣を締める運動を繰り返し行い、肛門を締める筋力を鍛える方法ですが、効果には限界があります。
  • 人工肛門の造設
    便失禁がひどく、強い不快感があり、生活に支障をきたす場合に用いられることがあります。
  • 仙骨刺激療法
    2014年から保険適用となった、新しい療法です。心臓のペースメーカーのような小型の医療機器をお尻のふくらみに埋め込み、仙骨神経を刺激して便失禁を治療する方法です。7割程度の有効率があり、効果が長期間持続します。また、不要になった場合には抜去することもできます。

焦らずに排便障害と付き合う

排便障害は、治療やリハビリを行っても即時の改善は難しく、年単位で徐々に回復していくものです。

排便障害のなかでも特に気になる症状は便失禁かと思います。しかし、便秘や下痢などと同様に治療可能です。どんな症状であっても、焦らないようにしましょう。

そして、何よりも大切なことは、自分が問題に感じている症状をきちんと把握することです。「どんなとき」の「どんな症状」がつらく、困っているのかを再度確認してみてください。そうすることで専門家に症状を明確に説明できるようになり、適切な治療やサポートが受けやすくなります。排便障害の改善には時間がかかることが多いので、不快な症状は「自分でコントロールしながら療養する」「気長にうまく付き合う」という考え方で臨むといいでしょう。

恥ずかしがらずに話し合おう

たとえ医師が相手でも、排便障害について相談することや、排便障害を抱えながらの社会復帰について話し合うことに気が引けるいう人は多いと思います。しかし、問題と感じることを専門家と話し合うことが、回復への一番の近道です。便失禁に伴う機能の改善を促すケアを専門とする「皮膚・排泄ケア認定看護師」からは、失禁にともなう皮膚トラブルのケア、適切な失禁装具の選択、日常生活のアドバイスなど、より専門的なサポートを受けられます。かかりつけの病院に認定看護師が勤務している場合は、小さな悩みでも相談してみるとよいでしょう。

参考: