放射線治療の効果はがんの種類によって差がある?

近年の医療機器や医療技術の進歩には目覚ましいものがあります。がんの放射線治療に関しても例外ではなく、病巣に対する放射線の照射精度が向上するとともに、体への悪影響は減少しています。放射線治療は手術に比べて体への負担が少なく、臓器への影響を抑えつつ完治を目指せる治療法ですが、がんの種類によって効果に違いはあるのでしょうか。今回は、治療効果の観点から放射線治療をご紹介します。

放射線治療のしくみ

細胞分裂をしているがん細胞に放射線を照射して遺伝子を損傷させることで、がん細胞の増殖を抑えて死滅させるのが放射線治療のしくみです。

正常な細胞も放射線の影響を受けますが、がん細胞よりも遺伝子の傷の修復が速いため、大きなダメージにはなりません。

放射線治療の対象となるがんは?

放射線治療が用いられる主ながんは以下のとおりですが、ほとんどすべてのがんが対象になるとされています。放射線の単独療法なのか、抗がん剤や手術と組み合わせることになるのかは、病状によって変わってきます。

  • 脳腫瘍
  • 頭頸部腫瘍
  • 食道がん
  • 肺がん
  • 乳がん
  • 肝臓がん
  • 子宮頸がん
  • 前立腺がん
  • 悪性リンパ腫
  • 骨転移

放射線治療の効果と放射線感受性との関係

がんの種類によって抗がん剤の効きめに差があるのと同様に、放射線治療にも効果が出やすいがんと効果が出にくいがんがあります。放射線治療の効果は、がん細胞の「放射線感受性」によるところが大きいようです。

放射線感受性とは?

放射線感受性とは、放射線の照射によって細胞が受ける影響の度合いを意味し、一般的に放射線感受性の高いがんは放射線治療の効果が得やすいとされています。なお、放射線感受性は以下のような要素で差が生じます。

  • 細胞分裂の頻度
    細胞分裂の頻度が高い組織のがんは放射線の影響を受ける機会が多いため、放射線感受性が高くなります。
  • 細胞の分化度
    細胞分化の度合いが低い細胞は細胞分裂が盛んであることが多く、放射線の影響を受けやすいために放射線感受性が高くなります。
  • 細胞内の酸素濃度
    エックス線やガンマ線による放射線治療の効果には、がん細胞内の酸素濃度による影響があるといわれています。これは、酸素濃度が高いと、放射線の照射によって活性酸素のような細胞を障害するラジカルが多く発生するためだと考えられています。

したがって、貧血の患者さんは細胞内の酸素量が少なく、放射線感受性が低いといわれています。

がんの種類による放射線感受性の違い

がんの種類による放射線感受性の違いをみてみましょう。一番上の白血病がもっとも高く、下にいくほど低くなります。

  • 白血病
  • 精巣がん
  • 悪性リンパ腫
  • 皮膚がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 乳がん
  • 膀胱がん
  • 咽頭がん
  • 子宮頸がん
  • 前立腺がん

放射線感受性が高いがんでも放射線治療の効果が低いケース

放射線感受性の高さと放射線治療の効果が必ずしも一致するわけではありません。放射線感受性が高いがんであっても、がん細胞の増殖スピードが放射線治療の効果を上回るケースがあるからです。また、放射線感受性が低いがんは、放射線治療が効かないというわけではありません。放射線の照射量を増やすことができれば、治療効果が得られます。

効果的な放射線治療を受けるために

放射線治療を受けるにあたっては、十分な治療効果を得るために心得ておくべき点があります。

放射線治療は1回で終了することもありますが、複数回に分けて照射するケースが少なくありません。後者の場合には、治療を中断しないことが重要です。放射線治療にはタイミングがあり、そこから外れてしまうと効果的にがん細胞へダメージを与えることができないのです。また、治療期間を通しての放射線照射量が減ると、効果が大きく低下してしまうので、計画どおりに治療を受けましょう。

参考: