免疫療法と副作用 がん治療の最前線―免疫治療を探る

私たちの体には病原体や異物が体に入ってきたときにそれらを排除しようとする機能「免疫」が備わっています。免疫はがん細胞などの異常な細胞も排除しようとします。この免疫をより強化することによって、がん細胞をやっつけてやるのが、免疫療法です。そこで、今回は免疫療法について、詳しくご紹介します。

私たちを守る「免疫」とは何者なのか?

私たちの体には細菌、ウイルス、寄生虫などの病原体や、自分とは異なる異物が体に入ってきたときにそれらを排除しようとする機能「免疫」が備わっています。例えば、体内にがん細胞などが発生した場合、有害物質として認識し、生体を病気から保護します。

がんは、異常細胞の増殖からはじまります。実は、健康な人でも放射線や紫外線、化学物質などの発がん物質の影響で、からだの中でがん細胞の元となる異常な細胞が毎日できているのです。しかし、私たちの体内にある免疫システムが、それらを探知し、丹念にやっつけているため、全ての人が必ずがんになるわけではないのです。

免疫療法の種類を知ろう

体内に生じた異常な細胞が、免疫システムの監視をすり抜けると、がんになってしまいます。免疫の力が強ければがんは押さえ込まれますが、がんの力が免疫の抑止力を上回ると、がんが発症してしまいます。つまり、免疫力とがんのパワーバランスが、「がんになる」「がんにならない」の明暗を分けるのです。そこで、免疫をさらに強化することによって、がん細胞をやっつけるのが免疫療法です。それでは、免疫療法の種類を見ていきましょう。

がん細胞への武器となる抗体を用いて、がん細胞に直接結合してがんを攻撃する「抗体療法」。がんの認識するマーカーを投与し、がん細胞を認識しやすくさせてがんを攻撃する「ペプチドワクチン療法」。がん細胞をやつける免疫細胞の能力を高めて、がん細胞を攻撃する「高活性化NK細胞免疫療法」「活性化リンパ球療法」。がん細胞攻撃の情報伝達司令部の働きをする樹状細胞を増やしてがんへの攻撃力を増やす「樹状細胞療法」などがあります。がんの治療で、一般的に行われている外科手術療法、抗がん剤化学療法、放射線療法につづき、免疫療法が「第4の治療法」として期待されています。

免疫療法の歴史を紐解くと・・・

19世紀の終わり、米国の外科医William Coley氏は、がん患者に溶連菌を強制的に感染させました。そこで毒性の強い菌を感染させれば免疫が刺激され、結果的に活性化された免疫システムががんをやっつけることを突き止めたのです。これが免疫療法のはじまりでした。しかしながら、当然、がんではなく溶連菌感染症で亡くなる患者も多く、がんを殺せるほど免疫を強く刺激する物は、そもそも生命にとって危険なものと認識されました。
その後、繰り返し安全な物を求める研究が繰り返しなされました。
そして現在、治療に用いられる免疫療法では、重篤な副作用はありません。免疫を強化した際におこる反応として、軽度の発熱、炎症の増幅、自己免疫(過剰に免疫が反応し自己を攻撃する)などは、副作用として起こりうるものですが、それほど問題とはなっていません。
ただし、現在の免疫療法は、100%の効果は期待できていません。そのため、体に害の少ない方法で、免疫を強化する研究は続いています。

免疫治療のこれから

免疫療法は、がん細胞に対する攻撃力を高めて、がんをやっつけようとするものです。そして、副作用のより少ないがんの新しい治療法です。手術、化学療法、放射線療法の三大療法と、この免疫療法をうまく組み合わせることで、がん治療の新しい展望は開けていきます。そして免疫療法は、分子レベル、遺伝子レベルでの研究は続いており、今なお発展を続けています。

あきらめないがん治療 輝鳳会がんのクリニック 詳しくはこちら