がん治療における東洋医学の役割

がん治療において完治は最も重要な目標ですが、がんを完全に死滅させることには限界があるのも事実です。そこで、がんとうまく付き合い、生涯自分らしく暮らし続ける方法を見つけたいと考える人も多いでしょう。

多様な治療法や薬が開発され、好結果が報告されているなか、治療や療養の選択肢がより広がると考えられます。そこで気になるのが、東洋医学の存在です。専門医師と相談のうえで、西洋医学だけではなく東洋医学もうまく利用し、自分らしい治療法を探りたいという人もいるのではないでしょうか。

今回は、がん治療において東洋医学が果たす役割についてご紹介します。

東洋医学の考え方

体にがんがあっても自分らしい生活を維持しながら生涯をまっとうできるように、がんの進行を遅らせる、もしくは止めることでがんとの共生を探るのが東洋医学の考え方です。西洋医学のように外科的手術を施して患部を直接治療するのではなく、体全体のバランスを整えることでアプローチします。例えば、漢方薬を処方することで、体力の維持・向上や副作用の軽減などに効果的な役割を果たすのです。

では、漢方薬とはどのようなものなのでしょうか。

漢方薬の特徴

漢方薬は食品に分類される民間薬とは異なり、医師や薬剤師など資格を持った人だけが扱える医薬品です。なかには保険適用のものもあります。

漢方薬を大きく分類すると、次のようになります。

  • 補剤(ほざい)
    体に足りないものを補って機能を高め、病気に打ち勝つための体力や抵抗力を向上させる
  • 瀉剤(しゃざい)
    体の不調の原因や病気そのものを改善する
  • 和剤(わざい)
    中和して少しずつ解毒する

漢方薬と西洋薬の違いは、その成分にあります。単一成分の西洋薬に対し、漢方薬は複数の成分で構成されています。例えば、シャクヤクの根、ミカンの皮、紅花、キキョウの根といった植物の根、花、実などを乾燥させたものや、鉱石を削った粉、動物を原料としているのです。こうした漢方薬の原料のことを、生薬といいます。漢方薬は、いくつかの生薬を患者一人ひとりの状態(病気に対する抵抗力、全身の状態、病気の症状)に合わせて配合されています。そのため、たとえ同じ症状であっても、別の人が処方された漢方薬では期待どおりの効果が得られない可能性があります。

緩和ケアや副作用の軽減に用いられる補剤

がんの標準治療である手術、放射線治療、抗がん剤治療は、がん細胞を直接攻撃して消滅あるいは縮小させることができますが、正常な細胞にもダメージを与えてしまいます。このダメージによって体力が落ちると、治療効果が思うように現れなかったり、治療を継続すること自体が難しくなったりします。

このような状況で体力を回復させるには、漢方薬では補剤を使用します。補剤は緩和ケアや副作用の軽減にも使われることがあります。

緩和ケア

東洋医学では、心と体のバランスを取ることで痛みやつらさの緩和をはかります。そして、全身の状態を高めることを目指すのです。

主に使用される漢方薬には、次のようなものがあります。

  • 補中益気湯、十全大補湯、人参養栄湯
    全身の倦怠感を緩和する
  • 牛車腎気丸、芍薬甘草湯
    疼痛を緩和する
  • 大建中湯
    便秘や腹部の膨満感を緩和する

副作用の軽減

抗がん剤治療の副作用が激しいと、治療を継続できなくなる場合があります。しかし、抗がん剤は決められた量を一定期間続けて投与してこそのものです。漢方薬は、こうした副作用の軽減や緩和の効果が期待されています。

以下は、漢方薬が用いられる副作用の一例です。

  • 食欲不振や下痢
    六君子湯
  • 口内炎
    半夏瀉心湯
  • 末梢神経障害
    芍薬甘草湯

 

がんに直接働きかける瀉剤

漢方薬には体内から害のあるものを排除する「瀉」の考え方があり、通導散や防風通聖散などはがんに直接働きかけます。これらの漢方薬には下剤が配合されているため、服用にあたっては補剤との併用をはじめ、専門的な処方や用法のアドバイスを受ける必要があります。

 

炎症を抑え抵抗力を高めるために使われる和剤

例えば、がんの進行によって肝機能が衰え、肝臓の炎症を抑える必要があるときには、抗炎症作用と体の抵抗力を高める作用を持つ小柴胡湯のような和剤が使用されます。

 

西洋医学と東洋医学の両方でがんと向き合う

がん治療、特に早期がんでは、確実にがん細胞を取り除くことで、その後の生活の質が守られる可能性が高いため、ほとんどの場合で標準的な手法がとられます。そして、治療に耐えられる体づくり、がんを進行させない体づくりにも意識を向ける必要があります。そこで、東洋医学によって副作用を軽減緩和し、体力の増進をはかるのもよいでしょう。

がん治療においては、自分らしい生き方を選ぶことが重視されるようになっています。西洋医学と東洋医学の特徴とそれぞれの役割を理解し、自分らしい治療の選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

参考: