がん患者とその家族が考えておくべき災害時の対策

地震が多発する日本においては、いかなるときも地震による災害発生の可能性を想定しておかなければなりません。

災害時には、健康な人であってもケガや命を落とす可能性が高まりますが、がんの治療中・療養中の人にとっては、さらなるリスクを抱えることになります。避難先や治療のことなど、多くの不安があることでしょう。

いざというときにあわてないように、今回は災害時の対策について考えてみましょう。

平時からの準備

災害時に向けた一般的な準備として、正しい情報を得る手段の確保が重要です。停電になっても使用できる手回し式の充電ラジオや手回し充電器などを用意しておきましょう。

災害時に利用できる病院などを知っておく

自宅療養や通院治療をしている人が被災すると、通院が難しくなる場合があります。

また、避難所を巡回している一般的な医療スタッフや保健師に、がん治療に関する詳細な相談ができるとは限りません。

平時から主治医と相談し、災害時でも治療を受けられる病院や地域のがん診療拠点病院などを調べておきましょう。

治療記録や予備の薬・器具を用意する

災害が起きて混乱しているときに、口頭でわかりやすく自分の状況を伝えるのは難しいものです。薬や治療などの情報を明記した手帳を平時から用意しておきましょう。

副作用の状態をはじめとした詳細を記しておくと、いつもとは違う病院にかかるときでも的確な対応をしてもらいやすくなります。前回の治療日や最近の血液検査といった検査記録も、提示できるようにしておくといいでしょう。

薬(内服薬やインスリン、ストーマ用品など)は、余分に出してもらえるのであれば3日分から1週間分程度の予備を用意しておくことをおすすめします。

人工肛門(ストーマ)の管理には、皮膚保護材や排泄物を溜めるパウチが必要です。災害時にこれらを手に入れるのは難しいと思われます。非常用の装具を最低でも1組は用意し、携帯できるようにしておきましょう。

災害が起きたときの対応

災害時は身の安全の確保が最優先事項となります。同時に、今後の治療について情報を集めることも大切です。

主治医に連絡を取る

情報収集とともに大切なのは、自分の状況を正しく伝える工夫です。災害時に避難所へ避難した場合、多くの人と生活を共にすることとなります。健康な人にとってもつらく、ストレスの溜まりやすい環境なので、がんの治療中・療養中の人は体調悪化の可能性が高いと考えておく必要があります。できるだけ早急に主治医に連絡を入れて治療再開の算段をつけ、それまでの対処方法のアドバイスをもらいましょう。また、平時とは違う医療施設を利用しなければならない状況ならば、そのことも伝えてください。

同時に、避難所に設けられた健康相談窓口や巡回してくれる医療スタッフ、保健師に自分の状況を伝え、感染予防のために個別の部屋を確保できないか相談しましょう。

治療再開までの目処

災害時における最大の心配ごとは、治療再開までの間に病状が変化してしまうことでしょう。急ぎの対応が必要かどうかは、治療の内容によって異なります。

  • 1~2週間は問題がないケース
    胃がん、肺がん、大腸がんなど多くのがんは、抗がん剤治療が1~2週間ほど遅れても、病状の進行を心配する必要ありません。
  • 急ぎの対応が必要なケース
    白血病をはじめとした血液関連の腫瘍、胚細胞腫瘍などは、治療を継続しなければなりません。すぐに医療機関に連絡を入れましょう。

避難生活では感染に注意

不安定な環境での避難生活では、免疫力や体力が想像以上に低下します。このような状況で、特に注意したいのが感染です。

瓦礫の撤去や汚物処理はしない

治療内容や病状によっては免疫力の低下が考えられます。そこに急激な環境の変化や心的ストレスの増大が加わることで、感染のリスクが高まるおそれがあります。

被災時にはなんらかの作業を手伝わなければという気持ちが強くなるものですが、瓦礫の撤去やヘドロの処理作業はしないようにしましょう。

感染予防のポイント

マスクを着用し、可能な範囲でこまめにうがい手洗いをしましょう。朝晩と定期的に体温をチェックして、体調管理を十分にします。

水が不足している場合のうがいは、少量の水を口に含んではき出すのを何度か繰り返します。手洗いはアルコール消毒液を活用しましょう。歯みがきができない場合は、清潔な綿棒で歯や舌の表面を拭き取るのが効果的です。

ペットボトルに直接口をつけて飲み物を飲むと、時間の経過とともにボトル内に菌が繁殖することがあります。使い捨ての紙コップを使うようにしましょう。

災害時だからこそ自分の体を優先させる

災害時には周りの人や地域環境に遠慮して、自分の体調のことを伝えづらいかもしれません。また、瓦礫の撤去作業に参加しなくてはと考える人も多いでしょう。しかし、災害時で体調を維持しにくい状況だからこそ、自分自身の身の安全と体調維持を第一に考えなければならないのです。情報を把握し、医療スタッフに支援を求めることに対する遠慮や、申し訳ないという思いは必要ありません。平時から万全な準備をしたうえで、安全な行動が取れるように心がけておきましょう。

参考: