出現時期や部位によっても異なる放射線治療の副作用

がん治療における副作用は抗がん剤によるものというイメージが強いですが、放射線治療にも副作用があります。放射線治療による副作用には、どのような症状があるのでしょうか。今回は、放射線治療の副作用にスポットをあててみます。

がん治療に放射線が用いられる理由

放射線には、DNAに作用してがん細胞の細胞分裂を阻害したり、アポトーシス(細胞が自ら死ぬ現象)を起こしやすくしたりする働きがあります。がん細胞は正常細胞よりもダメージから回復しにくく、放射線の影響を強く受けることから、がん治療に放射線が利用されるようになりました。放射線治療では、正常細胞が回復できる程度の放射線を繰り返し照射することで、がん細胞の死滅を狙います。

放射線治療は局所療法のため、患部の臓器をそのまま残すことができます。また、臓器の機能を損なう危険性が低いので、治療後の生活の質を担保できることもできます。しかし、副作用がまったくみられないわけではありません。

出現時期によって異なる2種類の副作用

放射線治療による副作用は、治療後すぐに出現する「急性放射線障害」と、半年以上経ってから出現する「晩発性放射線障害」の2種類に大別されます。それぞれについて、詳しくみてみましょう。

急性放射線障害

急性放射線障害では、治療中~治療後3週間ぐらいの間に副作用が出現します。対処する薬剤がある場合も多いので、症状がみられたら担当医に相談するようにしましょう。

急性放射線障害の全身的な症状としては、以下のようなものがあります。

  • 疲労感
  • 食欲減退
  • 白血球の減少

白血球が少なくなると、感染症にかかりやすくなるので注意が必要です。口腔内、呼吸器、消化器、肛門、泌尿器などは特に感染しやすい場所なので、熱や痛み、腫れなどが生じたらすぐに受診しましょう。

また、放射線を照射した部位に局所的な影響が出ることもあります。部位によって以下のような特徴があります。

  • 皮膚
    照射部位の皮膚が赤くなったり、かゆみが出たり、水ぶくれになったりすることがあります。治療後数週間経つと回復することが多いようですが、症状がひどい場合には担当医に申し出ましょう。
  • 頭部
    脱毛、めまい、耳痛、頭痛、吐き気、嘔吐などがみられることがあります。
  • 口腔
    味覚異常、口内炎、口の渇きがみられることがあります。口腔内に痛みがある場合でも、感染予防のために歯みがきとうがいで清潔を保つ必要があります。
  • 頸部
    咽頭炎、喉頭炎が生じることがあります。これらを発症すると、のどの渇き、痛み、咳、痰、声かれなどの症状がみられます。
  • 食道
    胸やけや、食べ物を飲み込む際に痛みを感じる嚥下痛が起きることがありますが、治療後数週間経つと治ることが多いようです。熱いもの、冷たいもの、刺激の強い辛いものなどの飲食は避けるようにしましょう。
  • 上腹部
    胃や十二指腸に炎症が起きると、吐き気、痛み、不快感を感じることがあります。熱いものや冷たいもの、刺激の強いものの飲食は控えましょう。
  • 下腹部
    腸管粘膜に影響が出ると、腹痛や下痢などがみられることがあります。脂肪性食品や繊維質の多い食品、冷たいものの飲食は避けましょう。下痢の症状がある場合には、脱水に注意してください。
    膀胱の粘膜がダメージを受けると、排尿時の痛み、頻尿、残尿感がみられることがあります。ときには尿道がむくんで、排尿が困難になることも。十分な水分補給を心がけ、刺激の強いものの飲食は避けましょう。

晩発性放射線障害

晩発性放射線障害の場合は、治療後半年以上も経ってから症状が現れるので注意が必要です。ただし、現在では重篤な例は非常に稀であるとされています。

それでは、副作用の症状を放射線の照射部位別にみていきましょう。

  • 頭部
    脳組織の壊死や脳梗塞の可能性があります。脳神経に障害が起きると、脳障害、顔面神経麻痺、難聴などがみられることもあります。また、眼の場合には白内障をはじめとした視力障害が、耳の場合には中耳炎やめまいなどがみられることがあります。
  • 口腔
    口の渇き、味覚変化がみられることがあります。下顎骨や軟骨に炎症を起こすケースもあるようです。また、あごが開きにくくなることもあります。
  • 胸部
    肺が線維化して硬くなると、呼吸困難を引き起こすことがあります。食道壁が線維化した場合には、通過障害が起こりやすくなります。また、乳腺の萎縮や壊死がみられるケースもあります。さらに、心臓を包む膜の内側に水がたまると心不全の可能性があるほか、上腕神経に障害が起きると腕や手のしびれや力が入らないといった症状が現れることがあります。
  • 腹部
    腎機能の低下や腎炎が生じることがあります。また、膀胱炎の慢性化、直腸や結腸の狭窄(内腔が狭くなる)、胃腸の潰瘍の可能性があるほか、血液やリンパ液の流れが悪くなると下肢にむくみがみられることがあります。
  • 骨盤
    卵巣や精巣の場合、不妊のリスクが高くなる場合があります。
  • 足の付け根
    リンパ液が停滞し、下肢にむくみが生じることがあります。

万全の副作用対策をして放射線治療に臨もう

放射線治療は、部位によってさまざまな副作用が生じる可能性があります。治療前に、可能性が高い副作用や気をつけるべき症状、副作用が現れたときの対処法などを確認しておくといいでしょう。なお、部位や病状によっては、放射線治療が数週間に渡ることもあります。しっかりと副作用対策をして、治療を休まないようにしましょう。


参考: