がん3大治療法のメリットとデメリットを知ろう

現在、保険治療が可能ながん治療は、外科手術、抗がん剤投与、放射線治療の3つです。しかし、残念ながら、これらの治療でがんの進行を止められないことも多いのが事実です。そのため、患者さんは療前に各治療のメリットとデメリットを正しく把握しておくことが、とても大切になります。そこで今回は、これらの治療法について詳しくご紹介します。

1.外科手術

がんの病巣や、その臓器の周辺などの転移したものを切除するために行う治療法です。メリットは、がんの病巣が一気に取り除けることで、検査で分からない、ごく小さな転移がない限りは完治の可能性が高いことが挙げられます。

しかし、体にメスを入れるため、患者さんへの負担が大きく、傷の治癒に時間がかかり、痛みを伴うというデメリットもあります。また、切除により、臓器や体の機能の一部を失うこともあります。これらのデメリットを解消するために、切除する範囲をできるだけ最小限にとどめる方法や、内視鏡カメラを使用した手術が行われることがあります。

2.抗がん剤による治療

抗がん剤とは、がん細胞を死滅させたり、増殖を抑えたりする治療法です。点滴や注射、内服液を血液に通して全身へめぐらせ、ごく小さながんの転移にも効果を表すのがメリットです。

しかし、細胞生成スピードの速いものをすべて攻撃するため、正常な制帽も傷つけてしまいます。そのため、吐き気や、抜け毛などの副作用が大きく、患者さんへの負担も大きく、辛い治療となってしまいます。こういったデメリットを解消するために、吐き気などの副作用を抑えるなど、日常生活に支障のない程度に、症状を軽くすることができるような治療薬の開発も進んでいます。また、がん細胞にだけ作用する治療薬の実用も進んできています。

3.放射線治療

放射線治療は、がんの病巣部に放射線を照射して、がん細胞を死滅させる療法です。技術の進歩によりがんの位置や大きさを正確に測り、その部分だけに集中的に照射することができます。また、体の外側から放射線を当てるだけでなく、放射線を出す物質を針やカプセルに入れて、病巣部に直接挿入する治療法も開発されています。

しかし、放射線を照射する位置によっては、照射部分の炎症症状などの放射線障害が出ることがあります。また、めまいなどの全身症状があらわれることもあります。

がん治療の現在と今後を見据える

以上の3つが、現在の代表的な治療方法です。どの治療方法にもメリット・デメリットがありますが、デメリットを小さくしていくために、さまざまな研究がされていることがわかります。

それぞれの治療方法について、ある程度の知識を持っておけば、実際に医師と相談する際に役立つことも考えられます。医療技術は、日々進化しています。がん治療も負担の少ないものになっていくことは確実ですが、現在のところ治療方法についての知識をもとに、ご自身にあった治療を考えていきたいものですね。