家族が「がん」と診断されたら誰にどう相談する?

がんと診断されて悩むのは患者さんだけではありません。サポートしたいと思う家族もまた同じように悩みます。そんな時、悩みを抱え込んで途方に暮れてしまうのは、患者さんのためにもご家族自身のためにもよくありません。また、あれこれ自問自答をくりかえしているうちに、大切な時間や労力を無駄に費やしてしまうこともあります。

そのような事態が少しでも避けられるように、サポートや相談窓口、ネットワークなどについて基本的な知識をご紹介します。

知っておくべきこと

家族ががんと診断されたとき、医師との話し合いの場に同席しても「頭が真っ白で何も覚えていない」「何も思い出せない」という人は実はとても多いものです。それだけ身内が「がん」と診断されるのは家族に精神的な影響を与えます。

精神的なショックや気持ちの動揺は、人間にとってストレスに対するごく自然な反応です。しかし、一人で悩みを抱え込んだり、一人で乗り越えようとしたりすると、心身ともに大きな負担となります。ときには、適切な判断を下すことも難しくなる場合があります。

家族ががんと診断を受け、焦りやつらさを感じるときには、身近な家族や友人、相談窓口の専門家など、「誰かに相談する」「自分の気持ちを伝える」という姿勢をもつことがとても大切です。ご家族のスムーズな治療を始めるためにも、このことは心に留めておきましょう。

誰に相談すべき?

家族ががんと診断されると、焦りや不安がつのるのは当然のこと。そんなときこそ、「専門家」に相談しましょう。かかりつけ医にこだわる必要はありません。今日では、がんは日本人の2人に1人がかかると言われています。それだけ多くの患者さんやそのご家族が同じ悩みを経験しているのです。その解決に大きな力となるのが専門家です。専門家同士は連携しているため、患者さんやそのご家族が抱える悩みについてあらゆる種類の正確な情報が豊富にあります。

専門家に相談する大きなメリットは、相談する人が必要としている正確な情報を短時間で、手際よく提供できる点です。がんについての情報を個人的に集めたとしても、情報の信憑性を判断したり、情報を適切に活用したりするのは難しいものです。また、「何をどうすればよいかわからない」「とにかくつらい」という場合であっても、専門家に話しを聞いてもらうことで、気持ちを整理し、焦りや不安を落ち着かせることができます。

どのように相談すべき?

家族ががんと診断されたことをどのように相談したらよいのでしょうか。相談するときのポイントをいくつかご紹介しましょう。

  • ありのままの気持ちを伝える

相談時に、気持ちが焦り、とてもつらい思いをしている場合も多いでしょう。そのような場合には、とにかくどのように感じているのかをありのままに表現するように努めましょう。「自分のつらい思いだけを伝えるのは申し訳ない」と遠慮する必要はありません。精神的な動揺が強い場合には、専門家からカウンセラー、臨床心理士、認定看護師など適切な援助を受けられるように紹介や助言を受けられます。

  • 思いつく悩みを書き留めてみる

生活する中で「家族のことが心配で頭から離れない」という人も多いはずです。頭の中は心配事や不安でいっぱいなのもごく自然なことです。しかしながら、いろいろな事柄が錯誤して適切な助言を受けることが難しくなってしまうこともあります。まずは、思いあたる心配事や不安をメモに書き留めてみましょう。書き留めることで頭の中の整理がつき、相談したい優先順位が自然に浮かんできます。相談窓口によっては一度の相談時間に20~30分という制限を設けている場合がありますので、優先順位の高いものからじっくりと相談していくことをおすすめします。

相談してみよう

がん情報サービスのホームページ「がん情報サービス がん相談支援センターの情報(病院を探す)」では、相談窓口を手軽に探せます相談には、面談、電話、電子メールなど、いろいろな方法があります。

その他にも、それぞれのがんについての活動団体のホームページや自治体の情報誌などで、相談窓口の場所や時間、相談を受ける専門家の種類(医師、看護師、認定看護師、医療ソーシャルワーカーなど)、相談分野などについての情報を簡単に入手できます。

相談窓口に出向くこともできますが、待ち時間などがある場合がありますので、事前に電話連絡し「自分の置かれている状況(家族ががんと診断されたなど)と相談したい具体的な内容(セカンドオピニオンについて、子どもへの説明方法など)」を伝えて指示を受けるようにしましょう。事前に自分の情報を伝えることで、より適切な分野の専門家へ相談が可能となる場合があります。相談の際に自分のさまざまな情報を提供したとしても、相談を受けた専門家が許可なく第三者へ知り得た情報を伝えることはありませんので、安心してください。

専門家には病気、療養生活、医療費、仕事、小さな家族(子ども)のことなど、どんなことでも相談し、少しでも効率的に悩みや不安を解決して、病気の家族をサポートしましょう。

参考: