がん医療を支える裏方:がん細胞を見つけてくれる細胞検査士と細胞診

がん検査にはいろいろな検査があります。血液検査、超音波検査、CT検査など……。それぞれの検査の名前は聞きなれてきても、どのような検査なのかは、詳しく知らない、というものもありますね。今回は、がん検査の中から「細胞診」をとりあげてご紹介します。「細胞診」は、がんの再発の早期発見のためにも、また、見つかったしこりなどの性質を調べるためにも欠かせない検査方法です。そして、実際に顕微鏡下で見ながら怪しい細胞を探してくれるのが、細胞検査士です。お世話になっている細胞検査士についてもご紹介しましょう。

細胞診とは、どんな検査?

細胞診(細胞診断)は、顕微鏡を用いて細胞を観察して、細胞の性質を判断する検査です。検査による痛みが少なく、繰り返して受けることができるので、手軽な検査方法であると言えるでしょう。

細胞診の種類は、以下のように2つにわけられます。

スクリーニング

体内のがん細胞を見つけるために行います。

  • 自然剥離細胞診

尿、喀痰(かくたん)、胆汁、胸水、腹水などに浮遊する剥離した細胞を顕微鏡下で観察し、判定します。肺がんや膀胱がんを調べる際に行われています。正常細胞に比べてがん細胞は組織から剥離しやすいと考えられているので、細胞診におけるがん細胞の発見の可能性は高いとされています。

  • 擦過(さっか)細胞診

口腔や気管支粘膜、子宮頸部、子宮体部内膜などをへらや綿棒などでこすって細胞を摂取し、観察します。子宮頸がんや子宮体がん、口腔がんなどの検査で行われています。

穿刺(せんし)細胞診

腫瘤(しゅりゅう)などがある場合に行われます。穿刺吸引細胞診、内視鏡的細胞診とも呼ばれており、細い注射針(穿刺針)を用いて疑わしいしこりから細胞を採取して調べます。乳がんや甲状腺がんの検査で行われています。

例えば、乳がんの場合では、視診や触診、マンモグラフィなどの検査でがんが疑われる場合に、がんとおぼしきしこりに細い針を刺して吸引し、しこりの細胞を採取します。採取した細胞を顕微鏡下で観察し、細胞の特徴から、悪性あるいは良性、正常などの判定をします。「針を刺して細胞を吸引する」と聞くと、恐ろしげなイメージを抱くかもしれませんが、体への負担は少なく、簡便な検査として知られています。

どんなふうに細胞を見るの?

採取された細胞は、スライドガラスと呼ばれるガラス板に塗布されます。そして、固定、染色、封入といった一連の処理がなされて、顕微鏡下で観察できる状態になります。そのようにして作製されたスライドガラスの標本は、一枚一枚、顕微鏡を用いて観察されます。悪性が疑われる細胞が出現していないかどうか、スライドガラスの隅から隅まで丹念に調べられます。

細胞を見るのはだれ?

顕微鏡下で1個1個細胞を観察して、がん細胞を探してくれるのが、細胞検査士と呼ばれる人です。細胞検査士は、日本臨床細胞学会の資格認定試験に合格して認定された人を指します。日本には、2012年の段階で約6800人の細胞検査士がいるそうです。

診断は、細胞診専門医や病理専門医と共に行われます。

細胞診でわかること、わからないこと

顕微鏡下で観察した細胞は、次の5段階にクラス分類されることが多いようですが、臓器ごとの細かい判定基準を採用にしている場合もあります。

  • クラス1

細胞も、細胞の中にある核と呼ばれるものも、大きさがそろっており、全く異常がみとめられません。

  • クラス2

核がやや大きくなっている場合などで、ポリープがあったり、ホルモンバランスがくずれたり、炎症があったりすると出てくることがあります。再検査をすすめられることがあります。

  • クラス3

正常細胞とは異なり、初期のがんになる可能性があるとされています。精密検査が必要な場合もあります。

  • クラス4

初期のがんが疑われるので、精密検査を受ける必要があります。

  • クラス5

悪性の細胞(がん細胞)であることが明らかです。

細胞診は、採取した細胞が、悪性の細胞であるのか、そうではないのかを判断するものなので、クラス分類はがんの進行度合いや予後をしめすものではありません。したがって、クラス5と判定されても、それが進行した末期がんを意味するというわけではありません。

また、クラスの分類が、微妙な判断になる場合もあり、例えばクラス3であっても初期のがんが見つかることもあれば、クラス4でもがんではないことがあります。したがって、がんが発症しているかどうか、どのくらいのステージにあるかについては、他の検査結果もふまえたうえで診断されます。疑問に思う点があれば、医師に積極的にたずねるようにしましょう。

検査は忘れずに受けよう!

がんの検査のひとつである細胞診は、体内のがん細胞の有無を調べる検査です。そして、細胞を実際に顕微鏡で見てくれるのが細胞検査士。細胞検査士は高いスキルを持っており、たった5分間で、数万個の細胞から1個のがん細胞を見つけ出すのだとか。がん細胞を早期に発見するためにも、要精密検査になった場合にはもちろんのこと、必要な検査はきちんと受けるようにしましょう。


参考: