がんの痛みの原因を知って、適切に除痛をしましょう

痛みは私たちの体力を消耗させます。痛みが強ければ、病院に診察に行くための気力すら失ってしまうこともあるでしょう。がんの治療中も多くの人が痛みを訴えます。痛み方は人によってさまざまですが、痛みによって治療が継続しにくくなったり、自分らしいスタイルの療養生活を継続できなくなったりすることもあります。今回は、がんが痛む原因を知り、適切に緩和する方法を探っていきましょう。

痛みの原因を知ろう

がんの治療中は、多くの人が痛みを訴えます。では、このがんの痛みはどのように起こるのでしょうか? 原因ごとに見ていきましょう。

がん自体が痛みの原因

がんが進行し周りの組織にまで広がると、痛みを感じると訴える人が、がん患者さんのおよそ70%に上ります。がん自体が痛みの原因になる場合では、「なんとなく腹部のあたりが痛い」「腰が重くて痛い気がする」という痛む部位が特定しにくいものもあれば、「足のつけ根が痛い」とはっきりと特定できるものもあります。また、がんが大きくなることで神経を圧迫している場合には、痛みというより「しびれ」として現れることもあります。

また、がんが骨に転移すると、骨膜への刺激が起こり、痛みの原因となります。

治療に伴う痛み

がんの治療によって痛みを感じる場合があります。例えば、手術でがんを切除した後などは傷の痛みを多くの人が訴えます。また、放射線治療や化学療法の副作用で口内炎を発症した場合にも、痛みが伴います。そのほか、足のむくみや手足のしびれなど、軽い痛みとして感じる症状が現れることもあります。

療養環境に伴う痛み

がんの療養中に、体力が低下して体を動かすことが少なくなった場合など、筋肉痛を感じることがあります。寝たきりの状態が続くと、床ずれや一定の姿勢を長時間継続することによる痛みを伴うこともあります。

痛みを我慢しない

がんによる痛みは慢性的なものがほとんどです。こうした痛みを我慢していると、痛みの感覚に敏感になり、鎮痛薬が効きにくい状態になることがあります。また、痛みは血圧が上がる、呼吸や脈が速くなるなど体に負担をかける原因にもなります。どのような痛みであっても我慢する必要はありません。

疼痛ケアを受けるための痛みの伝え方

がんの痛みは和らげることが可能です。多くの場合は投薬による疼痛ケアが行われています。今日では、薬も体に負担が少なく、痛みの種類に適したものが開発されています。大切なのはきちんと痛みを伝えることです。

痛みは検査で測ることも、見ることもできません。本人にしかわからないものですが、伝え方が適切でないと効果的な薬や治療法が選べません。では、どのようにして客観的に痛みを伝えればよいのでしょうか? 痛みの伝え方を見ていきましょう。

いつから痛い?

痛みを感じたのはいつですか? 「何日前ごろから」「今朝から」など

いつ痛みを感じますか? 「朝」「歩くとき」「寝ているとき」など

痛みは継続する?それとも痛まないときもある?

痛みが継続する場合でも、「動くと痛みが強くなる」や「寝返りを打つと痛みが強くなる」「呼吸のたびに痛みがある」など、痛みを感じるタイミングも具体的に伝えましょう。

逆に、「じっとしていると痛みが治まる」「お風呂に入ると痛みが和らぐ」など痛みが楽になるタイミングも伝えるとよりわかりやすくなります。

どこが痛い?

どこが痛いかを明確に伝えることは難しいかもしれません。足の裏、おへそのあたり、膝の裏側、背中など自分の体の部位を指して、痛いと感じる部分をなるべく細かく伝えましょう。

どんな痛み?

痛みの種類を伝えることも大切です。例えば、「キリキリと痛む」「しびれている感じ」「ヒリヒリする」「熱いものを触ったときのような痛み」など、どのように感じるかを詳しく伝えましょう。

また、一般的な痛さと比べて、どれくらい痛いのかも伝えるようにしましょう。「痛みを感じるときは呼吸もできない」「うずくまるほど痛い」あるいは「じっとしているとやり過ごせる」「じんわり痛む」など、強度を伝えることも大切です。

どんな影響が出ている?

痛みを発症することで、できなくなったこと、やりにくいことなど、生活面で影響が出ていることがあれば、それらを具体的に伝えましょう。例えば「眠れない」「歩けない」などに限らず「イライラする」「悲しくなる」など精神的な変化も伝えるようにしましょう。

痛み止めについて

処方された薬や痛み止めの治療について、その効果を伝えることも必要です。例えば「痛みが少なくなった」「投薬後、しばらくは効果があるが、やはり痛い」「あまり効かない」など正確に伝えましょう。

副作用について

疼痛ケアをはじめてからの副作用と、感じる症状を伝えることも大切です。吐き気がある、眠気がとれない、食欲がなくなった、便秘や下痢をするようになったなど、些細だと思う変化もきちんと伝えることが必要です。

まとめ

痛みはがん治療の妨げにもなります。痛みを和らげ、自分らしい治療・療養生活を送れるように、まずは痛みの原因を知りましょう。痛いと感じたら我慢しないで担当医に伝えることが大切です。伝え方は「いつから、どこが、どのように」を基本に、できるだけ細かく伝えるようにしましょう。