がん療養中の豆知識:「除菌」について理解しよう!

がんの治療中や療養中に特に気になるのは感染予防。薬局やドラッグストアなどで、「滅菌」「殺菌」「除菌」「抗菌」などと表記した商品を目にする機会も多いでしょう。なにげなく「感染予防に役立ちそう」と思いがちですが、商品の購入は、その言葉の意味や違いをきちんと理解した上で行いたいですね。今回は「除菌」に焦点を絞ってご紹介します。

「除菌」の意味を再確認!

「除菌」は日常生活の中でも目にすることの多い言葉ですが、どのような意味があるのでしょうか?「何か感染予防によさそう」「これがあれば感染しないらしい」「この商品を使えば殺菌できる」と考えていませんか? まずは、「除菌」の定義をチェックし、「除菌」の意味と意義を把握しましょう。

  • 除菌

洗剤・石けん公正取引協議会の定義による除菌とは「物理的、化学的または生物学的作用などにより、対象物から増殖可能な細菌の数(生菌数)を、有効数減少させること」で、この細菌にはカビや酵母などの真菌類は含まれません」とされています。

また、食品衛生法の省令では、「ろ過等により、原水等に由来して当該食品中に存在し、かつ、発育し得る微生物を除去することをいう」とされています。

除菌の対象物やその効果の程度には明確な基準はなく、その手段もさまざまあり、洗剤や石けんなどを用いて洗浄やろ過といった方法があります。そのため、「除菌」効果の表示のある商品を使用によって、菌を実際にどれだけ取り除けるのかについては実際にはわからないという点を理解しておく必要があります。

  • 抗菌、滅菌、殺菌、消毒との違い

抗菌は「菌の繁殖を防止する」こと。滅菌は「病原体・非病原体を問わずすべての微生物を死滅、または除去する」こと。殺菌は「菌を殺す」こと。「消毒」は、「対象に存在する病原性のある菌や微生物を人体に害のない程度に減らす」こと。消毒の程度において高・中・低の基準があります。それぞれ定義や概念が異なっていますので注意しましょう。

身近にある「除菌」とは

食中毒などの感染症を予防するための除菌として、一般家庭や飲食店などでは、アルコール除菌剤・消毒剤がよく用いられています。他には、衣類用洗剤では、衣類の生乾きによる悪臭を予防するため、悪臭の原因となる菌を除菌するための成分が添加されています。台所用洗剤においてもスポンジの除菌を目的に成分が添加されています。また、寝具やインテリア、カーペットなどに対しても除菌効果をうたった商品が出ています。

がんの療養生活に活かせる「除菌」と確認ポイント

除菌効果をもつ商品を使用する際にも注意すべき点があります。除菌グッズを使用することは、除菌の作用をもつ化学物質に触れる可能性があるということです。そのため、人によってはアレルギーなどの症状を生じる可能性があることを十分に理解した上で用いるようにしましょう。

また、商品の適切な使用方法と使用量を守ることも必要です。例えば、ウエットティッシュは人体にもテーブルやトイレの除菌などにも使用可能な万能のグッズのように考えがちですが、それは誤りです。ウエットティッシュには、人体に影響のある化学物質が微量であっても添加されている場合があります。さらに、人の手の平の皮膚はおうとつが多い構造のため、ウエットティッシュではきちんと除菌するのが難しいことを理解しておきましょう。まな板や包丁などの除菌に用いるアルコールには「水分を十分に取り除いた後に使用」と説明がありますが、これはアルコールの濃度が水分で低下してしまうことを防ぐためです。除菌の効果のあるグッズは、適切に使用してこそ効果がきちんと得られることを忘れないようにしましょう。

「除菌」のポイントで忘れてならないのは、除菌グッズだけに頼らないということです。除菌グッズを用いても、菌の増殖のもととなる汚れ自体は取り除くことができません。そのため、除菌グッズを使用する際にも、先にきちんと洗う、掃除するなどして汚れを落とすことが大切です。

除菌グッズではその効果に不安な場合には、「除菌」の表示だけでなく「消毒」「滅菌」の表示があるものを使用するとよいでしょう。例えば、医療施設などでの感染予防対策では、「消毒」「滅菌」が主要に行われています。

まとめ

高温・多湿の季節や感染症の流行時などは、セルフケアによって感染から身を守ることが必要です。日頃から、感染予防対策のために除菌グッズを買い置きしている人も多いでしょう。しかし、除菌グッズは一度開封すると成分が劣化したり、変性したりすることで効果が低下してしまう場合があります。そのため、購入時にはきちんと使用期限や開封後の取り扱い、有効期間などを確認した上で購入するようにしましょう。予備として備えておきたい場合には、短期間で使い切ることのできる試供品や旅行用の商品の購入を考慮するのもよいでしょう。ポイントを押さえて効果的に「除菌」を行って感染から身を守り、快適な療養生活を送りましょう。

参考: