がん療養中の豆知識:「抗菌」と「滅菌」の違いについて理解しよう!

がんの療養中は治療の副作用による免疫機能の低下などの影響から、感染については特に敏感になります。日常生活の中では、「滅菌」「殺菌」「除菌」「抗菌」と表記された感染予防対策の商品についつい目がいきがちです。ところで、「滅菌」や「殺菌」といったこれらの言葉はそれぞれ意味するものが異なります。それらの違いはきちんと理解できていますか? 今回は、勘違いしやすい「抗菌」と「滅菌」を取り上げ、その違いに焦点をしぼってご紹介しましょう。

「抗菌」と「滅菌」の違い

はじめに、「抗菌」と「滅菌」の違いについてきちんと理解しましょう。

  • 抗菌

「抗菌」は、「菌の繁殖を防止する」という意味です。そのため、菌自体を直接なくすことはできません。経済産業省の定義では、抗菌の対象は細菌のみとされており、カビやぬめりなどへの効果は対象外とされています。簡単に言いかえますと、「抗菌」表示のある製品は細菌が繁殖することを防ぐ何らかの処理がなされているという意味になります。

  • 滅菌

「滅菌」は、「病原体・非病原体を問わずすべての微生物を死滅、または除去すること」と定義されています。その方法としては、高圧蒸気滅菌、乾熱滅菌などがあります。要するに「滅菌」の処理がなされたものは、菌が存在しない状態であることを示します。

療養生活の中での「抗菌」と「滅菌」

療養生活の中で身近な「抗菌」と「滅菌」の処理がなされているものを見てみましょう。

抗菌加工が施されているものは、製品の内部に汚れ(菌など)が入りにくく、付着しにくいものです。身近な商品には、まな板、三角コーナーなどの台所用品、歯ブラシなどの衛生用品、インテリアなどさまざまあります。

滅菌処理が施されているものとしては、感染予防を目的とする注射針、点滴の管、ガーゼ、手術用具などの医療機器があります。イメージとしては、治療や処置などで体の内部に挿入されるものや、傷口など解放された皮膚に触れるものは全て滅菌処理がされたものが使用されていると考えるとよいでしょう。

「抗菌」と「滅菌」についての注意点

「抗菌」について気をつけなければならない点は、「抗菌加工がされているので手入れは不要」「置くだけで抗菌の効果がある」「身につけると殺菌できる」という意味ではないということです。あくまでも抗菌加工がなされた製品の表面に菌が繁殖することを抑えるのみであり、空気中の菌には何の影響も与えません。

また、抗菌加工がなされた商品を使用する場合であっても、その商品の清潔を保つことは大切です。生活の中での身近な菌は、乾燥、熱、紫外線に弱いものがほとんどですので、きちんと汚れを洗い流し、よく乾燥させましょう。もし、それだけでは心配な場合には熱湯消毒、日光消毒などを活用するのもひとつの方法です。

もうひとつ「抗菌」加工のある製品を使用する際に注意したい点は、安全性についてです。衛生用品、食器、衣類などいろいろな商品に抗菌加工の表示がなされていますが、統一した明確な基準がないのが現実です。そのため、使用時に抗菌加工の成分が溶け出したり、手指をはじめとする体に付着したり、さらには体内に入り込んでしまう可能性も否定できません。公的機関で安全性を確認する試験が行われている場合もありますが、それはごく一部の製品に限られています。また、抗菌加工が一般的になってきたこととアレルギー症状が増加してきたことの間には何らかの関係があるのではないかとも言われています。そのため、アレルギーなどの健康被害の危険性も理解したうえで使用する必要があります。そして、万が一使用中に何らかの身体的症状が現れた時には、すぐに使用を中止してかかりつけ医を受診するようにしましょう。

安全性を確認するためには、抗菌製品技術協議会(SIAA)が認定した「抗菌・防カビのシンボルマーク」の表示の有無を参考にするとよいでしょう。このシンボルマークは、国際基準に準じて行われる試験によって抗菌性が判定され、SIAAの定めた基準を満たした安全なもの、そして抗菌剤の種類と加工部位について適切に表示されているという3つの条件を満たした製品のみが表示を許可されています。

「滅菌処理」の施されたものについての注意点も確認しておきましょう。まず1点目は、滅菌処理されたものは使用直前まで密封と乾燥した状態を保つ必要があるということです。包装された袋が湿気を帯びると、袋の表面だけでなく内部にも菌が繁殖し、せっかくの滅菌処理の効果が失われる原因となります。2点目は、滅菌処理されたものを塗布、貼付する際に、基本的には無菌操作(滅菌処理されたものの清潔を保持したまま取り扱う方法)が必要なことです。もし、そのような操作が必要な場合には、必ず医師や看護師などからその手順や説明がありますので、感染予防のためにもその指示を必ず守りましょう。そして、表示された使用期限を守ることも大切なポイントです。

まとめ

がんの治療中や療養中は特に感染予防について敏感になりますが、すぐに抗菌グッズなどを購入するのではなく、一度その必要性や機能、安全性についてよく考えてみましょう。実際は、不必要な場合や、効果が十分に得られないものも多くあります。感染予防の基本は、生活の在り方です。本当に感染予防に必要なものかを見極め、これらのグッズを上手に活用しながら快適な療養生活を送りましょう。

参考: