がんの再発や転移について知る

がんの治療に成功して、安定した状態が5年以上続くと、再発の恐れは少ないと考えられます。がんの再発は多くの場合、5年以内と言われています。初発のがん治療で完全に取り除いたと思われる状況であっても、目に見えないほどのがん細胞が、わずかに残っていて増殖することがあり、これが再発と呼ばれる状態です。今回は再発が懸念されるがんの種類を確認しながら、再発のリスクを下げるために行われる治療について見ていきます。

がんはなぜ転移と再発をするの?

移動しやすい性質

がん細胞は正常な細胞とは異なり、細胞と細胞の結びつきが弱く、個々のがん細胞が剥がれやすくなっています。そのため、がん細胞は転移しやすいと考えられています。

剥がれたがん細胞が血管やリンパ管に入り込むと、がん細胞は血液やリンパ液の流れに運ばれて他の臓器へ移動します。そして、そこで増え始めます。例えば、リンパ液の流れが集中するリンパ節への転移や、血液が大量に流れ込む肺や肝臓、脳などへの転移は多く見られます。

残っていたがん細胞が再発する

最初にがんが見つかり、まだそのがんは小さくて、初期段階だと診断されるような場合には、手術治療で完全に取り除くことが可能とされています。しかし、こうした初期段階のがんであっても、がん細胞がすでに別の臓器へと転移をしていることは考えられます。

がん細胞が再び増殖し始める「再発」にはどのような種類があるのでしょうか。

  • 局所再発:再発したがんが、最初に見つかったがんと同じ場所、あるいはその近くで見つかったものを局所再発といいます。
  • 領域再発:最初のがんが発生した場所の近くにあるリンパ節などで再びがんが増殖を始めたものを領域再発といいます。
  • 遠隔再発:最初にがんが発生した部位から離れている部位に転移したものを遠隔再発または、全身再発といいます。

原発巣の性質を引き継ぐ転移がん

最初にがんができた部位は原発巣と呼ばれます。最初に見つかったのが大腸がんなら、原発巣は大腸です。そのがんが肝臓に転移したとしましょう。この場合、肝臓にできたがんは肝臓がんとは呼ばれません。大腸がんの肝臓転移と見なされるのです。そして、このがん細胞は大腸がんのがん細胞と同じ性質を引き継いでいます。転移した部位のがんは、初発のがんの性質を持っているのです。

つまり、肝臓にできたこのがん細胞には、大腸がんに効果のある治療法が有効であり、逆に肝臓がんに効果のある治療法では効果が期待できないということになります。

転移や再発への対応

がん細胞がリンパ管を流れてリンパ節や他の部位へ転移する性質を考え、初期治療の手術の際に、一定の範囲でリンパ節を摘出するリンパ節郭清が行われることがあります。この処置によって、リンパ節転移や他の部位への転移を予防し、再発のリスクを下げられます。

また、今までの症例や研究によって、がんの種類や性質、および初発がんの治療方法などから、そのがんが再発しやすいか、転移しやすいか、また、転移するならどの部位に転移が起こりやすいかなどを予測して対策をとれるようになりました。

例えば、肝細胞がんは肝炎ウイルスに感染することで起こる慢性肝炎や肝硬変を経由して発症することが多く、肝細胞がんを治療しても肝臓の別のところに再発する可能性がかなり高いと言われています。再発の可能性が高いとわかっているがんに対しては、初発の治療が終わった後も、継続して肝臓の状態を検査し、再発の有無を定期的に見守るような治療計画が立てられます。

また、肺の小細胞がんは、脳へ転移しやすいとされています。そのため、初期治療が効果的に行うことができた場合に、予防策として脳への放射線治療が行われることもあります。

このように、あらかじめ転移や再発の予測がつく場合は、予防的な治療が取られることもあります。

治療方針決定のポイント

転移や再発したがん細胞は、前述したように原発巣のがん細胞の性質を持っています。つまり肺にできたがんであっても、原発巣が大腸なら大腸がんの性質を持ち、大腸がんに効果のある薬が同様に効果的とされています。

しかし、再発したがんの場合、原発巣で治療薬として使われていた薬への耐性を身につけている可能性もあります。また、再発したがんは成長が早いこともあり、初発時よりも治療しにくいといわれています。

がんが転移や再発した場合の治療は、そのがんが転移なのか原発なのか、原発巣はどこなのか、どのような治療が行われてきたのかなどから、治療方針を決めることになります。

転移や再発がんの治療においては、より継続的で適切な治療を選択することになります。担当医と治療方針を決める際には、自分がどのような治療を望み、どのような生活を維持していきたいのかをはっきりと伝えることが、ますます重要となります。

参考: