知っておきたい!!がん保険の給付

今や、日本人の死亡原因の第1位となっている、がん。今や国民の4人に1人が、がんにかかると言われているほど、患者数も増えています。もし、がんにかかったら治療費はどのくらいなのだろうか・・・?など不安もありますよね。そこで、今回は「がん保険」についてご紹介します。

がん治療のトレンドを知ろう

「がんは不治の病」というのは、もはや昔の話です。今では、早期に発見をすれば完治することができる病気です。また、入院期間も短くなり、通院しながら完治を目指していく方向になっています。重く長い闘病生活という昔のイメージと比較すれば、少しは治療に対する負担も減っているようにも感じますが、やはり病気です。通院を繰り返すこともありますし、手術を複数回にわたって行うこともあります。体力はもちろんですが、金銭的にも厳しい状況にさらされることも考えられます。

また、もう一つの治療方法が「先進医療」です。先進医療とは、その名の通りがん治療の最前線治療ですが、「先進医療にかかる技術料」は、公的医療制度の対象とならないため、全額負担となり、高額となる可能性が高いものです。

がん治療のサポーターになる保険を探す

さて、がんの治療にはお金がかかるということが分かりましたが、日本にはどのような保険があるのでしょうか?まず、ご紹介するのが、一般の医療保険です。こちらは、医療保険の保障対象は病気、けがの治療のための入院、手術、外来通院費用です。もちろんがんの治療もカバーしています。

そして、もう一つの保険が、がん保険です。保障の対象は、がんに特化した保険です。一般の医療保険でも、がん治療を保障してくれるなら、がん保険は必要ないのでは?と思う方もいると思います。しかし、答えはノーです。多くの医療保険は入院治療に対する保険なので、入院費のみに保険が支払われ、保険金給付条件である入院日数だけでは保障がされない、外来治療が続くがん治療にはやや不十分なところがあります。

がん保険は、がんであると診断された場合に、「診断給付金」を受け取れるのが一般的です。がんは、治療のほかに定期的に再発の有無をチェックする必要があるため、診断給付金が、とても役に立つのです。

備えあれば憂いなし

誰でも、自分が病気になることを想像するのは、嫌なものです。しかし、20歳~65歳という働く世代のうち、約22万人ががんにかかり、約7万人が死亡していると言われています。
まずは、がんの治療方法や保険の種類を知り、ご自分の状況に合わせた保険に入ることをお勧めします。